最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 認知症対策

物忘れが減る!軽度認知障害も改善する「本山式脳活体操」

投稿日:2月 16, 2018 更新日:

普通に生活できるまでに回復した例も

総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生が、まず皆さんにお伝えしたいのは、認知症は改善する。少なくとも、その手前のMCI(軽度認知障害)の段階なら、治る可能性が大きいということです。

認知症は突然発症するわけではありません。その前に必ず、MCIの段階を通ります。MCIとは認知症の予備軍で、MCIになると、その後の4年で50%、6年で80%の人が認知症に移行するといわれています。ですから、まず予備軍の段階で手を打つ必要があります。

その方法として本山先生が考案したのが、今回「本山式脳活体操」として紹介する「本山式筋力トレーニング」です。

これを予備軍の段階で実践すると、早ければ2カ月でほぼ100%改善します。また、若年性や進行性の認知症でも、改善する可能性があります。

若年性の認知症で、数年後に寝たきりになると言われた人が、普通に生活できるまでに回復した例や、若年性アルツハイマーの人が医師も驚くほど改善した例もあります。

本山式脳括体操は、筋肉に「痛い」「きつい」と感じる強い刺激を与えるトレーニングです。

本山先生がこれを考案したのは、従来の運動療法に限界を感じたからでした。

→MCIの段階なら、本山式脳括体操で元に戻る可能性が非常に高い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 認知症対策

執筆者:

関連記事

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …

「頸椎2番体操」で頭部の血行が良くなり、認知症やうつが改善

頭皮が硬いままだと不眠になる傾向が ご自分の頭皮を指先で軽く触ってみてください。適度な弾力がありますか? 60歳前なら、頭皮がカチカチに固まって頭蓋骨に張り付いている人が多いかもしれません。もしくは、 …

MCIの段階なら、本山式脳括体操で元に戻る可能性が非常に高い

痛みの感覚がわかると認知機能も上がる 運動療法は、認知症の予防に効果があることが証明されています。その一方で、運動していても認知症を発症する人が後を絶ちません。なぜ、運動をしても、認知症になってしまう …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

物忘れを撃退する神経伝達物質セロトニンを増やす「禅歩き」

リズムよく体を動かす「禅歩き」 脳疲れ、ひいては物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切になります。 では、セロトニンを増やすためには、いったいどうすれば …