最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

物忘れが多くなってきた人にお勧めの「クリルオイル」

投稿日:9月 22, 2017 更新日:

老化で記憶の引き出しが開けにくくなって物忘れがひどくなる

「あれ? あの人の名前は何だったっけ」「あれはどこ? あれだよ、あれ」

年を取ると、こんな「あれ」が増えてくるものです。

こうした”あれあれ症候群”。中には認知症の兆候と思われるものもありますが、大半は単なる物忘れやど忘れ、いわば老化に伴う知力の自然な低下であることが多いようです。

私たちが何かをしようとするとき、脳はその作業に関する情報(記憶)の引き出しをいくつも用意しています。そして、必要に応じてその記憶の引き出しを開けることで、作業をスムーズかつ確実に進めることができるのです。

世界的に注目を集めている

例えば、カレーを作る場合でも、材料から、その分量、調理の手順、経験で培われたコツや秘伝。これらのすべてが記憶の引き出しに収められており、その一つ一つの引き出しを開けながら作業を進めることで、いつものカレーが完成するわけです。

ところが、経年疲労(老化)によって、これらの引き出しが開けにくくなると、一つ一つの記憶がスッスッと出なくなってきます。これが物忘れやど忘れとして現れるわけです。

こうした知力、記憶力の低下が気になりだした人にお勧めしたいのが、新しい健脳食品として世界的に注目を集めている「クリルオイル」です。

吸収率の高きで魚油を上回るパワーを発揮

海釣りをされる人なら、「オキアミ」というプランクトンの一種をご存じでしょう。

クリルオイルとは、この仲間のうち、南氷洋に生息する南極オキアミから抽出した脂質成分です。

クリルオイルにはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)など、オメガ3脂肪酸と呼ばれる健康に有用な成分が含まれています。

DHAやEPAというと、イワシなどの青魚の魚油を思い出される方もいるでしょう。そのとおり、どちらも同じオメガ3ですが、ただ、両者には明らかな違いもあります。

それは、魚油タイプのオメガ3が中性脂肪と結びついたトリグリセリド結合型であるのに対し、クリルオイルはリン脂質と結びついたリン脂質結合型のオメガ3が多い点です。

リン脂質には親水性(水に溶けやすい性質)があるため、親油性である魚油タイプに比べて体内での吸収率が格段によくなります。

つまり、クリルオイルには、魚油で明らかにされたオメガ3の健康効果をそっくり踏襲しながら、吸収率の速さによって、それを上回るパワーを発揮することが期待できるわけです。

→「クリルオイル」には脳を元気にして知力を上げる効果がある

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

記憶力を高める物質が確認された「脳を活性化するハーブ」

認知症は身近な病気になった 2015年1月、厚生労働省は認知症の人が10年後の2025年には700万人に達するとの推計値を発表しました。これは、65歳以上の5人に1人が認知症になる、ということを示しま …

物忘れの防止に役立つ「アマニ油」でドロドロ血液も解消

世界中で注目を集めるα-リノレン酸 前の記事では、食事でとりすぎているリノール酸が、動脈硬化を進行させる一因であることを説明しました。 そうした過剰なリノール酸の害を打ち消す切り札が、α-リノレン酸で …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …