最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

脳の働きをよくするためにアウトプットの多い趣味をもとう

投稿日:

段取りを考えて家事をこなす

仕事だけでなくプライベートでも、脳の働きをよくする生活の方法があります。

たとえば食事を作るときも、ただ漫然とやるのではなく、時間と段取りを考えて、効率よくやりましょう。これは料理だけでなく、掃除、洗濯など家事全般にいえることです。

プライベートで、脳のインプット、アウトプットを積極的に行うためには、趣味が有効です。どんな趣味でもけっこうですが、脳によいのは、より多くアウトプットができるものです。

最近、若い人の一部でブームとなっている俳句や短歌は、理想的な趣味といえます。自分が見たり開いたり、感じたりしたことを、五七五、あるいは五七五七七という限定された字数にまとめるのは、頭を使う作業です。

短歌は難しいというなら、マメに手紙を書く、または日記をつけることをおすすめします。

手紙、日記を書く習慣をつけよう

手紙は電話やメールよりも、季節の挨拶をはじめ、言葉使いを考えます。この、考える作業が脳を活性化させます。手書きのハガキや手紙は相手にも喜ばれますから、よいことづくめです。

日記は他人に見せない分、気軽にアウトプットできます。日記を毎日書くことで、インプットとアウトプットの習慣が自然とつきます。映画が好きなら映画日記、読書が好きなら読書日記、と感想文を書くのも脳にはとてもよいことです。

自分の好きなことにちょっと工夫をすれば、楽しみながら脳の老化を防げるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回 はカレーを食べていることになります。 カレーには少なくとも …

海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

脳にあまり刺激がいかない 「大人のそろばん」の特長は、発達段階にある子どもに敦えるのとは違い、すでに発達した大人の脳を活性化させるために工夫を凝らしている点です。 例えば、まだ数字の概念が確立されてい …

物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

クルミの産地の長野県は長寿県 中高年になると、誰でも物忘れや記憶力の低下が気になるものです。 こうした脳の働きの衰えを予防する食品として、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、ナッツをお勧めしていま …

早口言葉が脳を効率よく刺激するトレーニングになる

口の各部位をよく動かしながら発声する 脳の活性化に効果的なパワー音読ドリルの中で紹介するのが、発音しにくい語呂を素早く話す早口言葉です。 早口言葉は、平安時代から「早歌」「口ずさみ」「舌もじり」などと …

楽器演奏、編み物、陶芸など、手先を使うと脳が刺激される

前頭葉、頭頂葉を刺激する 最近、頭の回転が鈍ってきたな、という人には、指先をたくさん使うことをおすすめします。 手や指先を動かすと、脳の運動中枢の広い領域が働きます。人の手や指は、触覚や痛覚など、たく …