最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

「たっぷり水分補給を行う」だけで認知症が改善していく

投稿日:

「脳の萎縮説」は間違い

国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁先生は、長年医師の立場から、介護の世界を見てきました。一般に認知症は、脳に病変や萎縮が見られる「脳の病気」だといわれています。しかし、かれこれ40年以上、認知症とかかわってきた竹内先生の経験からいうと、認知症は脳の病気ではない、ということが断言できます。

確かに、認知症の人の脳を調べると、萎縮が見られることがあります。ですが、萎縮というものは通常の老化現象で、年を取れば、ほとんどの人に認められるものなのです。

認知症を「脳の病気」という一側面からだけ見てしまうと、認知症という病気の全体像を見失ってしまいます。

では、認知症を引き起こす原因は何か。それは、以下の四つに分類することができます。

①脳の加齢による変化

②社会的な要因

③心理的な要因

④身体的な要因

体調を改善し、気分よく過ごすことが最優先

脳の加齢による変化とは、先述した通常の老化現象です。社会的な要因とは、転居や退職といった環境の変化。心理的な要因とは、死別や一人暮らしといった孤独感の増大。身体的な要因とは、病気や痛みといった体調の悪化を指しています。

特に竹内先生が注目しているのが、④の身体的な要因です。

高齢者に限らず、人間は体調がいいと気分がよくなります。そして、気分がよいときは認知力(理解力、判断力、記憶力)が上がり、気分が悪いと低下する。このことは臨床研究でも明らかになっていますが、実は、こんな当たり前のことが、医療の世界では、これまでまったく顧みられてきませんでした。

認知力を上げるためには、体調を改善し、気分よく過ごすことが最優先なのです。

「水分補給」だけで異常行動が減った!

竹内先生は、認知症患者の体調をよくし、問題行動を改善させるために、さまざまな試みをしてきました。そこで行き着いたのが、「水」の問題でした。

人間は、体に水分が足りなくなると、覚醒水準(脳の活動状態)が低くなりますが、高齢になると、さらにその度合いは強くなります。

例えば、65歳で体重50kgの人が、体の水分量の1~2%、わずか250~500mlの水分が欠乏しただけで、意識障害を起こすこともあるのです。

ちなみに、体の水分量の3%が欠乏すると、脳梗塞の危険性が高まり、7%の欠乏では、叫覚、幻聴、意識の混濁が起こるとされています。

実際に、複数の特別養護老人ホームで一定期間観測したところ、「たっぷり水分補給を行う」老人ホームは、「水分補給を優先していない」老人ホームに比ベて、認知症患者の夜間の異常行動が極端に少なかった、ということがわかりました。

水分補給の効果は、比較的早く見られるのが特長です。

夜、興奮して歩き回ることが続いた認知症の男性に、日中、水分を十分取ってもらったところ、その翌日には症状が治まり問題行動が減った、という例がいくつもあります。

竹内先生は、認知症の改善には、1日に1・5リットルの水を取ることをお勧めしています。朝、起きがけにコップに1杯。食間や食後はもちろん、小まめに水分を取ることが肝心です。水だけでなく、お茶や麦茶でもいいでしょう。

記憶に関する改善が顕著に現れた

たくさん水分を取ると、頻尿が心配されるかもしれません。頻尿によって問題行動が増え、熟睡できず、体調が悪化することを懸念されるのでしょう。しかし、その心配は無用です。

水をたっぷり飲むことで、睡眠レベルが深くなり、熟睡度を高める、という効果があるのです。内臓の機能を支配する自律神経のうち、副交感神経(心身をリラックスさせる神経)が優位になり、排尿が抑制されるからです。

それまで、夜中に10回以上トイレに起きていた70代の認知症の男性が、1日に1・5リットル、水を飲むようにしたところ、トイレに起きる回数が0~1回に減った例もあります。記憶力や理解力も上がり、身の周りのことができるようになっています。

また、九州のある市で行われた調査では、認知症患者に、介護者が水をよく飲ませることを心掛けた結果(半年間)、認知症の周辺症状の約96%が改善したという報告があります。特に、記憶に関する改善が顕著に現れたのが特長です。

これからは、認知症の治療法が根本から変わるはずです。「認知症は水で治る」と言っても過言ではありません。ただし、心不全や腎不全の可能性がある場合は、注意が必要です。かかりつけの医師に相談した上で始めてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回 はカレーを食べていることになります。 カレーには少なくとも …

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

絵の素人でも手軽に始められる 「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。 かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が …

「足の裏マッサージ」が脳を活性化し物忘れやボケを防止する

運動がボケ予防に役立つ 物忘れを防止する健康法をご紹介しましょう。「足の裏マッサージ」です。 ウオークマットという板があります。これは、直径5cmくらいの突起物が多数ついた板です。 この上を歩くと、足 …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …