最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

投稿日:

病気にかからない人は長生きする

高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか?

かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った人がいます。この「生涯現役」の方々には、以下の共通点がありました。

①自ら老け込まず、いつまでも壮年の気概をもっている

②血圧はほとんど正常。180以上の人はいない

③自分に対しては無頓着で、自身の血液型などを知らない人が多い

④太りすぎていない

⑤両親も比較的長命である

⑥大病の経験がない人が多い

⑦煙草を吸わない人が多い

⑧深酒しない。または酒を飲まない

⑨なんらかの運動を心がけている人が多い

⑩筆まめの人が多い

ほとんどの項目は、なるほどと納得がいく内容です。③の「血液型を知らない」というのは、つまらぬことには神経を使わない。つまり、不必要なストレスを抱えないということです。

⑥は、少しわかりにくいかもしれません。

老衰とは、「老化による変化から身体のいろいろな動きが低下し、かろうじて正常範囲にあるものの、ちょっとした外的な力やストレスによって、すぐに平衡が破れてしまう状態」です。

この状態で死亡するのを老衰死といいます。日本では老衰で亡くなる人の割合は約5%で、

ほかの95%は病気が原因で死亡しています。ということは、病気にかからないこと=長生きすることでもあるといえるのです。

細かいことを気にしないのがいい

このアンケートは約20年前に行われたものですが、ここでわかったことは、今でも十分に有効です。あらためてまとめてみると、

・遺伝的にも健康、あるいは長寿の体質である。

・酒や煙草などの嗜好品はほどほど、あるいはやらない

・体を動かす習慣がある

・手紙を書くなど、アウトプットを日常的に行う習慣がある

・必要のないことは気にしない大らかな性格である

・肥満など生活習慣病になっていない

遺伝については、心がけで変わるものではありませんが、ほかのことはすべて、誰にでも実行できることでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

認知症の治療において薬とともにフェルラ酸食品をとると改善率が上がった

レビー小体型認知症では幻視が目立つ 認知症といっても、いくつかの種類があります。よく知られているのが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でしょう。一般にはあまり知られていませんが、レビー小体型認知 …

物忘れが減る!軽度認知障害も改善する「本山式脳活体操」

普通に生活できるまでに回復した例も 総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生が、まず皆さんにお伝えしたいのは、認知症は改善する。少なくとも、その手前のMCI(軽度認知障害)の段階なら、治る可能 …

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

アリセプトを2年服用したが効果がなかった 一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一 …

記憶力を高める物質が確認された「脳を活性化するハーブ」

認知症は身近な病気になった 2015年1月、厚生労働省は認知症の人が10年後の2025年には700万人に達するとの推計値を発表しました。これは、65歳以上の5人に1人が認知症になる、ということを示しま …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …