最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

シークワーズを解くことで脳の機能を鍛える効果が期待できる

投稿日:

脳のさまざまな機能を活用する人気のパズル

ここ数年、脳を若々しく保つ手段として、楽しく行えるパズルを活用した「脳トレ」が評判になっています。そうしたパズルの中で最近人気を集めているものの一つに、ヒントを頼りに文字が散りばめられた盤面から隠れた言葉を探すパズルがあります。

こうしたパズルは一般には「シークワーズ」という名称で呼ばれているようです。シークは英語で「探す」という意味。ワーズは「言葉」を表す英単語のワードの複数形です。

シークワーズの問題を解くには、脳のさまざまな機能を活用しなければいけません。

例えば、問題を解こうとする集中力。隠された言葉をすべて見つけるには試行錯誤をくり返すことになりますが、そのためには意識を集中させて問題に取り組む必要があります。

また、問題を解くには、ヒントとなる言葉を認識し、散りばめられた文字と比較しながら思考・判断する作業が伴います。さらには、散りばめられた文字を頭の中で整理する情報処理力も欠かせません。

つまり、裏を返せば、シークワーズを解くことでこれらの脳の機能を鍛える効果が期待できるというわけです。

集中力・認識力・思考力・判断力・情報処理力は加齢とともに衰えがちです。シークワーズの問題はパズル雑誌やインターネット上などで紹介されていることが多いので試してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

脳トレプログラム「全脳パワードリル」で集中力が高まるなどの効果が

脳の認知機能を示す評価点が大幅向上 理学療法士・認知症ケア専門士の川畑智先生が開発した脳トレプログラム「全脳パワードリル」は、海馬・頭頂葉・側頭葉・後頭葉・前頭前野・前頭葉の6つの部位ごとに楽しく鍛え …

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

漢字は奥が深く魅力的な文字 東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

「ぬり絵」には、ストレス解消効果や脳の活性効果がある

ストレスで脳が疲弊し集中力や記憶力が低下 地域での人づきあいや老後の生活への不安、家族内の問題など、現代社会はストレスにあふれています。ストレスをうまく解消できないと、疲れやすくなったり、怒りっぽくな …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …