最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

「オキアミ油」の摂取で脳の情報処理速度がアップし記憶力や思考力が高まる

投稿日:2月 22, 2017 更新日:

DHAやEPAが豊富なオキアミ油

これまで、「脳の神経細胞は年とともに減るいっぽうである」という考えが常識とされてきました。しかし、最近の研究では、脳の神経細胞を新たに増やすのは不可能ではないことがわかってきたのです。

そんな中、脳の神経細胞の新生を促し、脳そのものを若返らせる効果が期待できるとして、杏林大学医学部教授の古賀良彦先生が注目しているのが、「オキアミ油」という食品です。

オキアミとは、甲殻類に属する海のプランクトン(水中を漂う小さな生物)で、形はエビによく似ています。その生息数は莫大でクジラや魚類の主要なエサとなっています。また、私たちにとって身近な存在で、干物や塩辛、魚醤(魚で作ったしょうゆ)などの加工食品の材料にも使われています。

オキアミ油はオキアミから得られる油で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸(油脂の構成成分)、ホスファチジルコリンという脂質、アスタキサンテンという赤い色素などが豊富に含まれています。

DHAもEPAも、血管をしなやかにするとともに血流を促して血栓(血の塊)ができるのを防ぐ効果を備えています。DHAやEPAを補えば、脳の血管が若々しく保たれるとともに、脳の血流も促され、記憶力や思考力が高まると考えられます。

ホスファチジルコリンには、脂肪の代謝(体内で行われる化学反応)を促し、血液をサラサラにする働きがあります。また、脳の神経細胞の情報伝達物質としても働くので、頭の回転を速くする効果も期待できます。

アスタキサンチンは、脳の神経細胞に害を及ぼす活性酸素(攻撃力の強い酸素)を強力に除去する働きを備えています。

脳の酸素量が増え計算力もアップ

古賀先生たちの研究グループは、オキアミ油の摂取で脳の情報処理速度がアップすることを試験で確認しています。

試験では、60~72歳の健康な男性30人を2グループに分け、一方だけにオキアミ油を毎日2gずつ、12週間とってもらい、その間、両グループに対して、脳へ酸素を運ぶ血液中のヘモグロビン濃度の測定や、計算力を調べるテストを行いました。

その結果、オキアミ油をとったグループはとっていないグループに比べて脳に酸素がよく行き渡り、計算速度も顕著に向上していることがわかりました。

これとは別のラットを用いた実験では、オキアミ油の摂取で脳の神経細胞の新生が促されたことがわかりました。こうした効果は、人間でも期待できるでしょう。

オキアミ油は独特のにおいがあるので、そのままとるより、粒状に加エされた栄養補助食品で補うのがおすすめです。

→オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

メモなしでスーパーの買い物ができるようになった北海道 60歳 主婦の方の体験談です。 狭心症の改善にオキアミ油をとりはじめた 睡眠中にときどき胸が苦しくなって目が覚めるようになったのは、今から10年ほ …

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

世界も注目している納豆の脳活性化作用

血栓溶解作用は8~12時間も持続する 30数年前、米国のシカゴ大学で研究に取り組んでいた、倉敷芸術科学大学教授の須見洋行先生は、ふとした思いつきから納豆のネバネバを調べるようになり、実験を積み重ねるう …

「納豆とアマニ油」は最強の物忘れ予防食

納豆は日本が誇る物忘れ予防食 物忘れの予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さん …