最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

こんな人が認知症になりやすい

投稿日:

認知症になりやすい人

性格や生活態度から、認知症になりにくい人となりやすい人がいます。認知症については詳しくは後述べますが、ここでは、どんな人が認知症になりやすいのか見ておきましょう。

●真面目な人

真面目なのはよいことですが、凡帳面で融通の利かない人、また非社交的で、友人とのつき合いが少ない人、趣味をもたない人などもボケやすいといわれます。

●無気力な人

人間、年齢を重ねると保守的になる傾向があります。また、物事を客観的にみるようになります。保守的で客観的であることのよい面は、物事に協調的であり、落ち着きがもてること。

しかし反面、すべてに消極的、無気力にもなりやすいのです。物事に対して興味が少なくなり、情熱もなくなると、いつも第三者的な態度をとるようになります。すると、感情が固定し、脳の働きも低下してしまいます。

●ものぐさな人

仕事から帰ってもテレビを見るだけ。趣味もなく、休日にどこかへ出かけるでもなく、部屋の蛍光灯が切れても、面倒くさいのでなかなか取り替えない…。こんな人は、自ら進んで認知症への近道を歩いているようなものです。

脳の老化を防ぐには、体も頭もマメに動かすことが大切です。ものぐさな生活態度は、老化を進めるだけでなく、認知症になりやすい危険な態度なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

アマニ油のおかげで物忘れをする回数が減って体が軽くなった

難解なパズル問題がスラスラ解けるようになった奈良県 52歳 主婦の方の体験談です。 ドレッシング代わりに生野菜にかけた アルツハイマー型認知症になった母が82歳で亡くなるまで、私は10年以上も介護を続 …

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その1

ここでは、問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆を挙げました。これらに思い当たったら、食生活を含む日常生活をしっかり行う、運動する、病院へ行って検査を受ける…といった …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …

脳括スクワットとウオーキングで物忘れ防止と認知症対策

足上げテストでMCIはチェックできる 自分の物忘れがMCI(軽度認知障害)なのではないかと心配になった人もいるでしょう。実は、MCIかどうかを、簡単に見分ける方法があります。ぜひ試してみてください。 …