最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作

血管拡張の効果のある「片鼻呼吸法」で物忘れやボケを防止

投稿日:11月 2, 2017 更新日:

ヨガでも行われている健康法

脳を活性化し、集中力や記憶力を向上させる、大変有効な健康法があります。それが、今回ご紹介する「片鼻呼吸法」です。

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だlナで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。健康法に詳しいアナウンサーの生島ヒロシさんも、この片鼻呼吸法を実行しているということを、以前に聞いたことがあります。

そのやり方は、とても簡単です。

まず、右の鼻の穴を指で押さえ、口を閉じて、左の鼻の穴からゆっくりと呼吸します。このとき右の鼻の穴は押さえたままにしてください。大きくゆっくりと10回くり返し呼吸します。

次に、左の鼻の穴を押さえ、同様に10回呼吸してください。

これを1日に1セット、できれば朝起きたときに、行うようにするといいでしょう。

毎日、こうして片鼻呼吸を続けていると、物忘れや、ボケを防ぐことができます。では、片鼻呼吸には、どうしてそのような優れた効果があるのでしょうか。

一酸化窒素がカギ

この呼吸法において、重要な役割を担っているのが、一酸化窒素です。

一酸化窒素というと、皆さんはあまりいい印象を持たないかもしれません。確かに、一酸化窒素は自動車の排気ガスなどに含まれており、光化学スモッグや酸性雨の原因にもなっていることから、どうしても有害物質という悪いイメージがあるようです。

しかし、一酸化窒素は、私たちの健康にとって、とても有効な面を持っています。もう20年以上も前に、一酸化窒素には、血管の筋肉をリラックスさせ、血管を拡張する作用があることが証明されました。

一酸化窒素は、体のいろいろなところで作られて、利用されています。例えば、血管の内皮細胞では常時作られ、血管のコントロールに利用されているのです。

近年、鼻の粘膜でも一酸化窒素が作られることがわかりました。そして、口を閉じて鼻呼吸することで、その産生と体内への吸収を促すことができます。特に、効率的に鼻粘膜での一酸化窒素の産生を促すのが、片鼻呼吸というわけです。

片鼻呼吸をすると、一酸化窒素が鼻の穴にため込まれ、鼻の粘膜から吸収されやすくなります。そして、吸収された一酸化窒素は、毛細血管を通って、脳に到達するのです。

脳に送り込まれると、一酸化窒素は、脳の血管を拡張し、血流促進に働きかけます。その結果、脳が活性化されます。

→「片鼻呼吸法」は物忘れ防止以外にもさまざまな健康効果が

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

指先を動かすことで脳が刺激される 単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。 ところが、スポーツクラブやヨガ …

両手で数字を書く手の指体操は、記憶力を高めて物忘れ・ど忘れを解消する

  手を動かして脳に刺激を与えることが重要 昔から「手は第二の脳」といわれていて、手の指をよく動かす人は、年を取っても脳が若々しく、認知症とは無縁であるとされてきました。 手と脳の関係を示す …

MCI(軽度認知障害)は「本山式筋力トレーニング」で改善する

認知症でも治る可能性がある 今、予備軍も含めると、65歳以上の4人に一人が認知症に該当すると言われています。認知症になると、ご本人も家族も隠したがります。一度かかると治らないと思っているからではないで …

普段から手や指を動かすことは、脳を活性化する有効な手段

脳の活動を外から観察する画像装置 自治医科大学付属病院副院長の渡辺英寿先生は脳神経外科医として治療に携わる一方、医療機器の開発・研究にもカを注いできました。 その成果の一つが、1995年に開発した光ト …