最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 認知症対策

香りの効果で認知機能障害の改善が確認された

投稿日:2月 9, 2018 更新日:

アロマセラピーの効果に期待した

認知症には、主にアルツハイマー病と脳血管性認知症の二つのタイプがあります。日本では近年、前者が大半を占めています。

認知症の原因自体は、まだ解明されていませんが、アルツハイマー病の場合、ごく初期から嗅覚に異常が現れることが昔から知られています。

この事実から、嗅覚と認知症は密接な関係にあると考えた、日本アロマセラピー学会理事長の塩田清ニ先生たちは、嗅覚刺激による脳刺激で、認知症にどのような影響を及ぼすかを調べることにしました。

近年のアロマセラピー(嗅覚利激療法)に関する研究では、ガンや動脈硬化、アレルギー性疾患など、さまざまな病気や症状への効果が確認されています。

塩田先生たちは、認知症に関してもアロマセラピーでなんらかの効果が得られると期待したのです。

香りの効果で認知機能の改善が認められた

実験では、認知症患者35名(男性2名、女性33名)に、午前中にローズマリー精油、レモン精油を混合した香りを2時間、夜間の入眠前にラベンダー精油、オレンジ精油を混合した香りを2時間、施設に散布するという形でかいでもらいました。

その結果、軽度から中度の認知症患者で認知機能障害の改善が確認されたのです。特に、アルツハイマー病でより顕著な改善が見られました。

午前中の香りは自律神経のうちの交感神経(心拍数や血圧を上げるなど全身の活動力を高める神経)を、夜間の香りは副交感神経(心身をリラックスさせる神経)を活性化すると考えられているものです。

実験で認知機能障害が改善したのは、自律神経の働きが整ったことと関係があるのでしょう。

→レモングラスの香りで物忘れが減り、気力や活力が向上

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 認知症対策

執筆者:

関連記事

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その1

ここでは、問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆を挙げました。これらに思い当たったら、食生活を含む日常生活をしっかり行う、運動する、病院へ行って検査を受ける…といった …

物忘れが減る!軽度認知障害も改善する「本山式脳活体操」

普通に生活できるまでに回復した例も 総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生が、まず皆さんにお伝えしたいのは、認知症は改善する。少なくとも、その手前のMCI(軽度認知障害)の段階なら、治る可能 …

MCI(軽度認知障害)は「本山式筋力トレーニング」で改善する

認知症でも治る可能性がある 今、予備軍も含めると、65歳以上の4人に一人が認知症に該当すると言われています。認知症になると、ご本人も家族も隠したがります。一度かかると治らないと思っているからではないで …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …

「足の裏マッサージ」が脳を活性化し物忘れやボケを防止する

運動がボケ予防に役立つ 物忘れを防止する健康法をご紹介しましょう。「足の裏マッサージ」です。 ウオークマットという板があります。これは、直径5cmくらいの突起物が多数ついた板です。 この上を歩くと、足 …