最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

指揮者に学ぶ脳の活性化方法

投稿日:

なぜ、指揮者は生涯現役なのか

いわゆるクリエイターといわれる人々は、認知症になりにくいといわれます。

作家や画家、彫刻家、作曲家、演奏家など、職業柄、脳のアウトプットをよく行っている人は、高齢になっても若々しい人が多いようです。

その代表といえるのが、オーケストラの指揮者です。指揮者は長命が多く、ほとんどの人が、亡くなる直前までタクトを振っています。

名な指揮者では、レナード・バーンスタインは72歳、ヘルベルト・フォン・カラヤンは81歳まで生きましたが、二人とも生涯現役でした。

バーンスタインは死去する直前に日本公演を行い、カラヤンは亡くなった日の二週間後にオペラを指揮する予定がありました。

長命であることに、遺伝的体質がかかわっていることをふまえても、オーケストラを指揮するという行動そのものが、脳の老化を防ぐのに好ましいものであることに間違いはないでしょう。

なぜ、指揮者は生涯現役でいられるのか、その行動を具体的に考えていきましょう。

脳の働きを高める理想的な活動

まず、指揮者はクラシックやオペラなど、長く複雑な曲をたくさん暗譜しています。これはインプットの作業といえます。

彼らは指揮のする前に、暗譜している曲のパーツひとつひとつに対して、作者のメッセージを理解したうえで、自分なりに解釈し、整理しています。そして、指揮しながら、このヴァイオリンには強い音、ビオラには長い音というように、指示を出すことで、アウトプットしているのです。

さらに、指揮をするときには立ちっぱなしで、ときには一時間以上もタクトを振り絞けます。この運動によって、脳の血流を増加させることにもなります。

運動し、脳の血流を増加させながら、インプットとアウトプットを繰り返しているのです。これは、脳の働きを高める理想的な活動といえるでしょう。

そして指揮をすることで、興奮すると、血液中に放出されるアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌が高まります。

アドレナリンはホルモンの一種で、代謝を盛んにする効果があり、これも脳の老化防止に役立っていると考えられます。

指揮者の行動をふまえると、アウトプットを盛んに行うことと同時に、適度に体を動かすことが、脳を活性化させるのに有効な行動であることがわかるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

低分子レシチンで会話もおぼつかなくなった高齢ウツが旅行できるまでに回復

家でゴロゴロ・ダラダラしていた 東京都に住む榎本良行さん(仮名・71歳)は、70歳になるまで鉄工所で働いてきました。仕事で定年はなかったものの、疲れがひどくなり、昨年の6月未に退職したのです。 榎本さ …

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

「ヤマブシタケ」のアルツハイマー病に対する有効性が実験で明らかに

神経細胞を活性化させる物質が増加 アルツハイマー病の研究が進む中、その発病と進行を抑える働きが期待できる食品として「ヤマブシタケ」が注目を集めています。 ヤマブシタケは、クヌギ・クルミ・シイなどの樹幹 …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

脳にあまり刺激がいかない 「大人のそろばん」の特長は、発達段階にある子どもに敦えるのとは違い、すでに発達した大人の脳を活性化させるために工夫を凝らしている点です。 例えば、まだ数字の概念が確立されてい …