最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

アルツハイマー病の患者は魚や野菜を食べない人が多い

投稿日:

魚をよく食べる人は認知症になりにくい

近年、生活習慣とアルツハイマー病は深い関係があると指摘されています。

高血圧や糖尿病があると、アルツハイマー病の発症リスクが上がることがわかり、アルツハイマー病は長年の生活習慣の上に発症するとの見方をする専門家もいます。

アルツハイマー病の患者には偏食の人が多いという調査結果もあります。

特に、魚や野菜を食べない人が多いようです。

オランダのロッテルダムで1万人以上の住民を対象に1990年から行われている大規模な追跡調査「ロッテルダム・スタディ」によると、肉や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸(動物性脂肪)や総脂質の取り過ぎが、脳血管障害を伴ったアルツハイマー病にかかるリスクを高めるとわかりました。

DHAは体内では生成できない

さらに、魚の摂取量が多い人のほうがアルツハイマー病になりにくいこともわかりました。

では、なぜ魚がいいのでしょうか。それは、魚の中でも青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)の効果ではないかと考えられています。

DHAは、魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸で、体内では生成できないので、食品から取らなければなりません。

DHAは毎日0・5~1gを取るとよいといわれており、イワシなら2尾、サンマなら1尾、サバなら半身、マグロのトロは2切れに相当します。刺し身など、生で食べたほうが効率よく摂取できるといわれます。

アルツハイマー病を防ぐと期待きれる葉酸

魚と並び、認知症予防に重要だとされるのが、野菜類です。

前述のロッテルダム・スタディでは、ビタミンCとEを多く取っていると、アルツハイマー病の発症リスクを20%軽減することがわかりました。β-カロテンやフラボノイド(植物性色素。ポリフェノールの一種)も同様に、アルツハイマー病のリスクを軽減しました。

これらの食品成分は、体内に発生する活性酸素を除去する抗酸化力を持っています。

活性酸素は遺伝子を傷つけたり、ほかの物質を酸化させたりして、本来の働きをできなくさせてしまいます。アルツハイマー病患者の脳には、活性酸素が悪さをした痕跡があり、発症に関与していると考えられています。

ロッテルダム・スタディの研究者は、抗酸化物質の摂取はサプリメントではなく、野菜や果物など食物から摂取しなければならないと強調しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

  チョコを食べる国ほどノーベル賞受賞者が多い 「スイスやデンマークなど、チョコレートをたくさん食べる国ほどノーベル賞受賞者の数が多い」 そんなユニークな調査結果が2014年に発表されました …

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

「オキアミ油」の摂取で脳の情報処理速度がアップし記憶力や思考力が高まる

DHAやEPAが豊富なオキアミ油 これまで、「脳の神経細胞は年とともに減るいっぽうである」という考えが常識とされてきました。しかし、最近の研究では、脳の神経細胞を新たに増やすのは不可能ではないことがわ …

MCI(軽度認知障害)は「本山式筋力トレーニング」で改善する

認知症でも治る可能性がある 今、予備軍も含めると、65歳以上の4人に一人が認知症に該当すると言われています。認知症になると、ご本人も家族も隠したがります。一度かかると治らないと思っているからではないで …