最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

投稿日:

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す

日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚えることが難しくなります。

名前が思い出せないときには、頭のなかで「あいうえお…」と五十音を唱えてみてください。「あ、い、う、え、そうだ、遠藤さんだ」というように、意外に思い出せるものです。

また、メモをとらないことは、記憶力をつける訓練になります。盛んにメモをとって、まったく覚えようとしない人がいます。これでは記憶力は上がりません。メモは忘れないための補足であって、まずは覚えようとすることが大事です。

そして、覚えるにせよ思い出すにせよ、繰り返すことが一番大事な点です。

シナプスの数を増やそう

新しいことを何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出すことでシナプスが増えます。

シナプスとは、脳の神経細胞間の情報を伝達する接続部分です。普段よく考えていることが、すぐに思い出せるのはシナプスが多くできているからで、記憶にはあるけれど、あまり関心がないことが思い出しにくいのは、シナプスの数が少ないということです。

覚えにくいことは繰り返して覚え、覚えたものも繰り返し思い出す。こうすれば、何歳になっても新しいことを覚え、また思い出すこともできるのです。高齢でも頭脳明晰な人の脳は、シナプスの数が多いというデータもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

老化のスピードを遅くして物忘れを減らし記憶力を強化する

老化のスピードを遅くする秘訣 年齢は同じでも、若く見える人と老けて見える人がいます。人の体は、誰でも年とともに老化しますが、そのスピードには個人差があるのです。 また、人の体には、老化の個人差が大きい …

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

指先を動かすことで脳が刺激される 単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。 ところが、スポーツクラブやヨガ …

海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

脳にあまり刺激がいかない 「大人のそろばん」の特長は、発達段階にある子どもに敦えるのとは違い、すでに発達した大人の脳を活性化させるために工夫を凝らしている点です。 例えば、まだ数字の概念が確立されてい …

物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

クルミの産地の長野県は長寿県 中高年になると、誰でも物忘れや記憶力の低下が気になるものです。 こうした脳の働きの衰えを予防する食品として、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、ナッツをお勧めしていま …

オレイン酸も豊富なアーモンド1日25粒で脳が活性化!

LDLコレステロールを減らし、脳の血管を強化する 今のところアーモンドの摂取とアルツハイマー病の関連を示す報告はありません。ただ、その効果を期待して、現在米国で11万人を対象とした大規模調査が進んでい …