最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 脳を活性化 認知症対策

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

投稿日:11月 20, 2017 更新日:

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する

カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回
はカレーを食べていることになります。

カレーには少なくとも5種類から数十種類の香辛料が使われており、その中でも欠かせないのが、黄色の色づけと独特の風味のもとになっているウコン(ターメリック)です。実は、このウコンの色素成分にアルツハイマー病の予防効果が見つかっています。

アルツハイマー病の脳には、老人斑と呼ばれるシミがあちこちに浮き出てきます。

老人斑はアミロイドβという異常なたんばく質が線維化して神経細胞に沈着することで起こり、老人斑が出た部分の神経細胞は死滅します。

ところが、ウコンの色素成分であるクルクミンには、アミロイドβの沈着を抑えて神経細胞の死滅を防ぐ働きがあるのです。金沢大学の山田正仁教授がアミロイドβを含む溶液にクルクミンを加えて観察したところ、アミロイドβが分解して線維化も大幅に抑えられたと報告しています。

また、マウスを使った実験でも、クルクミンを与えたマウスは老人斑の発生が30%も減少していました。

クルクミンによる神経細胞の保護作用は、海外の研究でも発表されているため、カレーなどのウコン食品をとることは、アルツハイマー病予防に有効だといえるでしょう。

ウコン粉末を料理にかけてとってもいい

では、カレーからクルクミンを摂取する場合、どれくらいの量を食べればアルツハイマー病の予防効果が期待できるのでしょうか。

これまでの研究結果をまとめると、クルクミンの摂取目安量は一日当たり約30mgになります。これはカレー一食でほぼ補える量ですが、市販のカレールーには塩分や脂肪分が多く、ライスには糖質が多く含まれていることから高血圧や糖尿病も心配です。

そこで、ウコン粉末を多めに複数の香辛料を調合し、カレー粉から手作りすることをおすすめします。

市販のカレールウを使うときも必要量の半分に減らし、不足分をウコン粉末やニンニク、ショウガ、タマネギ、野菜ジュースなどで補い、異材も椚聖采をふんだんに使ったベジタブルカレーなら塩分や脂肪分の過剰摂取が防げるでしょう。

とはいえ、いくらカレー好きな日本人でも毎日食べつづけるのは現実的ではありません。その場合は、ウコンの粉末をスープや妙め物、ヨーグルトなどに小さじ一杯(2~3g)かけたり、ウコンの栄養補助食品をとったりしてクルクミンを補給する方法もあります。

しかし、肝臓病の人や妊娠中の人、高血圧や糖尿病の薬を服用している人は、ウコンの摂取によって副作用が出る恐れもあるので、必ず医師に相談してください。

サフランの色素成分にも健脳効果がある

カレーライスにするときは、ご飯をサフランライスにすると、サフランの健脳効果も期待できます。サフランはアヤメ科の植物で、主にめしべの部分が黄色い色づけの香辛料として使われています。

サフランのめしべには「クロシン」という色素成分が含まれており、神経細胞を活性化して睡眠障害や物忘れを改善する働きがあるのです。名古屋市立大学で行われた不眠症に対する試験でも、サフランを摂取した患者さん23人の約9割に不眠症の改善効果が現れています。

サフランをひとつまみ入れて炊き上げたサフランライスを使えば、アルツハイマー病を予防するカレーの働きは、いっそう高まりやすくなるといえそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 脳を活性化, 認知症対策

執筆者:

関連記事

アマニ油のおかげで物忘れをする回数が減って体が軽くなった

難解なパズル問題がスラスラ解けるようになった奈良県 52歳 主婦の方の体験談です。 ドレッシング代わりに生野菜にかけた アルツハイマー型認知症になった母が82歳で亡くなるまで、私は10年以上も介護を続 …

音楽療法で心身がリラックスすれば、目の健康維持に役立ち、脳の活性化にもつながる

ハーバード大学で音楽療法を知った 脳を活性化させる高周波音(高い音域の音)を聴く音楽療法は、物忘れやウツ、ストレス過多などの解消に有効であることがわかり、世界中で研究が進んでいます。 埼玉県大宮市にあ …

認知症患者に2週間後には効果が表れた「脳を活性化するハーブ」

一日じゅうシクシク泣いていた 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、その …

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …