最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 脳を活性化 認知症対策

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

投稿日:

コミュニケーション能力がよくなっていった

順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の関連の介護老人保健施設(老健)や特別養護老人ホームで、アルツハイマー病と診断されている患者さんに、脳を活性化するハーブの栄養補助食品を約一年を目安にとってもらう試験を行いました。

試験では、アルツハイマー病の進行度を見る「ADAS」という認知機能検査を行いました。この検査は、認知機能の変化を定期的に調べるうえで信頼性が高く、国際的に広く用いられています。得点は0~70点で示され、点数が高いほど認知機能が障害されていることを示します。

試験の参加者は実際には10人以上いましたが、脳を活性化するハーブを約一年間、とりつづけることができた人はわずかに5人。その5人にADASの検査を定期的に受けてもらったところ、4人に認知機能の改善が認められました。

5人中4人の患者さんが最初の点数よりも低くなっており、認知機能が向上したといえます。具体的には記憶力や理解力に改善が見られ、日付や時間の認識能力や人と話すコミュニケーション能力がよくなっていました。

アルツハイマー病は、日々進行していく病気なので、ADASの点数を長期にわたって低く抑えるのは難しいことです。そうしたことを踏まえると、この結果は実に驚くべきことといえるのです。

国産品や輸入品など各種市販されている

脳を活性化するハーブの栄養補助食品は現在、国産品や輸入品など各種市販されています。とるときは、パッケージに記載されたヒューペルジンAの量を知る必要があります。

ハーブに含まれるヒユーペルジンAは、治療薬のアリセプト(塩酸ドネぺジル)と作用が似ているため、とり
すぎると動悸や吐きけ、不眠などの副作用の出る恐れがあります。

そのため、多くても300マイクログラム(1マイクログラムは1/100万グラム)未満にとどめてください。この程度の量なら、不快症状の出ないことが田平先生の行った試験でも明らかです。

摂取すべき目安量は、アルツハイマー病と診断されていてもアリセプトを服用していない人は150~300マイクログラムです。アリセプトなどの薬をすでに飲んでいる人は、脳を活性化するハーブの使用を控えたほうが無難です。

また、物忘れが増え、アルツハイマー病の心配があるような人は、一日30マイクログラムくらいを目安にヒユーペルジンAをとりたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 脳を活性化, 認知症対策

執筆者:

関連記事

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

レシチンこそ脳を活気づけて物忘れもウツも認知症も防ぐ驚くべき栄養素

レシチンは細胞に栄養を送る細胞膜の主成分 1840年代に、フランスの化学者によって、卵の黄身から「レシチン」という成分が発見されました。レシチンは、リン脂質(リンを含んだ脂質)の代表的なもので、ホスフ …

記憶力を高める物質が確認された「脳を活性化するハーブ」

認知症は身近な病気になった 2015年1月、厚生労働省は認知症の人が10年後の2025年には700万人に達するとの推計値を発表しました。これは、65歳以上の5人に1人が認知症になる、ということを示しま …