最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

指揮者に学ぶ脳の活性化方法

投稿日:

なぜ、指揮者は生涯現役なのか

いわゆるクリエイターといわれる人々は、認知症になりにくいといわれます。

作家や画家、彫刻家、作曲家、演奏家など、職業柄、脳のアウトプットをよく行っている人は、高齢になっても若々しい人が多いようです。

その代表といえるのが、オーケストラの指揮者です。指揮者は長命が多く、ほとんどの人が、亡くなる直前までタクトを振っています。

名な指揮者では、レナード・バーンスタインは72歳、ヘルベルト・フォン・カラヤンは81歳まで生きましたが、二人とも生涯現役でした。

バーンスタインは死去する直前に日本公演を行い、カラヤンは亡くなった日の二週間後にオペラを指揮する予定がありました。

長命であることに、遺伝的体質がかかわっていることをふまえても、オーケストラを指揮するという行動そのものが、脳の老化を防ぐのに好ましいものであることに間違いはないでしょう。

なぜ、指揮者は生涯現役でいられるのか、その行動を具体的に考えていきましょう。

脳の働きを高める理想的な活動

まず、指揮者はクラシックやオペラなど、長く複雑な曲をたくさん暗譜しています。これはインプットの作業といえます。

彼らは指揮のする前に、暗譜している曲のパーツひとつひとつに対して、作者のメッセージを理解したうえで、自分なりに解釈し、整理しています。そして、指揮しながら、このヴァイオリンには強い音、ビオラには長い音というように、指示を出すことで、アウトプットしているのです。

さらに、指揮をするときには立ちっぱなしで、ときには一時間以上もタクトを振り絞けます。この運動によって、脳の血流を増加させることにもなります。

運動し、脳の血流を増加させながら、インプットとアウトプットを繰り返しているのです。これは、脳の働きを高める理想的な活動といえるでしょう。

そして指揮をすることで、興奮すると、血液中に放出されるアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌が高まります。

アドレナリンはホルモンの一種で、代謝を盛んにする効果があり、これも脳の老化防止に役立っていると考えられます。

指揮者の行動をふまえると、アウトプットを盛んに行うことと同時に、適度に体を動かすことが、脳を活性化させるのに有効な行動であることがわかるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

記憶力を高める物質が確認された「脳を活性化するハーブ」

認知症は身近な病気になった 2015年1月、厚生労働省は認知症の人が10年後の2025年には700万人に達するとの推計値を発表しました。これは、65歳以上の5人に1人が認知症になる、ということを示しま …

認知症患者に2週間後には効果が表れた「脳を活性化するハーブ」

一日じゅうシクシク泣いていた 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、その …

さまざまな人に接することが脳の老化を遅らせる

政治家がボケにくい理由 クリエイターではありませんが、政治家もボケることが少ない職業です。政治家は、多様な問題に柔軟に頭を働かせていかなければいけないからだと考えられます。 政治家は多くの情報を収集し …

記憶するだけでなく脳を活発に動かそう

インプットよりアウトプットが大事 私たちの脳は、外部から刺激を受けて、それに反応するという形で働いています。 脳が外から刺激を受けるということは、脳に刺激を「インプット」している状態です。新聞や本を読 …

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す 日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚え …