最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

認知症も、早期発見、早期治療が大事

投稿日:

デイケアで目覚しい回復例が続出している

2013年4月から、筑波大学において、MCIの人たちを対象に認知カを上げるデイケアを始めました。

そこでは、認知カトレーニング、運動療法、芸術療法など、さまざまなトレーニングを行っています。受講者の中には、日覚ましい回復を遂げた例もすでにあります。中でも、運動療法が受講者には人気のようです。

運動療法は、世界的な研究レベルで、認知症に対して最も有効性が高いことが認められています。ウオーキングや水泳などの有酸素運動をすると、脳の前頭前野の血流が改善することもわかっています。

筑波大学で実践したのは、健康運動指導士の本山輝幸さんが開発した筋力トレーニングです。

まだ学術的には認められていませんが、「強めの刺激を筋肉に与えることで、脳と感覚神経がつながって認知機能が回復する」という本山さんの考え方がベースになっています。

本来、脳からの指令は、上から下(中枢から末梢)へのトップダウンしかありません。しかし、くり返し行う筋トレで人目分の脳を刺激し、下から上への神経の伝達が可能になるのかもしれません。

脳の代償機能を鍛えて脳を活性化する

MCIの段階で、筋力トレーニングを含むさまざまな療法を行うと、認知症への進行を遅らせたり、引き止めることができます。それは、脳に代償機能が備わっているからです。

脳細胞は死んでいく一方で、新生も再生もしないというのがこれまでの医学の定説でした。

ところが最近、脳細胞は生涯にわたって新生・再生することがわかってきました。新しい細胞や残っている細胞を鍛えれば、脳の失われた機能を代償させることができます。そのためには、これまで使っていなかった脳の使い方の訓練が必要です。それをするのが、MCIのトレーニングです。

認知症も、早期発見、早期治療が大事です。「物忘れが多くなった」「判断力が低下してきた」など、思い当たることがあったら、早めに専門医療機関を受診しましょう。

物忘れ外来では、認知機能のチェックテストやMRI(磁気共鳴画像)などの検査、細かい問診などを行い、総合的にMCIかどうかを判断します。

認知症になると海馬の領域が萎縮してきますが、MCIでは萎縮は見られません。MCIが見つかったら、治る可能性があるのですから、むしろラッキーだと考えるべきでしょう。

→認知症はMCIの段階で対処すれば、進行を食い止める事ができる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回 はカレーを食べていることになります。 カレーには少なくとも …

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …

脳括スクワットとウオーキングで物忘れ防止と認知症対策

足上げテストでMCIはチェックできる 自分の物忘れがMCI(軽度認知障害)なのではないかと心配になった人もいるでしょう。実は、MCIかどうかを、簡単に見分ける方法があります。ぜひ試してみてください。 …