最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作

血管拡張の効果のある「片鼻呼吸法」で物忘れやボケを防止

投稿日:11月 2, 2017 更新日:

ヨガでも行われている健康法

脳を活性化し、集中力や記憶力を向上させる、大変有効な健康法があります。それが、今回ご紹介する「片鼻呼吸法」です。

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だlナで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。健康法に詳しいアナウンサーの生島ヒロシさんも、この片鼻呼吸法を実行しているということを、以前に聞いたことがあります。

そのやり方は、とても簡単です。

まず、右の鼻の穴を指で押さえ、口を閉じて、左の鼻の穴からゆっくりと呼吸します。このとき右の鼻の穴は押さえたままにしてください。大きくゆっくりと10回くり返し呼吸します。

次に、左の鼻の穴を押さえ、同様に10回呼吸してください。

これを1日に1セット、できれば朝起きたときに、行うようにするといいでしょう。

毎日、こうして片鼻呼吸を続けていると、物忘れや、ボケを防ぐことができます。では、片鼻呼吸には、どうしてそのような優れた効果があるのでしょうか。

一酸化窒素がカギ

この呼吸法において、重要な役割を担っているのが、一酸化窒素です。

一酸化窒素というと、皆さんはあまりいい印象を持たないかもしれません。確かに、一酸化窒素は自動車の排気ガスなどに含まれており、光化学スモッグや酸性雨の原因にもなっていることから、どうしても有害物質という悪いイメージがあるようです。

しかし、一酸化窒素は、私たちの健康にとって、とても有効な面を持っています。もう20年以上も前に、一酸化窒素には、血管の筋肉をリラックスさせ、血管を拡張する作用があることが証明されました。

一酸化窒素は、体のいろいろなところで作られて、利用されています。例えば、血管の内皮細胞では常時作られ、血管のコントロールに利用されているのです。

近年、鼻の粘膜でも一酸化窒素が作られることがわかりました。そして、口を閉じて鼻呼吸することで、その産生と体内への吸収を促すことができます。特に、効率的に鼻粘膜での一酸化窒素の産生を促すのが、片鼻呼吸というわけです。

片鼻呼吸をすると、一酸化窒素が鼻の穴にため込まれ、鼻の粘膜から吸収されやすくなります。そして、吸収された一酸化窒素は、毛細血管を通って、脳に到達するのです。

脳に送り込まれると、一酸化窒素は、脳の血管を拡張し、血流促進に働きかけます。その結果、脳が活性化されます。

→「片鼻呼吸法」は物忘れ防止以外にもさまざまな健康効果が

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

楽しく歩ける「ひらめきウオーキング」で脳の海馬の神経細胞を増やし物忘れを防止

認知症予防には毎日の運動が重要 誰しも、年を重ねると物忘れが増えてきます。これは、ひと言で言えば脳の老化です。 脳の老化の主な原因は、脳細胞の衰えです。脳細胞は、加齢とともにどんどん減っていきます。す …

物忘れが減る!軽度認知障害も改善する「本山式脳活体操」

普通に生活できるまでに回復した例も 総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生が、まず皆さんにお伝えしたいのは、認知症は改善する。少なくとも、その手前のMCI(軽度認知障害)の段階なら、治る可能 …

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

鼻の横を押すと脳の血流を高め、認知症や、パーキンソン病が改善する

花粉症がきっかけで発見された「未知のツボ」 「鼻の横を軽く押すだけで、病気が治ります」 萩原カイロプラクティック院長で脳リハビリ医学研究所所長の萩原秀紀先生が、患者さんにそう言うと、たいていの人は驚き …

脳を活性化する筋トレで若年性アルツハイマーが劇的に改善

脳活スクワットで感覚神経がよみがえり若年性アルツハイマーがよくなった東京都 56歳 会社員 男性の方の体験談です。 運転中に逆走したり馴染みの道で迷ったり 「若年性アルツハイマーです」。 近隣の総合病 …