最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

認知症なのか単なる物忘れなのか

投稿日:

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは?

MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。

この段階で本人や家族が気づき、医療機関を訪れるなど適切に対処できれば、認知症の進行を大幅に遅らせるばかりか、以前の状態に回復することもあります。まさにがんと同じように、早期発見で認知症が防げることが最近になってわかってきました。

早期発見のヒントは、難しくありません。そして進行を防ぐ方法も簡単にできることばかりです。

認知症の診断は、専門医でないと実は難しいのです。一般の病院を受診しても、「年相応の物忘れ」と言われてしまうことがあります。もちろん、加齢による単なる記憶力の衰えという場合も多いのですが、MCIが隠れていることもあるかもしれません。

日常生活に支障をきたすかどうかが問題

では、単なる物忘れと認知症と診断されるほどの症状の違いは、何でしょうか。

①物忘れの頻度が以前より高くなり、それが仕事や日常生活に支障を来すほどになってきた。

②歩き方が遅くなってきた。ときどきふらつくこともある。(横断歩道を青信号の間に渡りきるのが難しくなった)

③外出や人づき合いがめんどうになってきた。

④身なりにかまわなくなった。

⑤新しい店を探したり、新しい料理を作るのがめんどう。

⑥買い物をして小銭を数えるのが苦手、お札で払ってお釣りをもらうことが増えた。

本当に「病気」であるかどうかは、①の「日常生活に支障をきたす」かどうかです。あとは、それを補強する材料にすぎません。言ってしまえば、②から⑥は、多かれ少なかれ加齢にともなう精神的な傾向です。

もし、6つのすべてが当てはまるようなら、脳の専門医や病院の「物忘れ外来」などを訪れて、一度相談してみてください。そうでない方は、脳を活性化するアイデアをあれこれ試していただければと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …

かなり無気力な状態になった認知症がフェルラ酸食品で回復

迷子になることが頻繁にあった 女性のBさんは、平成25年5月、家族に連れられて名古屋フォレストクリニックを来院しました。 Bさんは外出先で自分がどこにいるのかわからなくなって迷子になることが頻繁にあり …

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …