最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 物忘れ防止体験談

物忘れが多くなるいっぽうだったが「大豆セリン」のおかげで頭もスッキリ

投稿日:

度重なる物忘れが大豆セリンで激減した静岡県 63歳 主婦の方の体験談です。

買い忘れや置き忘れの頻度が増えた

私は60歳を超えましたが、幸いこれまでひざ痛や腰痛に見舞われることなく、毎日買い物に出かけたり散歩を楽しんだりできています。少し遠くのホームセンターや友人の家に行くときには原付バイクにも乗ります。家族は心配しますが、安全運転を心がけているので事故や違反とも無縁です。

ただ、年とともに少しずつ血圧が高くなってきたので、降圧薬は毎日服用しています。それを除けば、私は健康そのものであるといっていいと思います。

そんな私ですが、やはり体の衰えは出てくるようで、3年くらい前から物忘れが増えてきたのです。買い物に出かけたのに目的の品物を買い忘れて帰ったり、身の回りの物をどこかに置き忘れてなくしたり、降圧薬の服用を忘れたりすることがたびたび起こるようになりました。

ひどいときには今日が何日の何曜日だったのか思い出せないこともありました。

このことを家族に話したところ、認知症を発症したのではないかということになりました。それで、病院で物忘れ外来を受診したのですが、幸いなことにアルツハイマー型認知症などの重大な病気ではないとわかって、ホッとしました。

認知カテストで満点を取れた

とはいえ、物忘れはその後も多くなるいっぽう。家族にも迷惑をかけてしまうと落ち込んでいたときに息子がすすめてくれたのが、大豆セリンの栄養補助食品でした。「大豆セリンは脳の若返りにいいらしいよ」と教えてもらい、せっかくなので試しにとりはじめることにしました。

大豆セリンの効果はすぐに実感できたわけではありません。ただ、息子のすすめてくれたものなので気長に続けてみようと思い、毎日欠かさずとりました。すると、一カ月が過ぎたころには頭がモヤモヤする感じがなくなってきたような気がしてきました。

大豆セリンをとりはじめて二カ月後には、はっきりと効果が感じられました。朝食後の降圧薬の飲み忘れがすっかりなくなり、買い物に出かけたさいに買い忘れをしたり、身の回りの物をなくしたりする頻度も減りました。

また、テレビで見た有名人や古い友人の名前もスッと出てきました。当時の感覚を言葉にするのは難しいですが、頭の中がスッキリと整頓された感じがしていました。この変化に家族も安心したようです。

ちなみに、運転免許の更新で認知カテストを受けたところ、満点を取ることができました。これからも大豆セリンで脳を若々しく保っていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 物忘れ防止体験談

執筆者:

関連記事

「納豆とアマニ油」は最強の物忘れ予防食

納豆は日本が誇る物忘れ予防食 物忘れの予防や改善のために、もっともパワフルな食品は納豆です。ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生は日々、「納豆は日本が生んだ最高の食べ物です!」と、声を大にして患者さん …

物忘れが多くなってきた人にお勧めの「クリルオイル」

老化で記憶の引き出しが開けにくくなって物忘れがひどくなる 「あれ? あの人の名前は何だったっけ」「あれはどこ? あれだよ、あれ」 年を取ると、こんな「あれ」が増えてくるものです。 こうした&#8221 …

物忘れの防止に役立つ「アマニ油」でドロドロ血液も解消

世界中で注目を集めるα-リノレン酸 前の記事では、食事でとりすぎているリノール酸が、動脈硬化を進行させる一因であることを説明しました。 そうした過剰なリノール酸の害を打ち消す切り札が、α-リノレン酸で …

レシチンが手軽にたっぷりとれる一品としておすすめなのは卵がけ納豆

実は脳にとっては不十分 レシチンは、いろいろな食品に含まれています。特に多く含まれるのは、卵黄(黄身の部分)と大豆です。大豆の場合、大豆を原料にした食品であれば、納豆や豆腐、豆乳、みそ、しょうゆなどあ …

50歳の主婦が東大に合格できたのは綿密に組んだ学習スケジュールと手帳の管理

本番に弱い自分と決別するために東大を受験 昨年の春、安政真弓さんが50歳で東京大学に合格したときの心境は、高揚感というよりも「これで負い目なく人生を歩み出せる」という思いでした。 今から30年近く前の …