最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

脳の若返りや物忘れ防止に!脳のさまざまな機能を鍛える「知恵の輪ドリル」

投稿日:

集中力や想起力の鍛錬に役立つ

東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、大学で「漢字の視覚化」をテーマに学び、漢字の形が生み出す魅力を知りました。現在、馬場先生はそうした漢字の魅力を多くの人に知ってほしいと考え、遊び心を重視したパズルのデザインや講演活動を精力的に行っています。

そんな馬場先生が考案したのがこの特集で紹介する「知恵の輪ドリル(正式名は『漢字の宝島』)」です。このドリルは、楽しみながら脳を活性化して、物忘れなど加齢とともに衰えやすい脳のさまざまな機能を鍛えるのに大いに役立ちます。

知恵の輪ドリルは、漢字やひらがななどの文字が知恵の輪のように迷路状につながった図形の中から文字を見つけ出し、それらを組み合わせることで熟語などの特定の言葉を作るパズルです。

知恵の輪ドリルを習慣的に行えば、隠れた文字を探すさいに必要な集中力や、見つけた数々の文字を頭の中で整理する情報処理力が鍛えられるでしょう。また、文字を組み合わせて言葉を作る作業では、記憶の中から多くの情報をたぐる必要があります。こうしたことは記憶力や想起力の強化につながるはずです。

使った文字は鉛筆などで塗りつぶしていこう

知恵の輪ドリルの問題には、それぞれのテーマに沿った言葉が隠されています。まずは、迷路状につながった文字の集まりから、知恵の輪をほぐすように文字を一つ一つ拾い出していきます。そうして見つけた文字を試行錯誤しながら組み合わせれば、隠れたすべての言葉が見つけられるはずです。

なお、問題には余分な文字や線は含まれていません。また、一つの文字をニ度以上使うこともありません。解答欄の文字数やヒントも参考にしながら、含まれるすべての文字を一回ずつ使って正解を導き出しましょう。ちなみに、使用した文字を鉛筆などで随時塗りつぶしていくと、残りの文字を探し出しやすくなります。

馬場先生が、新聞や雑誌で連載していたパズルコーナーで知恵の輪ドリルを紹介したさいには、多くの読者の好評を博しました。脳の若返りに、物忘れ防止に、知恵の輪ドリルをぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

創造力やひらめきカの養われる「だまし絵脳トレ」

見るだけで不思議な感覚や驚きを体験 いくつになっても脳の若々しさを保ちつづけたいと願う多くの人の間で、いわゆる「脳トレ」が人気です。脳トレとは、さまざまな方法で脳を刺激し、脳の活性化を図るトレーニング …

想起力が衰えると物忘れが多くなる

約束のど忘れは想起力の衰えが原因 「知っているはずの人名や地名、物の名前がなかなか思い出せない」「的確な言葉が出ずに会話がつまってしまう」「約束の時間をうっかり忘れる」「買い物に出かけたのにお店に着い …

空間認識を担う頭頂葉を鍛えればうっかりミスが減る

頭頂葉は物の位置や方角の把握を担う 「ショッピングモールや駐車場で迷う」「パジャマのボタンを掛け間違える」「自動販売機にお金を入れるのに手間取る」「観光地に行っても目的地になかなかたどり着けない」「す …

早とちり物忘れが気になる人は「三次元絵探し」を試してみよう

視界の中にあるのに認識できない みなさんに一つ、なぞなぞを出しましょう。 「同じ物を見ているのに、人によって違って見える物はなに?」 これも脳トレだと思って少し考えてみてください。ヒントは、おそらく女 …

図形を使ったパズル問題が右脳強化に効果的!

現代人は脳の使い方に問題がある 追手門学院大学客員教授の児玉光雄先生は、つねづね現代人は脳の使い方に問題があるのではないかと思っています。それは、「左脳」と「右脳」の使い方が偏っているという意味です。 …