最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

認知症はMCIの段階で対処すれば、進行を食い止める事ができる

投稿日:2月 5, 2018 更新日:

認知症は生活習慣病の一つ

日本人の認知症の8割は80歳以上の高齢者です。しかも、その4分の3は女性です。理由は明白で、女性のほうが長生きだからです。

認知症は、加齢と密接にリンクしているだけでなく、高血圧症や糖尿病、肥満など、生活習慣病とも深く関わっています。

というのも、糖尿病や高血圧の人は、認知症の発症リスクが高く、それらの治療が認知症にも有効なことがわかっているからです。

認知症は生活習慣病の一つであり、老化の延長線上にあると考えていいでしょう。

放置すれば4~5年で認知症を発症する

これに対して、若年性認知症は、ほぼ遺伝子で決まっているため、防ぎようがありません。同じ認知症でも、高齢者と若年性では、まったく違うのです。

現在、65歳以上の認知症高齢者は約462万人。しかしその前に、「認知症ではないけれど、健常でもない」というグレーゾーンがあります。これを、MCI(軽度認知障害)といいます。さらに、MCIの前には、プレクリニカルアルツハイマーという、症状のない段階があります。

MCIは、認知症の初期ではなく、前段階です。いわば認知症予備軍です。では、初期の認知症とMCIはどこが違うのでしょうか。

MCIの人は、物忘れや失念などの症状があるものの、日常生活に大きな支障はありません。それに対して認知症は、日常生活に支障が生じ、自立した生活ができなくなってきます。そこが、MCIと初期認知症の定義の遠いです。

ただし、MCIを放置すると、4~5年で約半数の人が認知症に進行します。そして認知症になると、改善は困難です。ところが、MCIの段階で対処すれば、認知症への進行を食い止めるだけでなく、元に戻ることも可能なのです。

→認知症も、早期発見、早期治療が大事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

「龍の歩き」気功は、物忘れやちょっとした脳の老化には高い改善効果が期待できる

若年性認知症で絶望しかけていた 龍の歩き気功は、認知症の改善を促すのにも役立ちます。 先日、重度の若年性認知症を患ったYさん(49歳・男性)が、お姉さんに付き添われて気功療法研究所に訪れました。 初め …

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

病気にかからない人は長生きする 高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか? かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った …

アマニ油のおかげで物忘れをする回数が減って体が軽くなった

難解なパズル問題がスラスラ解けるようになった奈良県 52歳 主婦の方の体験談です。 ドレッシング代わりに生野菜にかけた アルツハイマー型認知症になった母が82歳で亡くなるまで、私は10年以上も介護を続 …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …