最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

想起力が衰えると物忘れが多くなる

投稿日:9月 29, 2017 更新日:

約束のど忘れは想起力の衰えが原因

「知っているはずの人名や地名、物の名前がなかなか思い出せない」「的確な言葉が出ずに会話がつまってしまう」「約束の時間をうっかり忘れる」「買い物に出かけたのにお店に着いたら何を買おうとしたのかを思い出せない」-。中高年になると、このような記憶力の衰えに悩む人も多いのではないでしょうか。

ひと口に記憶力といっても、厳密には、脳に入った情報を覚える「記銘力」、覚えた情報を保つ「保持力」、必要に応じて記憶の貯蔵庫から情報を引き出す「想起力」の三種に分類されます。冒頭で述べたような症状は、このうち想起力の衰えが原因です。

想起力が衰えると「アレ、ソレ」が増えてくる

そもそも私たちが物事を記憶するときは、まず、目や耳から入った情報を「覚えておく記憶」と「忘れてもいい記憶」に判別します。この役割を担っているのが、脳の側頭葉の奥にある海馬という器官です。

覚えておく記憶として判別された情報は、長く覚えておく「長期記憶」と一時的に覚えておく「短期記憶」とに分類され、側頭葉をはじめ脳の大脳皮質のさまざまな部分に記憶として蓄えられます。

とはいえ、多くの記憶を脳に貯蔵しても、想起力が衰えるとそれを必要なときにスムーズに思い出せなくなってしまいます。そうなると、記憶を生活に活用することができず、知っているはずの知識がうまく思い出せなくなります。すると、会話の中に「アレ、ソレ」という言葉が増えてくるのです。

なお、想起力は海馬ではなく、主に大脳の前頭葉にある背外側部という部位が担っています。

→物忘れを引き起こす想起力の衰えには「記憶の扉クイズ」が効果的

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …

脳を活性化させる図形を用いたパズル「影絵パズル」

脳のそれぞれの領域を幅広く活性化させるのに有効 判断力や集中力を司る前頭前野、目で見た情報を処理する視覚野がある後頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、そして、記憶 …

シークワーズを解くことで脳の機能を鍛える効果が期待できる

脳のさまざまな機能を活用する人気のパズル ここ数年、脳を若々しく保つ手段として、楽しく行えるパズルを活用した「脳トレ」が評判になっています。そうしたパズルの中で最近人気を集めているものの一つに、ヒント …

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …