最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて

物忘れが多くなったのは年のせいか軽度認知障害なのかチェックしてみよう

投稿日:

MCIの人たちの共通の傾向

加齢とともに、だんだん物忘れが多くなったり、判断力が鈍ってきたりします。多少の物忘れがあっても、「年だからしょうがない」と思っている人も多いでしょう。

しかし、それが老化によるものなのか、MCI (軽度認知障害)の兆候なのかは、なかなかわかりません。

そこで、自分で見分ける方法をご紹介します。MCIの人たちには、次のような共通の傾向があるのです。

①外出しなくなる

②レジで小銭が使えなくなる

③いつも見ていた連続テレビドラマを見なくなる

④長年続けていた趣味や習い事を突然止めてしまう

⑤頻尿の傾向がある

生きがいや興味の喪失はMCIの危険信号

このうち、①③④では、ともに興味の喪失が起きています。

例えば、それまで面白いと思って見ていた連続テレビドラマを急に見なくなるのは、前回までのストーリーが頭に入っていないので、ドラマの展開がわからなくなってしまうからです。ここには、記憶と興味の喪失が見て取れます。

また、趣味を突然止めてしまうのは、生きがいと興味を喪失してしまうからです。

②は、買い物の金額に関わらず、いつも1万円札を出してしまうようなケースです。MCIになると、計算したり小銭を探したりする意思が、そもそもなくなってしまうのです。

小銭を使うのは、非常によい脳の訓練になります。1,000円、100円、10円、1円を計算し、何を用意するか考え、それを探すという、包括的な脳の機能が試されるからです。

⑤の頻尿は、膀胱に尿がたまっていないのに、脳がいっぱいだと勘違いして「トイレに行け」という誤った指令を出している可能性があります。自律神経の最高中枢である脳幹が弱くなると、こういうことが起こります。

MCIが心配な人は、病院で検査を受ける前に、こうした徽候がないかどうか、まずチェックしてみるといいでしょう。

使っていない脳の回路を使う

アメリカの国立衛生研究所(NIH)が提唱した認知症を予防する生活習慣の一つに、「社会的交流による知的刺激」というのがあります。

社会的な交流というのは、意外にたいへんです。なぜなら、人に会うには身だしなみを整えたり、緊張したり、相手の表情を読みながら言葉を選んだりしなければならないからです。

つまり、いろいろな課題をいくつもこなさなければならないのです。それが、認知症の予防にきわめて有効なのです。

また、MCIのトレーニングで注目を集めているのが、デュアルタスク(二重課題)という手法です。二つの課題を同時に課す訓練で、社会的交流と共通する意図があります。

例えば、頭の中で計算をしながらウオーキングをしたり、前の二つの言葉を反復しながらしりとりをする、というようなトレーニングがあります。

これは、普段、使っていない脳の回路を使うことによって、新しい細胞や残っている細胞を刺激して、死んだ細胞の代償をさせるのです。

脳が混乱するプロセスが大事

このトレーニングの目的は、課題をうまくこなすことではなく、脳を混乱させることです。したがって、できるようになるまでのプロセスが大事で、課題がうまくできずに、脳が「あれ? あれ?」と混乱することによって、使っていない回路を活性化するのです。

デュアルタスクは、一人より何人かで行ったほうが楽しくて効果があります。ぜひ試して、大いに恥をかいてください。

認知症の予防に、趣味や生きがいを持ちましょうと、よくいわれます。しかし、ぼけないために趣味や生きがいを持つのでは、本末転倒です。

人生の目標はぼけないことではなく、趣味や生きがいを楽しみつつ、長生きしたときにぼけていなかった、というのが本来の姿です。ですから、まず、現在の生活を充実させることが大事なことです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて

執筆者:

関連記事

物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切

ストレスで脳の神経伝達物質が乱れる 過剰なストレスがかかると、脳疲れが起こり、物忘れや不眠、イライラなど、さまざまな症状が起こります。これについて、くわしく述べていきましょう。 私たちの脳内には、神経 …

中高年に起こる物忘れはほとんどは「脳疲れ」が原因

五感をフル活用して物忘れを回避する 中高年に起こる物忘れは、物忘れをしたという自覚さえあれば、ほとんどは「脳疲れ」が原因で、認知症(ボケ)の前ぶれとは違うので心配はいりません。 脳疲れを招く最大の原因 …

脳は何歳になっても使えば使うほど成長する。そして脳をよく使えば物忘れを減らせることができる

脳は加齢とともに衰える? 高齢社会の日本では今、パズルや計算ドリルを解いたり、文章を音読したりして脳を鍛える「脳トレ」が大ブームです。東北大学加齢医学研究所教授の川島隆太先生は、脳科学の専門家として、 …

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その1

ここでは、問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆を挙げました。これらに思い当たったら、食生活を含む日常生活をしっかり行う、運動する、病院へ行って検査を受ける…といった …

置き忘れや物忘れは「海馬」の衰え!「海馬活性ドリル」で脳を活性化

物忘れのひどい人は記銘力障害の疑い大 置き忘れや物忘れは、誰にとっても悩みの種です。「あれはどこに置いたか」とか、買い物中に「何を買うつもりだったのか」などと物事が思い出せなくなる経験をしている人も多 …