最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

セロトニンが脳力を高める

セロトニンとは脳内物質

投稿日:

受容体とくっついて作用する

なぜ、セロトニンが脳と体にとっていいのか、活性化させるとはどういうことかを、きちんと説明しておきましょう。

セロトニンとは脳の神経伝達物質で、脳内物質のことです。

脳内物質とは、脳の神経細胞間で情報を伝達する物質のことで、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどが代表的なものです。

ドーパミンを伝達する神経細胞をドーパミン神経、セロトニンを伝達する神経細胞をセロトニン神経、ノルアドレナリンを伝達する神経細胞をノルアドレナリン神経と呼んでいます。

それぞれの神経細胞は、セロトニン神経はセロトニンだけを伝達し、ドーパミン神経はドーパミンだけを伝達するというように、役割が分かれています。そしてそれぞれに「受容体(レセプター)」という、セロトニンならセロトニンだけ、ドーパミンならドーパミンだけを受け取る装置を備えた細胞があります。

その物質がそれを受け取る受容体とくっつくと、一般的には受容体がオンになり(場合によっては、くっつくことでオフになることもありますが)、その物質が作用するわけです。

セロトニン神経が活性化されるためには

そのときに、どう伝達されるかといえば、「インパルス」という電気信号を使い、その信号の興奮が神経細胞の軸索の末端に達すると、その末端にたくわえられていた物質、セロトニンならセロトニンが神経細胞の間に放出されます。

この軸索の末端と受容体の間が「シナプス間隙」といわれるものです。シナプス間隙に放出された物質が受容体に取り込まれ、伝達されていくわけです。

ですから、セロトニン神経が活性化されるためには、セロトニンがセロトニン神経からたくさん放出されることが前提になります。

そして、受容体と結びつかなかった脳内の物質は、神経末端にある「トランスポーター」という再吸収口から回収され、再利用に回されます。

セロトニントランスポーターは、シナプス間隙に放出されたものの、セロトニン受容体に結合せずに余ったセロトニンを、再活用するために再吸収するもので、セロトニン神経の末端にあれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-セロトニンが脳力を高める

執筆者:

関連記事

脳内であふれたセロトニンは血管へ

余分なセロトニンは肝臓で壊される 血液の中のセロトニンの量が増えたのは、脳のセロトニン神経が活性化されたためなのか、あるいはもともと体の中にあったセロトニンなのか、その区別がつくのかという疑問が起こる …

セロトニン神経の覚醒が順調でないと、脳の働きが悪くなる

覚醒時には脳全体にセロトニンがあふれている セロトニン神経は、脳幹の真ん中にある「縫線核」にしかありませんが、このセロトニン神経は軸索を脳全体に伸ばしています。脳内には約150億個の神経細胞があります …

いつもより30分早起きしてセロトニンを活性化

お坊さんの生活に習う お坊さんがいつまでも健康で長生きだという話があります。実はお坊さんの生活習慣自体が、セロトニン神経を活性化させるのにとても適しているのです。 お坊さんは、太陽が出る前には起きて、 …

セロトニン神経が活発化すれば背筋がピンとして姿勢がよくなる

抗重力筋に働きかける セロトニン神経を活性化させている人は、姿勢がよく、顔もハリがあって、見た目がいいと、お話ししました。それは、セロトニン神経が抗重力筋に働きかけるからです。 抗重力筋は、つねに重力 …

セロトニンが脳を活発に働かせて充実した毎日を送れるようにしてくれる

セロトニンは、自分でつくり出す薬 仕事ができ、いきいきと生活している人には共通点があります。それは、脳内のセロトニン神経がつねに活性化された状態で、日々の生活を送っているということです。 「セロトニン …