最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

EPAが豊富な青魚が脳の老化防止に役立つ

投稿日:

レシチンは記憶する機能にかかわる

脳の健康維持に欠かせない成分の一つが脂肪酸(脂肪の成分)の一種であるEPAです。

EPAは人の体内ではほとんど合成することができないため、健康を維持するために食事から取らなければならない「必須脂肪酸」の一つとされています。

EPAは主に魚に含まれ、白身魚より青魚に豊富です。においが強く、調理用の油として使うことはできないため、魚から補給します。

ただし、EPAはとても酸化しやすいので、魚の鮮度には注意が必要です。また、魚が食べてきたエサの種類によってEPAの含有量が大きく異なるので、できれば養殖より天然物を選ぶようにしましょう。

EPAの主要な働きは、血液の粘度を下げて血行を改善することです。血行がよくなれば酸素や栄養がしっかり供給されるようになるため、豊富な血流を必要とする脳の老化防止に役立ちます。

さらに、レシチンやコレステロールといった脂質とともに細胞膜の構成成分としても使われます。脳の神経細胞はとても複雑を形をしていますが、この形を保つためには、しなやかな細胞膜が必要。EPAなどの脂質は、細胞膜を柔らかくするために欠かせない成分なのです。

また、レシチンは神経伝達物質の一種であるアセチルコリンの材料でもあります。アセチルコリンはシナプス(脳の神経細胞間のつなぎ目)で情報を伝えるほか、記憶する機能にもかかわりが深いといわれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

動脈硬化を防ぐのに役立ち、物忘れも防止する「酢タマネギ療法」

脳卒中や物忘れを招く脳血管の衰え ある健康雑誌で、耳鳴り・難聴などの予防・改善にいいと紹介された「酢タマネギ療法」が、大きな反響を集めています。 酢タマネギ療法とは、酢に漬けた薄切りのタマネギ(酢タマ …

コーヒーを飲んで物忘れ防止!中性脂肪や悪玉コレステロールも減らせる!

一日3~4杯飲めば発症リスクが65%減 食後にコーヒーが欠かせないコーヒー党の人は、すでに認知症の予防に取り組んでいるといえるかもしれません。というのも、コーヒーの香り成分であるカフェインには、物忘れ …

1日にお茶を3杯飲めば、記憶力が向上!物忘れを防止できる

緑茶そのものが認知症に効くか 全国のお茶の40%を生産する日本一の産地であり、消費量も日本一多い静岡県では、緑茶の健康効果に関する研究が盛んに行われています。 静岡県立大学薬学部教授・神経内科医師の山 …

脳血管が若返ってしなやかになり、高血圧や高血糖とは無縁になる「酢タマネギ療法」

血液を浄化するタマネギと酢の効用 このように、酢タマネギ療法を行えば、血液をサラサラにする特効成分を効率よく摂取でき、血液や血管の状態が速やかに改善されて、脳卒中や認知症を未然に防げるわけです。 元東 …

物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

クルミの産地の長野県は長寿県 中高年になると、誰でも物忘れや記憶力の低下が気になるものです。 こうした脳の働きの衰えを予防する食品として、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、ナッツをお勧めしていま …