最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 脳を活性化 認知症対策

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

投稿日:10月 20, 2017 更新日:

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある

脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。

確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねません。脳も、体のほかの臓器と同じように、ケアが必要なのです。

そのために欠かせないのが、脳に十分な血液が行くようにすることです。

一般的に、人間の体内水分量は赤ちゃんで90%、成人で60%といわれています。加齢とともに、水分量が減っていくわけです。

ここで、水がたっぷり入ったコップと、半分くらいしか水が入っていないコップを想像してみてください。半分しか水のないコップの上部には、当たり前ですが、水はありません。

これと同じことが、人間の体に起こっていると考えてみてください。

私たちが立ったり座ったりしているとき、頭は常に体のいちばん上にあります。心臓や血管の力で脳に血液を送ってはいますが、物理的には、十分な血液が確保しにくい位置に、私たちの脳はあるのです。

十分な血液を脳に送るケアを心掛けることが大切

ですから、十分な血液を脳に送るケアを心掛けることが大切で、それが脳の若返りの重要なポイントともなります。

中医学的には、血液とともに、生命エネルギーである「気」を、十分に脳に送るようにすると、よりいっそう脳の若返りを促すことができます。

そこで、血液と気を脳に送り込み、脳の若返りに役立つ気功をご紹介しましょう。

「龍の歩き」という気功で、名前のとおり、龍のイメージで歩きます。

四つん這いになって頭を下げ、手の持と足の指を意識しながら9歩前進し、9歩後進するだけの簡単な動きです。

龍の歩きを行うと、血液が脳に行き渡りやすくなります。同時に、手足や足先をしっかり使うので、全身の気の巡りがよくなり、十分な気が脳に送られます。その両方の作用で、脳の若返りを促します。

→「龍の歩き」気功は、物忘れやちょっとした脳の老化には高い改善効果が期待できる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 脳を活性化, 認知症対策

執筆者:

関連記事

「たっぷり水分補給を行う」だけで認知症が改善していく

「脳の萎縮説」は間違い 国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁先生は、長年医師の立場から、介護の世界を見てきました。一般に認知症は、脳に病変や萎縮が見られる「脳の病気」だといわれています。しかし、かれこ …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …

認知症も、早期発見、早期治療が大事

デイケアで目覚しい回復例が続出している 2013年4月から、筑波大学において、MCIの人たちを対象に認知カを上げるデイケアを始めました。 そこでは、認知カトレーニング、運動療法、芸術療法など、さまざま …

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

病気にかからない人は長生きする 高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか? かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った …

指揮者に学ぶ脳の活性化方法

なぜ、指揮者は生涯現役なのか いわゆるクリエイターといわれる人々は、認知症になりにくいといわれます。 作家や画家、彫刻家、作曲家、演奏家など、職業柄、脳のアウトプットをよく行っている人は、高齢になって …