最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

投稿日:

病気にかからない人は長生きする

高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか?

かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った人がいます。この「生涯現役」の方々には、以下の共通点がありました。

①自ら老け込まず、いつまでも壮年の気概をもっている

②血圧はほとんど正常。180以上の人はいない

③自分に対しては無頓着で、自身の血液型などを知らない人が多い

④太りすぎていない

⑤両親も比較的長命である

⑥大病の経験がない人が多い

⑦煙草を吸わない人が多い

⑧深酒しない。または酒を飲まない

⑨なんらかの運動を心がけている人が多い

⑩筆まめの人が多い

ほとんどの項目は、なるほどと納得がいく内容です。③の「血液型を知らない」というのは、つまらぬことには神経を使わない。つまり、不必要なストレスを抱えないということです。

⑥は、少しわかりにくいかもしれません。

老衰とは、「老化による変化から身体のいろいろな動きが低下し、かろうじて正常範囲にあるものの、ちょっとした外的な力やストレスによって、すぐに平衡が破れてしまう状態」です。

この状態で死亡するのを老衰死といいます。日本では老衰で亡くなる人の割合は約5%で、

ほかの95%は病気が原因で死亡しています。ということは、病気にかからないこと=長生きすることでもあるといえるのです。

細かいことを気にしないのがいい

このアンケートは約20年前に行われたものですが、ここでわかったことは、今でも十分に有効です。あらためてまとめてみると、

・遺伝的にも健康、あるいは長寿の体質である。

・酒や煙草などの嗜好品はほどほど、あるいはやらない

・体を動かす習慣がある

・手紙を書くなど、アウトプットを日常的に行う習慣がある

・必要のないことは気にしない大らかな性格である

・肥満など生活習慣病になっていない

遺伝については、心がけで変わるものではありませんが、ほかのことはすべて、誰にでも実行できることでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

認知症なのか単なる物忘れなのか

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは? MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。 この段階で本人や …

かなり無気力な状態になった認知症がフェルラ酸食品で回復

迷子になることが頻繁にあった 女性のBさんは、平成25年5月、家族に連れられて名古屋フォレストクリニックを来院しました。 Bさんは外出先で自分がどこにいるのかわからなくなって迷子になることが頻繁にあり …

物事がテキパキできないのは前頭葉の衰え?「7連ジャンケン」で脳を活性化!

意欲・思考や動作をつかさどる前頭葉 レジでの会計時に小銭をうまく選んで素早く支払うことができなかったり、意欲がわかずに何事にも「めんどうくさい」がログセになっていたりする人は脳の前頭葉という部位の衰え …

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

アマニ油のおかげで物忘れをする回数が減って体が軽くなった

難解なパズル問題がスラスラ解けるようになった奈良県 52歳 主婦の方の体験談です。 ドレッシング代わりに生野菜にかけた アルツハイマー型認知症になった母が82歳で亡くなるまで、私は10年以上も介護を続 …