最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 認知症対策

物忘れや認知症を撃退する頭を使う習慣

投稿日:

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切です。前向きに物忘れや認知症を予防してください。

「書く、読む、話す」で脳の余力を増やす

言うまでもなく、文章を書く、本を読むなどの知的な活動を継続していると、脳内の神経細胞が活発に使われます。

その結果、神経細胞の全体量が増え、脳に余力が出てきて、物忘れや認知症の予防に役立つのです。

季節の手紙、日記、投稿など小まめに文章を書く習慣を持って、脳を刺激しましょう。

テレビを見たり、新聞や雑誌、本などを読んで脳に情報を届けることも有効です。

さらに、そうした情報を他者に伝えるという「社会性のある行動」を取ると、脳の神経細胞が活発に使われて物忘れや認知症が予防されます。

指先と頭を使うゲームや趣味を楽しむ

パズル、囲碁、将棋、麻雀、トランプ、チェスなど、指先と頭を同時に使うゲーム性のあるものは、脳へのよい刺激になるといわれています。

アメリカのニューヨークで行われた調査でも、盤を使って勝敗を出撃っ対戦型のボードゲームをしている人に、そうしたゲームをほとんど行わない人に比べて、認知症の発症率が4分の1だったという結果が出ました。

対戦こそしませんが、ピアノの演奏、絵画や陶芸、ケーキ作りなどの趣味、パソコンの操作なども、頭と手を動かすので、脳の機能を活性化させて物忘れや認知症の予防効果が期待でぎます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物事がテキパキできないのは前頭葉の衰え?「7連ジャンケン」で脳を活性化!

意欲・思考や動作をつかさどる前頭葉 レジでの会計時に小銭をうまく選んで素早く支払うことができなかったり、意欲がわかずに何事にも「めんどうくさい」がログセになっていたりする人は脳の前頭葉という部位の衰え …

脳の言語理解の中枢「側頭葉」を鍛えるには漢字を書くのがいい

漢字を書くことが少なくなった パソコンや携帯電話の急速な広まりには目を見張るものがあります。ここ数年では、パソコンの機能を備えたスマートフォンも登場し、大量の情報を簡単にやり取りできるようになりました …

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

脳括スクワットとウオーキングで物忘れ防止と認知症対策

足上げテストでMCIはチェックできる 自分の物忘れがMCI(軽度認知障害)なのではないかと心配になった人もいるでしょう。実は、MCIかどうかを、簡単に見分ける方法があります。ぜひ試してみてください。 …