最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

投稿日:

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い

最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。

米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減するとわかっています。

反対に、血液中の葉酸濃度が低いと、脳萎縮が起こりやすいという調査もあります。

それは、葉酸がホモシステインというアミノ酸を分解するためと考えられています。

ホモシステインは、必須アミノ酸の一つであるメチオニンが体内で合成される過程でできる物質ですが、過剰になると動脈硬化を促進させるほか、脳の神経細胞の遺伝子DNAを破壊するともいわれます。

アルツハイマー病患者の血液中には、高濃度のホモシステインがあることもわかっています。ホモシステインを分解するには葉酸やビタミンB12が必要です。

福岡県の見立病院で行われた試験では、初期のアルツハイマー病患者に葉酸とビタミンB12を1年間、毎日投与したところ、脳の機能テストの点数が改善し、症状が改善したという結果が出ました。

葉酸を多く含む葉物野菜の中でも、身近で一般的なのはホウレンソウでしょう。

アニメ『ポパイ』 のように、ホウレンソウを食べて筋肉ムキムキになることはありませんが、認知症予防には有効と考えられます。

「ホウレンソウ入りカレー」もおすすめ

葉酸以外にも、鉄分やビタミンA・Cなどが多いですから、体にいいことは間違いありません。

なお、葉酸を取るさいには、ビタミンB12が不足しないように注意してください。葉酸が多過ぎてビタミンB12が少ないと、認知機能が低下する恐れがあるからです。

もう一つ、カレー粉の原料になるウコンに含まれる「クルクミン」というポリフェノールも注目されています。

動物実験で、クルクミンを与えられたマウスの脳では、老人斑が40%減少したという研究報告があります。日本の大学と米国の研究所の動物実験による研究結果でも、クルクミンを与えたラットに記憶力の改善が見られたとしています。

ときには「ホウレンソウ入りカレー」を、ポリフェノールを多く含む赤ワインと一緒に楽しんでみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

脳の疲れによる物忘れは1日1.5リットルの水のみで改善できる

水飲みで認知症の症状がめっきり減った 年とともに忘れっぼくなる人はおおぜいいます。この原因は、水分の摂取不足による脳疲れ、いわゆる意識力の低下にあるかもしれません。 こう考えられる理由として紹介したい …

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

サラダ油をやめてアマニ油をとると物忘れが改善できる

健脳油として見直されている サラダ油に多く含まれるリノール酸(オメガ6系の多価不飽和脂肪酸。脂肪酸とは油脂の構成成分)をとりすぎると、脳の神経細胞の破壊を招き、認知症を招く危険が大きくなると問題視され …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …