最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ 脳を活性化

空間認識を担う頭頂葉を鍛えればうっかりミスが減る

投稿日:

頭頂葉は物の位置や方角の把握を担う

「ショッピングモールや駐車場で迷う」「パジャマのボタンを掛け間違える」「自動販売機にお金を入れるのに手間取る」「観光地に行っても目的地になかなかたどり着けない」「すれ違いざまに人とぶつかる」「車の車庫入れにかなり時間がかかる」。

みなさんの中にも、これらの悩みに直面している人が大変多いのではないでしょうか。

人間誰しも年を取れば、日常生活の中でこうしたちょっとしたミスが増えてくるものです。しかし、実は、それは単なる不注意ではなく、脳の頭頂葉が衰えている重大なサインかもしれません。

私たちの大脳は、前頭葉・頭頂菓・側頭葉・後頭葉の四つの部位に大別でき、このうち、頭頂葉は、物の位置や方角などの把握にかかわる部位です。

そのため、空間認識を担う頭頂葉の働きが低下すると、物と物の位置関係をつかみにくくなったり、方向感覚が鈍ったりして、先に述べたような現象が現れやすくなると考えられます。

道具をうまく使えず漢字も書けなくなる

そもそも、認知症の代表であるアルツハイマー病を発症したときに最初に衰えるのは、側頭葉にある「海馬」という部位で、次に頭頂菓が障害されます。その結果、認知症の患者さんは、物忘れの増加に加えて、空間認識力が著しく低下して、以下のような症状が現れます。

①服をうまく着られない

ファスナーやボタンの掛け方がわからなくなり、寒くても服の前が開きっぱなしだったり、入浴をいやがったりします。これは、服を着る作業自体がおっくうになって起こる現象です。トイレで用足しはできても、服を着る動作に脳の処理が追いつかないので、トイレを出るのに時間がかかる場合もあります。

②道具をうまく使えない

ペットボトルのフタをあけられなくなり、包丁やハサミでフタでない部分に穴をあけようとします。また、ナイフとフォークの使い方がわからず食事ができなくなったり、靴を左右逆にはいたまま、歩いたりするようになります。

③徘徊に加え漢字が書けなくなる

奥行について想像しにくくなります。自分の部屋からトイレや居間に行くまでのルートがわからなくなり、家の中をグルグル回る行動を取ります。漢字を書くのにも奥行の感覚が必要なので、まとまりのない漢字を書いたりすることがあります。

本を回転させて何度も挑戦

このように、頭頂葉の衰えをほうっておけば、方向感覚が鈍るばかりか、日常生活に大きな支障をきたしかねません。そこで、空間認識を担う頭頂葉を鍛えるのに打ってつけなのが、「ナビ迷路」です。

ナビ迷路とは、マスの中の★から★までをすべての白マスを通るようにして、一筆書きで指でたどる脳トレです。
初級は5マス×5マス、中級は6マス×6マス、上級は7マス×7マスで、それぞれルートが1~4通りあります。

解答のルートが複数ある場合は、すべてのルートを見つけてください。各問題で10分以上続けてもわからなけれ
ばしばらく休憩して、再度チャレンジしましょう。

ナビ迷路を行うと、「どこをたどれば★に行き着けるのか」と思考をめぐらせます。このとき、ルートを予想しながら試行錯誤して考えることで、空問認識を担う頭頂葉が大いに活気づくのです。

ナビ迷路は、一度に大量に解くよりも、毎日少しずつ進めるほうが脳の活性化には役立ちます。そのため、一日につき、5問ほどを目安に行うといいでしょう。また、すべての問題を解き終えたら、本を90度または180度回転させたり、ゴールの★から逆順にたどったりして、何度も挑戦してみてください。

ナビ迷路で日常的に頭頂葉を鍛えれば、方向音痴や迷い道が改善したり、うっかりミスが減ったりするのが実感できるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

物忘れやうっかりミスが改善する「全脳パワードリル」

独自の認知症対策を考案し、大きな注目を集めている熊本県 超高齢社会(高齢化率が21%を超えた社会)を迎えた日本では、認知症の患者数が増加の一途をたどっています。厚生労働省の発表によれば、認知症の患者数 …

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

脳を活性化させる図形を用いたパズル「影絵パズル」

脳のそれぞれの領域を幅広く活性化させるのに有効 判断力や集中力を司る前頭前野、目で見た情報を処理する視覚野がある後頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、そして、記憶 …