最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 脳を活性化 認知症対策

「ヤマブシタケ」のアルツハイマー病に対する有効性が実験で明らかに

投稿日:

神経細胞を活性化させる物質が増加

アルツハイマー病の研究が進む中、その発病と進行を抑える働きが期待できる食品として「ヤマブシタケ」が注目を集めています。

ヤマブシタケは、クヌギ・クルミ・シイなどの樹幹や倒木に生える食用キノコで、山伏の装束の胸についている丸い飾りに似ていることから、その名がつきました。

アルツハイマー病に対する有効性は、静岡大学の河岸洋和教授と岐阜薬科大学の古川昭栄教授によって確認されています。河岸教授らは、ヤマブシタケの中にヘリセノン、エリナシンといった成分を発見し、これらがNGF(神経成長因子)という物質の分泌を促した結果、脳の神経細胞が増殖することを突き止めたのです。

実際に、ヘリセノンやエリナシンを痴呆状態にしたマウスに与えたところ、記憶力や学習能力の向上が見られました。この試験結果から、ヤマブシタケにはアルツハイマー病の進行を抑える可能性があると推測されています。

意欲や自立性が増し要介護度も改善した

浴風会病院(東京都杉並区)でも、ヤマブシタケの栄養補助食品を使った試験を行っています。試験では、アルツハイマー病の患者さん21人(平均年齢75.5歳)に、朝食時と夕食時に1.5gずつ(一日合計3g)のヤマブシタケを3カ月問とってもらいました。

その結果、意欲低下・無関心・自発性低下・ウツ状態・幻覚・異常行動・徘徊などアルツハイマー病の周辺症状の改善が、21人中14人(66.7%)に認められました。もちろん、ヤマブシタケを摂取した全員に副作用はなく、便秘や下痢など消化機能の改善効果も認められています。

また、宏愛会第二リハビリテーション病院(群馬県桐生市)では、アルツハイマー病や脳血管性認知症の患者さん7人に、ヤマブシタケ入りのみそ汁や煮物を半年にわたって食べてもらう試験を行いました。すると、7人全員に意欲や自立性の向上が見られたほか、症状が進行している3人も要介護度が5から4に改善したそうです。

ヤマブシタケの味は淡白なので、みそ汁やお吸い物の具としてとったほうが食べやすく食感も楽しめるでしょう。

なお、最近は粉末状の栄養補助食品も市販されているので、手軽に摂取したい場合は、こうしたものを利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 脳を活性化, 認知症対策

執筆者:

関連記事

不眠・だるさ・イライラに悩まされるようになったが低分子レシチンで2か月で解消

食事はスーパーの総菜ですますようになった 神奈川県に住む金沢裕子さん(仮名・47歳・主婦)は、昨年の11月に一人でナチュラルクリニック代々木に来院しました。 金沢さんは、45歳のころから寝つきが悪く、 …

楽器演奏、編み物、陶芸など、手先を使うと脳が刺激される

前頭葉、頭頂葉を刺激する 最近、頭の回転が鈍ってきたな、という人には、指先をたくさん使うことをおすすめします。 手や指先を動かすと、脳の運動中枢の広い領域が働きます。人の手や指は、触覚や痛覚など、たく …

認知症はMCIの段階で対処すれば、進行を食い止める事ができる

認知症は生活習慣病の一つ 日本人の認知症の8割は80歳以上の高齢者です。しかも、その4分の3は女性です。理由は明白で、女性のほうが長生きだからです。 認知症は、加齢と密接にリンクしているだけでなく、高 …

認知症や物忘れの予防や改善に効果的な食品が報告されています

多品目の食品をとる人ほど認知症・物忘れと無縁 アルツハイマー病や脳血管性認知症の発病には、老化や遺伝、生活習慣病、ストレス、飲酒、喫煙などの要因があげられますが、これまでの研究で特に関与が疑われている …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …