最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

世界も注目している納豆の脳活性化作用

投稿日:

血栓溶解作用は8~12時間も持続する

30数年前、米国のシカゴ大学で研究に取り組んでいた、倉敷芸術科学大学教授の須見洋行先生は、ふとした思いつきから納豆のネバネバを調べるようになり、実験を積み重ねるうちにナットウキナーゼという酵素(体内の化学反応を助ける物質)を発見しました。

それ以来、須見先生は、ナットウキナーゼをはじめとする納豆の成分について研究を続けた結果、これらの成分はさまざまな病気に対して優れた予防・改善効果を発揮することがわかったのです。

とりわけ認知症の予防に効果的なのは、血栓を溶かす働きです。認知症の中で約三割を占めている脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血が直接の原因で、血栓が脳の血管につまったり、血管を損傷させたりすることが発端になります。

ナットウキナーゼには、この血栓を溶かして脳の血流を促す働きがあるため、ふだんから納豆を食べるようにすれば、脳血管性認知症の引き金になる脳梗塞や脳出血も予防できると考えられるのです。

実際に、ナットウキナーゼの血栓溶解作用は、ウロキナーゼという脳梗塞や心筋梗塞の治療薬より強力で、しかも納豆を一パック(約50g)とれば血栓溶解作用は8~12時間も持続することがわかっています。

そして、脳梗塞は午前3~4時に多発することを考え合わせると、納豆を夕食時にとっておくのが最も効果的といえるでしょう。

神経伝達物質の材料になる成分も含む

認知症の過半数を占めているアルツハイマー病に対しても、ナットウキナーゼは有望な治療薬になる可能性を秘めています。

アルツハイマー病は、脳の神経細胞に沈着するアミロイドβが原因物質だと考えられていますが、このアミロイドβの分解作用が米国や台湾の研究でナットウキナーゼに認められたからです。

今後、人を対象にした試験でもアミロイドβの分解作用が確認されれば、アルツハイマー病の治療に大きな一石を投じることになるでしょう。

納豆の働きは、それだけではありません。納豆にはレシチンという脂質も含まれており、神経伝達物質(脳の神経細胞の問で情報をやり取りする物質)の一種であるアセチルコリンの材料になります。

アセチルコリンは学習・記憶・睡眠に深くかかわり、アルツハイマー病の人は脳内でアセチルコリンが不足しているといわれています。そこで、アセチルコリンの材料になるレシチンを積極的に補うこともアルツハイマー病の予防に有効と考えられるのです。

レシチンの脳活性化作用は米国の国立精神健康協会によって報告されており、レシチンを多く摂取している人は、そうでない人に比べて記憶力が約25%も向上していたとのことです。

加熱調理をしないで常温のまま食べよう

認知症を防ぐ栄養として、ビタミンB群の一種である葉酸も注目を集めています。アルツハイマー病の特徴の一つに、血液中のホモシステイン(アミノ酸の一種)が高濃度になる高ホモシステイン血症があげられますが、葉酸にはホモシステインを分解する働きがあるのです。

米国の調査でも、葉酸を多く摂取している人はアルツハイマー病の発症リスクが半減すると報告されていることから、ホウレンソウ・ブロッコリー・アスパラガスなどの野菜、鶏・牛・豚のレバー、それに納豆といった葉酸の多い食品を日ごろからとるようにしましょう。納豆の場合、一パックで葉酸が一日の摂取推奨量の約半分を補えます。

また、ナットウキナーゼをはじめとする納豆の有効成分は熱に弱く、高温で調理すると壊れやすいので、納豆ご飯や納豆巻き、マグロ納豆など常温で調理して食べることをおすすめします。

なお、抗血栓薬のワーフアリンを服用している人は、納豆に含まれているビタミンKによって薬の効果が弱まりやすいので、納豆を食べるのは控えてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

「納豆とアマニ油」は最強の物忘れ予防食

納豆は日本が誇る物忘れ予防食 物忘れの予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さん …

オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

メモなしでスーパーの買い物ができるようになった北海道 60歳 主婦の方の体験談です。 狭心症の改善にオキアミ油をとりはじめた 睡眠中にときどき胸が苦しくなって目が覚めるようになったのは、今から10年ほ …

三度の食事と食前の低分子レシチンでひどかった物忘れがよくなった

ご主人が亡くなって物忘れがひどくなった 東京都に住む工藤良子さん(仮名・74歳)は、60代の後半に物忘れがひどくなってしまいました。娘さんによると、夕食の材料を買いに行っても果物だけしか買わなかったり …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …

認知症の治療において薬とともにフェルラ酸食品をとると改善率が上がった

レビー小体型認知症では幻視が目立つ 認知症といっても、いくつかの種類があります。よく知られているのが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でしょう。一般にはあまり知られていませんが、レビー小体型認知 …