最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

物忘れを引き起こす想起力の衰えには「記憶の扉クイズ」が効果的

投稿日:

多くの人が知っている知識を問うクイズ

物忘れを引き起こす想起力の衰えを防いだり、強化したりするにはどうすればいいのでしょうか。一般に、脳の衰えは、年を取るごとに脳の神経細胞が死滅するのが原因だと考えられています。

しかし、近年の研究で、脳の神経柵胞が減少しても神経細胞どうしの連結は何歳になっても鍛え方しだいで強化できることがわかってきました。

そのため、記憶を思い出す訓練を行えば、しだいに神経細胞どうしの連結が強化されて想起力を鍛えることができるのです。

そこで、想起力を鍛えるのにみなさんにおすすめしたいのが、「記憶の扉クイズ」です。

記憶の扉クイズは、問題の説明文や写真といったヒントを手がかりに、多くの人が知っているはずの知識や、忘れがちな人名・熟語・出来事などを問うクイズです。ヒントをもとに楽しく思い出す訓練ができるため、脳が活性化して想起力が大いに鍛えられるのです。

ヒントからイメージを連想するといい

記憶の扉クイズは、テーマ別に五種に分かれています。

●私は誰でしょう編

●四文字熟語編

●ことわざ編

●1970~80年代の出来事編

●2016年の出来事編

なかなか答えが思い出せないときは、説明文や写真から、まずはそれに関連する言葉やイメージを思い浮かべてみるといいでしょう。脳に貯蔵された記憶は、そうした手がかりをもとに連想すると、イモづる式によみがえってくることがあります。

また、中には思い出すのが難しい問題や、もともと答えを知らない問題もあるかもしれません。その場合は、すぐに解答を見るのではなく、事典や辞書などを使って自分で答えを調べてみるようにしてください。調べて覚えた記憶は、思い出しやすい記憶として脳に定着するからです。

記憶の扉クイズは、脳が活発に働く午前中に行うことをおすすめします。1日に5問くらいは解くようにして、ふだんから思い出す訓練を習慣づけることが大切です。

→想起力が衰えると物忘れが多くなる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

音読の効果を活用した脳トレ「パワー音読」で脳を活性化

  言葉の獲得によって人間の脳は発達した 私たち人間が、進化の過程でチンパンジーなどの類人猿から分かれて、脳の発達を遂げることができたのはなぜでしょうか。その最大の理由は、言語を獲得したこと …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

図形を使ったパズル問題が右脳強化に効果的!

現代人は脳の使い方に問題がある 追手門学院大学客員教授の児玉光雄先生は、つねづね現代人は脳の使い方に問題があるのではないかと思っています。それは、「左脳」と「右脳」の使い方が偏っているという意味です。 …

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …