最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

さまざまな人に接することが脳の老化を遅らせる

投稿日:

政治家がボケにくい理由

クリエイターではありませんが、政治家もボケることが少ない職業です。政治家は、多様な問題に柔軟に頭を働かせていかなければいけないからだと考えられます。

政治家は多くの情報を収集し、いろいろな立場の人々の意見を開き、これをふまえながら、自分の意見をまとめなければなりません。

「その間題については知りません」とは言えません。無責任に応えると、次の選挙に影響しますから、あの手この手と考えをめぐらし、応対しなくてはなりません。さまざまな角度から物事を思考し、自分の意見を言うのは、脳にとっては、好ましい使い方なのです。

そして、政治家は選挙が近づけば、あちらこちらへと忙しく出向き、体を使って活動しなければなりません。体を使うことで脳の循環血液量を増加させ、脳の代謝がよくなります。政治家がボケないのには、こうした理由が考えられます。

脳カアップが仕事カアップにつながる

政治家のような特殊な職業でなくても、客に対して丁寧な気配りを要求される職業、たとえば、料亭の女将さんにも高齢でも元気な方が多いようです。さまざまなお客さんと接して、気配りをしながら、もてなすという生活が、脳の老化を遅らせているのです。

営業マンなども同様で、インプットとアウトプット、気配りが欠かせません。

脳カアップはそのまま、仕事カアップにつながるといっていいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す 日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚え …

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある 脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。 確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねま …

空間認識を担う頭頂葉を鍛えればうっかりミスが減る

頭頂葉は物の位置や方角の把握を担う 「ショッピングモールや駐車場で迷う」「パジャマのボタンを掛け間違える」「自動販売機にお金を入れるのに手間取る」「観光地に行っても目的地になかなかたどり着けない」「す …

低分子レシチンで会話もおぼつかなくなった高齢ウツが旅行できるまでに回復

家でゴロゴロ・ダラダラしていた 東京都に住む榎本良行さん(仮名・71歳)は、70歳になるまで鉄工所で働いてきました。仕事で定年はなかったものの、疲れがひどくなり、昨年の6月未に退職したのです。 榎本さ …

脳を刺激する「未来日記」をつけることで物忘れが減った!

脳を使っていないと記憶することができなくなる 過剰なストレスに襲われがちな現代生活において、脳は非常に疲れやすく、物忘れしやすい状態に陥ります。だからといって、脳を使っていないと、いざ何かを記憶しなけ …