最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

EPAが豊富な青魚が脳の老化防止に役立つ

投稿日:

レシチンは記憶する機能にかかわる

脳の健康維持に欠かせない成分の一つが脂肪酸(脂肪の成分)の一種であるEPAです。

EPAは人の体内ではほとんど合成することができないため、健康を維持するために食事から取らなければならない「必須脂肪酸」の一つとされています。

EPAは主に魚に含まれ、白身魚より青魚に豊富です。においが強く、調理用の油として使うことはできないため、魚から補給します。

ただし、EPAはとても酸化しやすいので、魚の鮮度には注意が必要です。また、魚が食べてきたエサの種類によってEPAの含有量が大きく異なるので、できれば養殖より天然物を選ぶようにしましょう。

EPAの主要な働きは、血液の粘度を下げて血行を改善することです。血行がよくなれば酸素や栄養がしっかり供給されるようになるため、豊富な血流を必要とする脳の老化防止に役立ちます。

さらに、レシチンやコレステロールといった脂質とともに細胞膜の構成成分としても使われます。脳の神経細胞はとても複雑を形をしていますが、この形を保つためには、しなやかな細胞膜が必要。EPAなどの脂質は、細胞膜を柔らかくするために欠かせない成分なのです。

また、レシチンは神経伝達物質の一種であるアセチルコリンの材料でもあります。アセチルコリンはシナプス(脳の神経細胞間のつなぎ目)で情報を伝えるほか、記憶する機能にもかかわりが深いといわれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

脳の疲れによる物忘れは1日1.5リットルの水のみで改善できる

水飲みで認知症の症状がめっきり減った 年とともに忘れっぼくなる人はおおぜいいます。この原因は、水分の摂取不足による脳疲れ、いわゆる意識力の低下にあるかもしれません。 こう考えられる理由として紹介したい …

認知症や物忘れの予防や改善に効果的な食品が報告されています

多品目の食品をとる人ほど認知症・物忘れと無縁 アルツハイマー病や脳血管性認知症の発病には、老化や遺伝、生活習慣病、ストレス、飲酒、喫煙などの要因があげられますが、これまでの研究で特に関与が疑われている …

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …

チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

  チョコを食べる国ほどノーベル賞受賞者が多い 「スイスやデンマークなど、チョコレートをたくさん食べる国ほどノーベル賞受賞者の数が多い」 そんなユニークな調査結果が2014年に発表されました …

物忘れの防止に役立つ「アマニ油」でドロドロ血液も解消

世界中で注目を集めるα-リノレン酸 前の記事では、食事でとりすぎているリノール酸が、動脈硬化を進行させる一因であることを説明しました。 そうした過剰なリノール酸の害を打ち消す切り札が、α-リノレン酸で …