最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 認知症対策

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

投稿日:

絵の素人でも手軽に始められる

「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。

かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が、この画法の出発点です。

「エコール・ド・クレヨン」の磯崎正幸さんがこの画法を知ったのは、会社を定年退職した直後です。

それまでは、ごく普通のサラリーマンで、絵画の勉強はもちろん、絵心もなかった磯崎さんが、「新聞紙にクレヨンで絵を描く」アイデアに出合ったおかげで、絵を描くことが趣味となりました。それから15年以上も続けていることになります。

現在は、喜多先生主宰の絵画の会「エコール・ド・クレヨン」(クレヨン派という意味のフランス語)の世話人をしながら、会の皆さんと定期的に集まって、クレヨン画を描く活動を続けています。

絵を始めてからは、物事をよく観察するようになりました。50代のころより、70代の今のほうが、「知りたい」「見たい」という知識欲が旺盛だと磯崎さんは自負しています。そういうこともすべて含めて、クレヨン画は、磯崎さんの心身の健康維持、脳の活性化にも貢献してくれていると言えるでしょう。

それにしても、なぜ大の大人がクレヨンを使って絵を描くのか、しかも、わざわざ活字が印刷されている新聞にと、疑問を持った人も多いでしょう。

クレヨンを使う3つのメリット

まず、クレヨンですが、クレヨンを使うメリットは、主に3つあります。

1つ目が、その手軽さです。

クレヨンは、水彩や油絵と違って、筆や水を使いません。安価で、どこにでも売っているものです。

2つ目が、クレヨンの持つ豊かな表現力です。

クレヨンは、顔料にロウの油の成分を混ぜて作られているため、油分が多く、重ね塗りがしやすいのです。重ね塗りができるということは、色の濃淡や明暗といった、表現の幅が驚くほど広がります。

また、クレヨンは発色がよく、透明感や光沢を出すこともできます。棒状のクレヨンは、「線描き」にも「面描き」にも適していて、絵のテクニックがない人でも表現しやすいわけです。

3つ目が、クレヨンの活用性と「持ち」のよさです。

クレヨンは、新聞紙はもちろん、どんな紙にも描くことができます。年月による色あせも少ないので、比較的長く保存できるというメリットもあります。

新聞紙に描く3つの理由

次に、わざわざ新聞紙を使う理由についてです。

先ほど、クレヨンは油分が多いという話を出しましたが、新聞紙に印刷されているインクも、実は油分が多く含まれています。ですので、お互いが非常に相性よく、クレヨンが新聞紙面の上でよく滑り、色の定着もしやすいのでしょう。

もう一つ、新聞の活字や写真が「下絵」の役目をしてくれる長所もあります。

新聞紙上の文字が、クレヨン画のよい「隠し味」になって、まるで絵の具を何色も混ぜて出すような絶妙な色合いを出すことができるのです。磯崎さんの経験でも、画用紙よりも新聞紙に描くほうが絵に深みや味が出ます。

そして、新聞紙の持つ「気らくさ」も大きな魅力でしょう。

新聞紙なら、サイズが自由に選べます。当然ながら、紙にかかるコストは「ほぼゼロ」なので、それだけ失敗を恐れずに気らくに描けるのです。

美術の世界では、よく白紙を前に、何を、どこから描いたらよいか、途方に暮れてしまう「白紙恐怖症」が知られていますが、新聞紙には、それがありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 認知症対策

執筆者:

関連記事

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その2

8:疑い深くなる 性格が変わったように疑い深くなるのも、アルツハイマー病の特徴。お金を盗られるのではないかと、お財布や預金通帳を隠したり、何度も銀行へ行って預金残高を確認したりする人もいます。傷つけな …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …