最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

脳を活性化

老化のスピードを遅くして物忘れを減らし記憶力を強化する

投稿日:

老化のスピードを遅くする秘訣

年齢は同じでも、若く見える人と老けて見える人がいます。人の体は、誰でも年とともに老化しますが、そのスピードには個人差があるのです。

また、人の体には、老化の個人差が大きい部分と、そうでない部分があります。個人差が少ない器官は、目、歯、卵巣などです。目は誰でも45~50歳くらいで老眼が始まりますし、卵巣も50歳前後で閉経します。

逆に個人差が大きいのは、脳、血管、骨、足など。これらの部位の老化は生活態度次第でスピードを遅らせることが可能です。

年をとれば誰でも、もの忘れが多くなり記憶力が落ちていきますが、心がけ次第で、もの忘れを減らし、記憶力を強化することができるのです。

新しい経験が脳を刺激する

脳の老化のスピードを遅くする秘訣は、まず「気を若く保つこと」。「年だから」「年甲斐もなく」という言葉は禁句。そう思うことで、自らの行動に制限を与えてしまうのです。これでは、実年齢以上に老化は進んでしまいます。

「気が若い人」とは、若者のようにいろいろなことに興味をもち、新しいことに積極的に挑戦していく人です。新しい経験や知識は脳を刺激し、脳の活性化をうながします。

そして何歳になっても、ユーモアや遊び心を忘れないようにすることも、老化を遅らせる秘訣。自分や周りの人を楽しくさせることで、心身ともに若さを保ち、老化のスピードを遅くすることができるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-脳を活性化

執筆者:

関連記事

物事がテキパキできないのは前頭葉の衰え?「7連ジャンケン」で脳を活性化!

意欲・思考や動作をつかさどる前頭葉 レジでの会計時に小銭をうまく選んで素早く支払うことができなかったり、意欲がわかずに何事にも「めんどうくさい」がログセになっていたりする人は脳の前頭葉という部位の衰え …

海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

脳にあまり刺激がいかない 「大人のそろばん」の特長は、発達段階にある子どもに敦えるのとは違い、すでに発達した大人の脳を活性化させるために工夫を凝らしている点です。 例えば、まだ数字の概念が確立されてい …

セロトニン神経が活発化すれば背筋がピンとして姿勢がよくなる

抗重力筋に働きかける セロトニン神経を活性化させている人は、姿勢がよく、顔もハリがあって、見た目がいいと、お話ししました。それは、セロトニン神経が抗重力筋に働きかけるからです。 抗重力筋は、つねに重力 …

記憶するだけでなく脳を活発に動かそう

インプットよりアウトプットが大事 私たちの脳は、外部から刺激を受けて、それに反応するという形で働いています。 脳が外から刺激を受けるということは、脳に刺激を「インプット」している状態です。新聞や本を読 …

脳を刺激する「未来日記」をつけることで物忘れが減った!

脳を使っていないと記憶することができなくなる 過剰なストレスに襲われがちな現代生活において、脳は非常に疲れやすく、物忘れしやすい状態に陥ります。だからといって、脳を使っていないと、いざ何かを記憶しなけ …