最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

セロトニンが脳力を高める 脳を活性化

セロトニン神経が活発化すれば背筋がピンとして姿勢がよくなる

投稿日:

抗重力筋に働きかける

セロトニン神経を活性化させている人は、姿勢がよく、顔もハリがあって、見た目がいいと、お話ししました。それは、セロトニン神経が抗重力筋に働きかけるからです。

抗重力筋は、つねに重力を受けて生活する私たちにとって、非常に大切な役割をする筋肉です。首筋、背骨の周囲、下肢の筋肉、さらにまぶた、顔面の筋肉など、すべて抗重力筋です。眠っているときは、この筋肉は弛緩して休んでいます。ですから、眠っているときには、体だけでなく顔もしまりがなくなるのです。

しかし、起きて活動しているときにはつねに機能して、姿勢を支え、顔にしまりを与えているわけです。

セロトニン神経は直接に抗重力筋に働きかけるわけではありません。直接に働きかけるのは運動神経です。セロトニン神経は、運動神経の細胞にセロトニンを分泌して、運動神経の興奮レベルを上げる作用をするのです。

それによって、抗重力筋の緊張が高まって、背筋がピンとして姿勢がよくなる、顔つきにしまりが出るのです。

セロトニン神経が活性化すると痛みもコントロールができるようになるの

セロトニン神経が弱ると、抗重力筋の働きも悪くなるので、反対に背中が曲がって姿勢が悪くなり、顔にハリがなくなって、ドローンとした顔つきになり、いかにも元気がない様子になります。

ついでにもう一つ、セロトニン神経が活性化されることで効果があるのは、痛みに対する感覚が弱くなることです。

大学の研究室で、被験者にリズム運動の一つとして、ガムを噛み続けてもらい、その最中に痛みをランダムに与えるという実験をしてみました。そこでわかったのは、痛みに対する刺激は、血液中のセロトニン濃度が高くなるにつれて、弱くなっていったことです。

逆に、セロトニン神経の働きが弱くなると、ちょっとした痛みにも敏感になります。つまり、セロトニン神経が活性化されることによって、痛みコントロールができるようになるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セロトニンが脳力を高める, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

「ぬり絵」には、ストレス解消効果や脳の活性効果がある

ストレスで脳が疲弊し集中力や記憶力が低下 地域での人づきあいや老後の生活への不安、家族内の問題など、現代社会はストレスにあふれています。ストレスをうまく解消できないと、疲れやすくなったり、怒りっぽくな …

脳を活発に使うことが、脳の力を強化する

仕事は「要領よく」を心がける 脳の働きがよくなる仕事の仕方を考えてみましょう。 どんな仕事でも「仕事が遅い人」と「仕事が速い人」がいます。脳の観点からみると「仕事が速い人」のほうが脳を使っていると考え …

セロトニンとは脳内物質

受容体とくっついて作用する なぜ、セロトニンが脳と体にとっていいのか、活性化させるとはどういうことかを、きちんと説明しておきましょう。 セロトニンとは脳の神経伝達物質で、脳内物質のことです。 脳内物質 …

そろばんのおかげで意欲的な毎日が送れている

ちょっとした遠足気分 東京都にお住いの高田久美さん(仮名・60歳・主婦)は、これといった趣味がなかったので、30年以上勤めた会社を60歳で退職したとき、やりたいと思えるものが、何もありませんでした。 …

物忘れを防ぎ、記憶力をアップさせる方法

何度も繰り返して覚え、覚えたらときどき思い出す 日々、脳にインプットとアウトプットを心がけていても、年齢を重ねるにしたがって、人や物の名前がすぐに思い出せなくなります。また、若い頃のように、すぐに覚え …