最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 脳を活性化

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

投稿日:

指先を動かすことで脳が刺激される

単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。

ところが、スポーツクラブやヨガ教室に通って、なんとか「体と心の健康」は保つことはできても、こと「脳の健康」となると、何をしたらよいのかわからない。それが、中高年の実情なのではないでしょうか。

そんな人に好評なのが、川西珠算学院が主宰する「大人のためのそろばん教室」です。

そろばんには、脳の活性化や老化予防に効果的な要素がたくさん含まれています。

一つは、指先を使うことです。指の神経は、その8割が大脳とつながっているといわれています。ですから、指先を動かすことで脳が刺激され、認知症の予防に役立つのです。

純粋に楽しい

また、そろばんは、いくつかの作業を同時にするという特徴があります。数字を見て、それを一時的に覚え、指でそろばんをはじく、といった具合です。複数の作業を同時にすることは脳に相当な刺激を与えます。集中力も鍛えられるでしょう。

加えて、玉をパチパチとはじいて計算し、答えが合ったときに得られる達成感もまた、脳によい刺激を与えます。

実際に、高齢者にそろばんをやっていただくと、純粋に「楽しい」という声が多く聞かれます。脳の老化を防ぐには、刺激し続けることが不可欠ですが、楽しいと思えることがいちばん大切です。

楽しみながら、脳を活性化させることができれば、こんなに素晴らしいことはありません。そこで川西珠算学院では、2006年から本格的に「大人のそろばん」の開発をスタートさせたのです。

→海外でも評判!衰え知らずの脳をつくる「大人のそろばん」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

集中力や注意力、判断力、向上、物忘れ防止にも大いに役立つ「影絵パズル」

思考だけでなく目も手も大いに使う 影絵パズルを行うときは、まず、問題の影絵を見て、その部分にどのピースが当てはまるかを考えます。そして、ピースの形を記憶し、当てはまらなければ、別のピースに入れ替えるな …

「ヤマブシタケ」のアルツハイマー病に対する有効性が実験で明らかに

神経細胞を活性化させる物質が増加 アルツハイマー病の研究が進む中、その発病と進行を抑える働きが期待できる食品として「ヤマブシタケ」が注目を集めています。 ヤマブシタケは、クヌギ・クルミ・シイなどの樹幹 …

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す 日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚え …

普段から手や指を動かすことは、脳を活性化する有効な手段

脳の活動を外から観察する画像装置 自治医科大学付属病院副院長の渡辺英寿先生は脳神経外科医として治療に携わる一方、医療機器の開発・研究にもカを注いできました。 その成果の一つが、1995年に開発した光ト …

鏡文字の書き取りは脳を活性化し記憶力をアップする

鏡文字の判読は脳を大いに使う 文字を左右に裏返した文字を「鏡文字」といい、それを鏡に映すと私たちがふだん目にする正しい文字になります。左利きの人は幼児期に自然と鏡文字を書いたり、5、6歳の子供は無意識 …