最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 脳を活性化

そろばんのおかげで意欲的な毎日が送れている

投稿日:

ちょっとした遠足気分

東京都にお住いの高田久美さん(仮名・60歳・主婦)は、これといった趣味がなかったので、30年以上勤めた会社を60歳で退職したとき、やりたいと思えるものが、何もありませんでした。

そんなとき、たまたま目に飛び込んできたのが、地元のタウン誌に掲載されていた「大人のためのそろばん教室」の案内でした。

実は高田さんの母親は、認知症を患っていました。そのこともあり、晩年の高田さんも、いつかそうなるのではないかと不安を感じていました。「予防のために何かしなければ」という思いもあって、そろばん教室に行ってみることにしたのです。

そろばんは2010年から習い始めて、今年で7年になります。なぜこんなに続いているのか自分でも不思議に思ってます。

月2回、電車に乗ってそろばん教室に通うのは、高田さんにとってはちょっとした遠足気分で、楽しんでいます。

「パチパチ」という音が心地よい

それともう一つ、そろばんをはじく「パチパチ」という音も気に入っています。高田さんは、以前、会社で経理の女性がそろばんをはじく音を心地よく聞いていたものです。そんな懐かしさもあって、そろばんの音が好きなのかもしれません。

そろばんは、たし算、ひき算から始めて、かけ算、わり算もできるようになりました。級の取得にもチャレンジし、現在3級です。試験のときの緊張感も、きっといい刺激になっていると思います。

でも、悲しいかな、やればやるほど上達する子どもと違って、制限時間内にできなくなることも増え、衰えを感じることもしばしばです。これが年を取るということなのでしょうね。

それでも、脳が衰えていくのを少しでも遅らせて、現状維持ができるよう、高田さんはこれからもそろばんを続けていければいいなと考えています。

そろばんを続けてきたことが助けになっている

そろばん教室の先生に教えていただいた、「そろばん式指計算」もたまにやっています。けっこう頭の体操になるんです。ちょっとした計算なら指ですることもあります。

最近は、そろばん以外にも、ボランティア活動を行ったり、絵も習ったりするようになりました。

年を取っていくと知力や体力にだんだん自信がなくなり、新しいことにチャレンジする気持ちも萎えてきます。ところが、何か一つだけでも続けていると、次に、何か新しいことを始めるときのハードルが少し低く感じる気がします。

高田さんがこの年で新たな活動ができたのも、きっとそろばんを続けてきたことが助けになっているのだと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

指先を動かすことで脳が刺激される 単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。 ところが、スポーツクラブやヨガ …

脳を活発に使うことが、脳の力を強化する

仕事は「要領よく」を心がける 脳の働きがよくなる仕事の仕方を考えてみましょう。 どんな仕事でも「仕事が遅い人」と「仕事が速い人」がいます。脳の観点からみると「仕事が速い人」のほうが脳を使っていると考え …

「足の裏マッサージ」でストレスに強くなれば物忘れ・ボケ予防の効果が高まる

ストレスをしなやかに乗り超える 足の裏マッサージで使用するウオークマットは、痛みというストレスを足の裏に与えます。しかし、これを毎日継続することによって、しだいに足の裏がやわらかくなってくると、ストレ …

鏡文字の書き取りは脳を活性化し記憶力をアップする

鏡文字の判読は脳を大いに使う 文字を左右に裏返した文字を「鏡文字」といい、それを鏡に映すと私たちがふだん目にする正しい文字になります。左利きの人は幼児期に自然と鏡文字を書いたり、5、6歳の子供は無意識 …

脳を活性化する筋トレで若年性アルツハイマーが劇的に改善

脳活スクワットで感覚神経がよみがえり若年性アルツハイマーがよくなった東京都 56歳 会社員 男性の方の体験談です。 運転中に逆走したり馴染みの道で迷ったり 「若年性アルツハイマーです」。 近隣の総合病 …