最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

コーヒーを飲んで物忘れ防止!中性脂肪や悪玉コレステロールも減らせる!

投稿日:

一日3~4杯飲めば発症リスクが65%減

食後にコーヒーが欠かせないコーヒー党の人は、すでに認知症の予防に取り組んでいるといえるかもしれません。というのも、コーヒーの香り成分であるカフェインには、物忘れ防止などの脳の活性化作用が認められているからです。

フィンランド・クオピオ大学の研究グループは、約1400人の高齢者を対象に21年間にわたる追跡調査を行っています。その結果、コーヒーを一日3~4杯飲んでいる人は、2杯以下の人に比べてアルツハイマー病や脳血管性認知症の発症リスクが65%も低下していたそうです。

また、埼玉医科大学の森隆准教授らは、アルツハイマー病のマウスを、カフェインを与えたグループと与えなかったグループに分けて比較しました。

すると、カフェインを与えたグループの脳には、アルツハイマー病に特有のアミロイドβという物質の沈着が少なく、もう一方のグループの5割程度に抑えられていたほかに、記憶力の低下も緩やかだったといいます。

生活習慣病も予防する

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノール(植物の色素や苦味成分)も含まれており、これが認知症の予防に一役買っています。

クロロゲン酸には、糖新生(炭水化物以外から体内で糖を作り出すこと)を防いだり、インスリン(血糖の調節をするホルモン)の新鮮を活発にして血糖値の上昇を抑えたりする働きがあります。

そのほかにも、肝臓に蓄積された中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きが実証されているため、糖尿病や脂質異常症(血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が異常に増えた状態)の予防・改善にも役立つといえるでしょう。

近年、糖尿病や脂質異常症は、アルツハイマー病の重大原因と考えられているため、生活習慣病が気になる人には食後のコーヒーがすすめられます。ただし、飲みすぎるとカフェインで胃が荒れる恐れもあるので、一日3~4杯を目安に飲むといいでしょう。

一方、クロロゲン酸は熱に弱い性質があり、深煎りしたコーヒー豆には十分な量が含まれていません。最近はクロロゲン酸を濃縮した生コーヒー豆エキスがドラッグストアや通信販売で市販されているので、そのような食品を利用するのも便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

クルミの産地の長野県は長寿県 中高年になると、誰でも物忘れや記憶力の低下が気になるものです。 こうした脳の働きの衰えを予防する食品として、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、ナッツをお勧めしていま …

体の免疫力が上がり、物忘れも防止する「酢タマネギ」の作り方と活用法

5日ほど漬ければ食べごろになる 今、物忘れ防止の食品として、大人気となっている「酢タマネギ」は、誰でも簡単に手作りできます。その基本的な作り方を説明しましょう。 まず、保存容器として密閉できる広口ビン …

レシチンこそ脳を活気づけて物忘れもウツも認知症も防ぐ驚くべき栄養素

レシチンは細胞に栄養を送る細胞膜の主成分 1840年代に、フランスの化学者によって、卵の黄身から「レシチン」という成分が発見されました。レシチンは、リン脂質(リンを含んだ脂質)の代表的なもので、ホスフ …

物忘れが多くなってきたら、脳を若々しく保つ「大豆セリン」がおすすめ

神経細胞の膜を柔軟に保つ成分 脳の活性化に役立つとわかった栄養にはさまざまなものがありますが、最近注目を集めているのが脳の神経細胞の若返り効果が期待できる「ホスファチジルセリン」です。 ホスファチジル …

「たっぷり水分補給を行う」だけで認知症が改善していく

「脳の萎縮説」は間違い 国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁先生は、長年医師の立場から、介護の世界を見てきました。一般に認知症は、脳に病変や萎縮が見られる「脳の病気」だといわれています。しかし、かれこ …