最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

EPAが豊富な青魚が脳の老化防止に役立つ

投稿日:

レシチンは記憶する機能にかかわる

脳の健康維持に欠かせない成分の一つが脂肪酸(脂肪の成分)の一種であるEPAです。

EPAは人の体内ではほとんど合成することができないため、健康を維持するために食事から取らなければならない「必須脂肪酸」の一つとされています。

EPAは主に魚に含まれ、白身魚より青魚に豊富です。においが強く、調理用の油として使うことはできないため、魚から補給します。

ただし、EPAはとても酸化しやすいので、魚の鮮度には注意が必要です。また、魚が食べてきたエサの種類によってEPAの含有量が大きく異なるので、できれば養殖より天然物を選ぶようにしましょう。

EPAの主要な働きは、血液の粘度を下げて血行を改善することです。血行がよくなれば酸素や栄養がしっかり供給されるようになるため、豊富な血流を必要とする脳の老化防止に役立ちます。

さらに、レシチンやコレステロールといった脂質とともに細胞膜の構成成分としても使われます。脳の神経細胞はとても複雑を形をしていますが、この形を保つためには、しなやかな細胞膜が必要。EPAなどの脂質は、細胞膜を柔らかくするために欠かせない成分なのです。

また、レシチンは神経伝達物質の一種であるアセチルコリンの材料でもあります。アセチルコリンはシナプス(脳の神経細胞間のつなぎ目)で情報を伝えるほか、記憶する機能にもかかわりが深いといわれています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

かなり無気力な状態になった認知症がフェルラ酸食品で回復

迷子になることが頻繁にあった 女性のBさんは、平成25年5月、家族に連れられて名古屋フォレストクリニックを来院しました。 Bさんは外出先で自分がどこにいるのかわからなくなって迷子になることが頻繁にあり …

オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

メモなしでスーパーの買い物ができるようになった北海道 60歳 主婦の方の体験談です。 狭心症の改善にオキアミ油をとりはじめた 睡眠中にときどき胸が苦しくなって目が覚めるようになったのは、今から10年ほ …

酢タマネギ療法のおかげで脳の若返りを実感できた

父親が認知症になりボケるのが怖かった 埼玉県の南越谷健身会クリニックでは、高血圧や高血糖の治療の一環として「酢タマネギ療法」をすすめています。酢タマネギ療法を行うと、高血圧・高血糖から、物忘れ・認知症 …

三度の食事と食前の低分子レシチンでひどかった物忘れがよくなった

ご主人が亡くなって物忘れがひどくなった 東京都に住む工藤良子さん(仮名・74歳)は、60代の後半に物忘れがひどくなってしまいました。娘さんによると、夕食の材料を買いに行っても果物だけしか買わなかったり …

記憶にかかわる神経伝達物質を増やして物忘れを防止する「ニンニク油」

刺激臭の成分が変化して健康効果を発揮 古くから世界中で健康増進に活用されてきた万能野菜といえば、多くの人がニンニクを思い浮かべるでしょう。 ニンニクの健康効果の中で、特に知られているのが抗ガン作用です …