最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 認知症対策

本山式脳活体操で使われていなかった脳細胞が目覚める

投稿日:

脳の機能がよみがえる

認知症やその予備軍の人は長時間運動をしても、疲れや痛みを感じません。結果、長い距離を徘徊したり、スクワットをいつまでも続けられるのです。

しかし、筋肉から脳に伝わる刺激は、体内を通って脳に直接働きかける刺激で、脳にとっては非常によい刺激です。この刺激が強ければ強いほど、脳は刺激を拾いやすくなり、感覚神経がつながりやすくなります。

本山式脳活体操で感覚神経がつながり、脳に刺激が届くと、脳には次の二つの作用がもたらされると、総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生は考えています。

①脳細胞の代償作用

認知症はいろいろな原因で、脳細胞が死んだり、うまく働かなくなったりする病気です。しかし、脳の中には生き残っている細胞も多くあります。そこに筋肉からの刺激(痛みなど)が伝わると、残った細胞が死んだ細胞の代わりに働き始めます。この代償作用で、失われた機能が補われます。

②脳幹網様体への刺激

筋肉からの刺激は、脳に戻るときに脳幹という部位を通ります。脳幹には脳幹網様体という神経線維の集合体があり、生命活動の中枢を担っています。ここに強い筋刺激が加わると脳が覚醒し、使われていなかった脳細胞が目覚めるのです。

こうした二つの作用によって脳の機能がよみがえり、MCIや認知症が改善するのではないかと思われるのです。

下半身を鍛える運動が有効

では、どんな運動が脳には有効なのでしょうか。それはズバリ、下半身を鍛える運動です。

脳に伝わる筋刺激の大きさは、筋肉の太さに比例します。体の中で最も太くて大きな筋肉は、太ももとお尻の筋肉です。

その太もも(大腿四頭筋、大腿二頭筋、内転筋)とお尻の筋肉(大臀筋)を鍛えればよいのです。

通常は、週に一度の本山式脳活体操を2~3カ月続けると、効果を実感できます。早い人では、その日のうちに感覚神経がつながることもあります。

この感覚神経がつながっていないと、いくら筋トレや運動をしても、脳を活性化する効果は期待できません。

意識を集中させてトレーニングする

感覚神経がつながっているかどうかは、簡単なテストでわかります。

イスに浅く腰かけ、片方の足を水平より少し上に上げて10秒間キープします。太ももの前面の筋肉が痛くなれば問題はありませんが、痛みを感じないようなら感覚神経がつながっていない、すなわちMCIの可能性があります。

しかし、今痛みを感じなくても、脳括体操を続けるうちに、痛みを感じるようになるので、心配はいりません。痛みを感じるようになれば、物忘れなどのMCIの症状が改善するのに時間はかかりません。

感覚神経をつなぎやすくするコツは、鍛える筋肉に意識を集めることです。

・鍛える部分をよく見ながらトレーニングする

・鍛える部分を触ったりたたいたりした後でトレーニングをする

こうして意識を集中させてトレーニングすると、より多くの筋線維が稼働し、たくさんの電気信号が脳に送られて、感覚神経がつながりやすくなるのです。

筋肉から発信される痛みでなくてはならない

本山式脳括体操は、週に1回すれば十分です。あとの6日間で筋肉を休ませます。その間に筋肉が修復されます。

なお、ひざなどの関節を痛めている人は、無理をして行わないでください。紹介しているものの中から、行えるものを選ぶとよいでしょう。

本山式脳括体操の痛みは、関節から発せられるものではなく、筋肉から発信される痛みでなくてはなりません。それを間違えないでください。

最後に、階段を上るときも、太ももの前面を意識するかどうかで、脳括の効果がまったく違ってきます。お試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 認知症対策

執筆者:

関連記事

MCI(軽度認知障害)は「本山式筋力トレーニング」で改善する

認知症でも治る可能性がある 今、予備軍も含めると、65歳以上の4人に一人が認知症に該当すると言われています。認知症になると、ご本人も家族も隠したがります。一度かかると治らないと思っているからではないで …

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

病気にかからない人は長生きする 高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか? かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った …

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その1

1:直近の出来事を忘れる 「昨日、誰と会った」とか「どこへ行き、何をした」といった直近の出来事を覚えておらず、その事実を伝えても、本人がいっこうに思い出さない。「そんなことあったっけ?」とけげんそうに …

認知症の治療において薬とともにフェルラ酸食品をとると改善率が上がった

レビー小体型認知症では幻視が目立つ 認知症といっても、いくつかの種類があります。よく知られているのが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でしょう。一般にはあまり知られていませんが、レビー小体型認知 …