最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 脳を活性化

オレイン酸も豊富なアーモンド1日25粒で脳が活性化!

投稿日:

LDLコレステロールを減らし、脳の血管を強化する

今のところアーモンドの摂取とアルツハイマー病の関連を示す報告はありません。ただ、その効果を期待して、現在米国で11万人を対象とした大規模調査が進んでいます。

アーモンドは、脳の細胞を保護・活性化するオレイン酸も豊富です。

オレイン酸はLDLコレステロールを減らし、脳の血管を強化するため、脳血管型認知症の予防効果が期待できます。

さらにアーモンドは、体の糖化も防ぎます。糖化は糖がたんぱく質と結び付くことで起こる現象で、酸化と同様、老化の原因と考えられています。糖化の結果生じる物質にAGE(終末糖化産物)があります。

アーモンドのほかにAGE値を減らす食品はない

AGEは加齢とともに体内に蓄積されていく物質で、パーキンソン病や糖尿病などとの関連が指摘されています。アルツハイマー病の脳にも、AGEが大量に蓄積することがわかっています。

AGEに関する研究は卦だ始まったばかりです。ただ慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、アーモンドに含まれるなんらかの成分がAGEを減らすと考えています。

以前、井上先生たちは、8人の被験者にアーモンドを1日25粒、5カ月間摂取してもらったところ、体内のAGE値が平均50%も減少しました。

わずか8名の治験ですが、今のところAGE値を減らす食品は、アーモンドのほかには見つかっていません。

小腹がすいたときのおやつにも

ナッツは脂肪が気になるという人もいるでしょう。

しかし、ナッツに含まれる脂肪の多くは、LDLコレステロールを減らし、内臓の働きを強化するなどの健康効果があります。ナッツは、日本人に不足しがちな食物繊維やミネラルも豊富です。

さらに適度に硬いため、食べるさいにはよくかまをければなりません。十分な咀嚼(そしゃく)は脳を活性化します。

脳の若返りや物忘れ防止を期待するのであれば、1日25粒(25g)のアーモンドの摂取をお勧めします。牛乳と食べれば健康的な朝食になるでしょう。小腹がすいたときのおやつにもよいでしょう。

クルミの場合には、脳の若返りを期待するのであれば、1日40g程度の摂取が必要です。

ナッツは酸化しやすいため、保存には密封容器や冷蔵庫を利用してください。

量を食べるため、塩分不使用のものを選ぶとよいでしょう。なお、ナッツはカリウムが多いため、腎臓の悪い人は避けてください。

→物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

脳を活性化させる図形を用いたパズル「影絵パズル」

脳のそれぞれの領域を幅広く活性化させるのに有効 判断力や集中力を司る前頭前野、目で見た情報を処理する視覚野がある後頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、そして、記憶 …

チョコレートは物忘れ防止以外にもいろいろな効果が

血圧を下げ動脈硬化も予防する 愛知学院大学教授の大澤俊彦先生たちの研究では、チョコレートにBDNFを増やす以外にもさまざまな健康効果があることが確認されました。 一つ目は、高血圧の人の血圧が下がりまし …

低分子レシチンを補いつつ食事も見直し重度の物忘れもウツも改善

ゴールまでの時間が非常に短かった 前の記事で、低分子レシチンをとるとアセチルコリンやセロトニンなどの脳内ホルモンが増えたという実験について述べました。実は、この実験では興味深いことがもう一つわかりまし …

コーヒーを飲んで物忘れ防止!中性脂肪や悪玉コレステロールも減らせる!

一日3~4杯飲めば発症リスクが65%減 食後にコーヒーが欠かせないコーヒー党の人は、すでに認知症の予防に取り組んでいるといえるかもしれません。というのも、コーヒーの香り成分であるカフェインには、物忘れ …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …