最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

認知症なのか単なる物忘れなのか

投稿日:

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは?

MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。

この段階で本人や家族が気づき、医療機関を訪れるなど適切に対処できれば、認知症の進行を大幅に遅らせるばかりか、以前の状態に回復することもあります。まさにがんと同じように、早期発見で認知症が防げることが最近になってわかってきました。

早期発見のヒントは、難しくありません。そして進行を防ぐ方法も簡単にできることばかりです。

認知症の診断は、専門医でないと実は難しいのです。一般の病院を受診しても、「年相応の物忘れ」と言われてしまうことがあります。もちろん、加齢による単なる記憶力の衰えという場合も多いのですが、MCIが隠れていることもあるかもしれません。

日常生活に支障をきたすかどうかが問題

では、単なる物忘れと認知症と診断されるほどの症状の違いは、何でしょうか。

①物忘れの頻度が以前より高くなり、それが仕事や日常生活に支障を来すほどになってきた。

②歩き方が遅くなってきた。ときどきふらつくこともある。(横断歩道を青信号の間に渡りきるのが難しくなった)

③外出や人づき合いがめんどうになってきた。

④身なりにかまわなくなった。

⑤新しい店を探したり、新しい料理を作るのがめんどう。

⑥買い物をして小銭を数えるのが苦手、お札で払ってお釣りをもらうことが増えた。

本当に「病気」であるかどうかは、①の「日常生活に支障をきたす」かどうかです。あとは、それを補強する材料にすぎません。言ってしまえば、②から⑥は、多かれ少なかれ加齢にともなう精神的な傾向です。

もし、6つのすべてが当てはまるようなら、脳の専門医や病院の「物忘れ外来」などを訪れて、一度相談してみてください。そうでない方は、脳を活性化するアイデアをあれこれ試していただければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

「足の裏マッサージ」が脳を活性化し物忘れやボケを防止する

運動がボケ予防に役立つ 物忘れを防止する健康法をご紹介しましょう。「足の裏マッサージ」です。 ウオークマットという板があります。これは、直径5cmくらいの突起物が多数ついた板です。 この上を歩くと、足 …

61歳で弁護士になれたのは「覚える内容を選ぶ」ことと勉強時間をきっちりと区切ること

時間を味方にできるのが強み 7年前に61歳で弁護士になった渋谷区・神山昌子先生は、離婚・破産などの問題を中心に、さまざまな相談や事件を担当しています。多忙な日々を送っており、現在、抱えている案件も訴訟 …

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その2

問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆の続きです。 6:話そうとする言葉が出てこない 芸能人の名前が思い出せない程度なら、年を取れば誰にでもある物忘れ。でも、思ったこ …

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

アリセプトを2年服用したが効果がなかった 一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一 …