最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 脳を活性化

海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

投稿日:

脳にあまり刺激がいかない

「大人のそろばん」の特長は、発達段階にある子どもに敦えるのとは違い、すでに発達した大人の脳を活性化させるために工夫を凝らしている点です。

例えば、まだ数字の概念が確立されていない幼児なら、数字を見ると、まずそれを「形」としてとらえ、その後に「数」として認識する、というように、脳を一生懸命働かせます。

しかし大人は、「数字=数」とすでに認識しているため、単純に計算をするだけでは、脳にあまり刺激がいかないのです。

そこで考えられたのが、「記号置き換え計算」です。

脳に新鮮な驚きを与えることができる

数字を、○や□や△といった記号で表しているため、計算するときは、それをいったん、頭の中で数字に置き換える必要があります。これによって、子どもが数字を見たときと同じように、脳を刺激できるのです。

もう一つは、指をそろばんに見立てた、そろばん不要の「指そろばん」です。

親指が、そろばんの「5」の玉。人さし指から小指までの4本の指が、それぞれ「1」の玉。そろばんではなく、指を使うことで、そろばん経験者でも、脳に新鮮な驚きを与えることができます。

現在、受講生は約100名にのぼります。なかには70代、80代の人もいらっしゃいます。大人のそろばんをやった後は、「脳を使った」という実感も得られているようです。最近は、高齢化が進む諸外国からも注目されていて、トルコ、スウェーデン、モロッコでも、大人のそろばんを展開中です。

大人のそろばんで何よりも大切なことは、継続することです。脳は、残念ながら一度刺激しただけで若返るようなことはありません。たとえ5分でも毎日続けることが、衰え知らずの脳をつくるのです。

→楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

脳を活性化させる図形を用いたパズル「影絵パズル」

脳のそれぞれの領域を幅広く活性化させるのに有効 判断力や集中力を司る前頭前野、目で見た情報を処理する視覚野がある後頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、そして、記憶 …

脳を刺激する「未来日記」をつけることで物忘れが減った!

脳を使っていないと記憶することができなくなる 過剰なストレスに襲われがちな現代生活において、脳は非常に疲れやすく、物忘れしやすい状態に陥ります。だからといって、脳を使っていないと、いざ何かを記憶しなけ …

記憶するだけでなく脳を活発に動かそう

インプットよりアウトプットが大事 私たちの脳は、外部から刺激を受けて、それに反応するという形で働いています。 脳が外から刺激を受けるということは、脳に刺激を「インプット」している状態です。新聞や本を読 …

「龍の歩き」気功は、物忘れやちょっとした脳の老化には高い改善効果が期待できる

若年性認知症で絶望しかけていた 龍の歩き気功は、認知症の改善を促すのにも役立ちます。 先日、重度の若年性認知症を患ったYさん(49歳・男性)が、お姉さんに付き添われて気功療法研究所に訪れました。 初め …

「足の裏マッサージ」が脳を活性化し物忘れやボケを防止する

運動がボケ予防に役立つ 物忘れを防止する健康法をご紹介しましょう。「足の裏マッサージ」です。 ウオークマットという板があります。これは、直径5cmくらいの突起物が多数ついた板です。 この上を歩くと、足 …