最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

投稿日:

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す

日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚えることが難しくなります。

名前が思い出せないときには、頭のなかで「あいうえお…」と五十音を唱えてみてください。「あ、い、う、え、そうだ、遠藤さんだ」というように、意外に思い出せるものです。

また、メモをとらないことは、記憶力をつける訓練になります。盛んにメモをとって、まったく覚えようとしない人がいます。これでは記憶力は上がりません。メモは忘れないための補足であって、まずは覚えようとすることが大事です。

そして、覚えるにせよ思い出すにせよ、繰り返すことが一番大事な点です。

シナプスの数を増やそう

新しいことを何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出すことでシナプスが増えます。

シナプスとは、脳の神経細胞間の情報を伝達する接続部分です。普段よく考えていることが、すぐに思い出せるのはシナプスが多くできているからで、記憶にはあるけれど、あまり関心がないことが思い出しにくいのは、シナプスの数が少ないということです。

覚えにくいことは繰り返して覚え、覚えたものも繰り返し思い出す。こうすれば、何歳になっても新しいことを覚え、また思い出すこともできるのです。高齢でも頭脳明晰な人の脳は、シナプスの数が多いというデータもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

「ヤマブシタケ」のアルツハイマー病に対する有効性が実験で明らかに

神経細胞を活性化させる物質が増加 アルツハイマー病の研究が進む中、その発病と進行を抑える働きが期待できる食品として「ヤマブシタケ」が注目を集めています。 ヤマブシタケは、クヌギ・クルミ・シイなどの樹幹 …

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回 はカレーを食べていることになります。 カレーには少なくとも …

物事がテキパキできないのは前頭葉の衰え?「7連ジャンケン」で脳を活性化!

意欲・思考や動作をつかさどる前頭葉 レジでの会計時に小銭をうまく選んで素早く支払うことができなかったり、意欲がわかずに何事にも「めんどうくさい」がログセになっていたりする人は脳の前頭葉という部位の衰え …

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

指先を動かすことで脳が刺激される 単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。 ところが、スポーツクラブやヨガ …

記憶力を高める物質が確認された「脳を活性化するハーブ」

認知症は身近な病気になった 2015年1月、厚生労働省は認知症の人が10年後の2025年には700万人に達するとの推計値を発表しました。これは、65歳以上の5人に1人が認知症になる、ということを示しま …