最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

想起力が衰えると物忘れが多くなる

投稿日:9月 29, 2017 更新日:

約束のど忘れは想起力の衰えが原因

「知っているはずの人名や地名、物の名前がなかなか思い出せない」「的確な言葉が出ずに会話がつまってしまう」「約束の時間をうっかり忘れる」「買い物に出かけたのにお店に着いたら何を買おうとしたのかを思い出せない」-。中高年になると、このような記憶力の衰えに悩む人も多いのではないでしょうか。

ひと口に記憶力といっても、厳密には、脳に入った情報を覚える「記銘力」、覚えた情報を保つ「保持力」、必要に応じて記憶の貯蔵庫から情報を引き出す「想起力」の三種に分類されます。冒頭で述べたような症状は、このうち想起力の衰えが原因です。

想起力が衰えると「アレ、ソレ」が増えてくる

そもそも私たちが物事を記憶するときは、まず、目や耳から入った情報を「覚えておく記憶」と「忘れてもいい記憶」に判別します。この役割を担っているのが、脳の側頭葉の奥にある海馬という器官です。

覚えておく記憶として判別された情報は、長く覚えておく「長期記憶」と一時的に覚えておく「短期記憶」とに分類され、側頭葉をはじめ脳の大脳皮質のさまざまな部分に記憶として蓄えられます。

とはいえ、多くの記憶を脳に貯蔵しても、想起力が衰えるとそれを必要なときにスムーズに思い出せなくなってしまいます。そうなると、記憶を生活に活用することができず、知っているはずの知識がうまく思い出せなくなります。すると、会話の中に「アレ、ソレ」という言葉が増えてくるのです。

なお、想起力は海馬ではなく、主に大脳の前頭葉にある背外側部という部位が担っています。

→物忘れを引き起こす想起力の衰えには「記憶の扉クイズ」が効果的

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

漢字は奥が深く魅力的な文字 東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ …

集中力や注意力、判断力、向上、物忘れ防止にも大いに役立つ「影絵パズル」

思考だけでなく目も手も大いに使う 影絵パズルを行うときは、まず、問題の影絵を見て、その部分にどのピースが当てはまるかを考えます。そして、ピースの形を記憶し、当てはまらなければ、別のピースに入れ替えるな …

早口言葉が脳を効率よく刺激するトレーニングになる

口の各部位をよく動かしながら発声する 脳の活性化に効果的なパワー音読ドリルの中で紹介するのが、発音しにくい語呂を素早く話す早口言葉です。 早口言葉は、平安時代から「早歌」「口ずさみ」「舌もじり」などと …

品物を暗記する脳トレで海馬を刺激し物忘れを防止できる

神経細胞同士のつながりが強まる 「家のカギや携帯電話をよくなくす」「外出先でカギを閉めたか心配になる」「昨日の夕食の献立が思い出せない」「立ち上がったとたん、することを忘れてしまった」という経験に心当 …