最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

「たっぷり水分補給を行う」だけで認知症が改善していく

投稿日:

「脳の萎縮説」は間違い

国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁先生は、長年医師の立場から、介護の世界を見てきました。一般に認知症は、脳に病変や萎縮が見られる「脳の病気」だといわれています。しかし、かれこれ40年以上、認知症とかかわってきた竹内先生の経験からいうと、認知症は脳の病気ではない、ということが断言できます。

確かに、認知症の人の脳を調べると、萎縮が見られることがあります。ですが、萎縮というものは通常の老化現象で、年を取れば、ほとんどの人に認められるものなのです。

認知症を「脳の病気」という一側面からだけ見てしまうと、認知症という病気の全体像を見失ってしまいます。

では、認知症を引き起こす原因は何か。それは、以下の四つに分類することができます。

①脳の加齢による変化

②社会的な要因

③心理的な要因

④身体的な要因

体調を改善し、気分よく過ごすことが最優先

脳の加齢による変化とは、先述した通常の老化現象です。社会的な要因とは、転居や退職といった環境の変化。心理的な要因とは、死別や一人暮らしといった孤独感の増大。身体的な要因とは、病気や痛みといった体調の悪化を指しています。

特に竹内先生が注目しているのが、④の身体的な要因です。

高齢者に限らず、人間は体調がいいと気分がよくなります。そして、気分がよいときは認知力(理解力、判断力、記憶力)が上がり、気分が悪いと低下する。このことは臨床研究でも明らかになっていますが、実は、こんな当たり前のことが、医療の世界では、これまでまったく顧みられてきませんでした。

認知力を上げるためには、体調を改善し、気分よく過ごすことが最優先なのです。

「水分補給」だけで異常行動が減った!

竹内先生は、認知症患者の体調をよくし、問題行動を改善させるために、さまざまな試みをしてきました。そこで行き着いたのが、「水」の問題でした。

人間は、体に水分が足りなくなると、覚醒水準(脳の活動状態)が低くなりますが、高齢になると、さらにその度合いは強くなります。

例えば、65歳で体重50kgの人が、体の水分量の1~2%、わずか250~500mlの水分が欠乏しただけで、意識障害を起こすこともあるのです。

ちなみに、体の水分量の3%が欠乏すると、脳梗塞の危険性が高まり、7%の欠乏では、叫覚、幻聴、意識の混濁が起こるとされています。

実際に、複数の特別養護老人ホームで一定期間観測したところ、「たっぷり水分補給を行う」老人ホームは、「水分補給を優先していない」老人ホームに比ベて、認知症患者の夜間の異常行動が極端に少なかった、ということがわかりました。

水分補給の効果は、比較的早く見られるのが特長です。

夜、興奮して歩き回ることが続いた認知症の男性に、日中、水分を十分取ってもらったところ、その翌日には症状が治まり問題行動が減った、という例がいくつもあります。

竹内先生は、認知症の改善には、1日に1・5リットルの水を取ることをお勧めしています。朝、起きがけにコップに1杯。食間や食後はもちろん、小まめに水分を取ることが肝心です。水だけでなく、お茶や麦茶でもいいでしょう。

記憶に関する改善が顕著に現れた

たくさん水分を取ると、頻尿が心配されるかもしれません。頻尿によって問題行動が増え、熟睡できず、体調が悪化することを懸念されるのでしょう。しかし、その心配は無用です。

水をたっぷり飲むことで、睡眠レベルが深くなり、熟睡度を高める、という効果があるのです。内臓の機能を支配する自律神経のうち、副交感神経(心身をリラックスさせる神経)が優位になり、排尿が抑制されるからです。

それまで、夜中に10回以上トイレに起きていた70代の認知症の男性が、1日に1・5リットル、水を飲むようにしたところ、トイレに起きる回数が0~1回に減った例もあります。記憶力や理解力も上がり、身の周りのことができるようになっています。

また、九州のある市で行われた調査では、認知症患者に、介護者が水をよく飲ませることを心掛けた結果(半年間)、認知症の周辺症状の約96%が改善したという報告があります。特に、記憶に関する改善が顕著に現れたのが特長です。

これからは、認知症の治療法が根本から変わるはずです。「認知症は水で治る」と言っても過言ではありません。ただし、心不全や腎不全の可能性がある場合は、注意が必要です。かかりつけの医師に相談した上で始めてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …

脳の活性化にお勧めの調理油は「オリーブ油」「ゴマ油」「コメ油」

神経毒が発生しにくい3つの油 以前から健脳油として紹介しているアマニ油は、脳の健康増進に役立つものの熱に弱いため、加熱調理には適さないと述べました。では、揚げ物や妙め物などの加熱調理では、どんな油を使 …

記憶にかかわる神経伝達物質を増やして物忘れを防止する「ニンニク油」

刺激臭の成分が変化して健康効果を発揮 古くから世界中で健康増進に活用されてきた万能野菜といえば、多くの人がニンニクを思い浮かべるでしょう。 ニンニクの健康効果の中で、特に知られているのが抗ガン作用です …

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その2

8:疑い深くなる 性格が変わったように疑い深くなるのも、アルツハイマー病の特徴。お金を盗られるのではないかと、お財布や預金通帳を隠したり、何度も銀行へ行って預金残高を確認したりする人もいます。傷つけな …

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …