最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 認知症対策

物忘れや認知症を撃退する頭を使う習慣

投稿日:

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切です。前向きに物忘れや認知症を予防してください。

「書く、読む、話す」で脳の余力を増やす

言うまでもなく、文章を書く、本を読むなどの知的な活動を継続していると、脳内の神経細胞が活発に使われます。

その結果、神経細胞の全体量が増え、脳に余力が出てきて、物忘れや認知症の予防に役立つのです。

季節の手紙、日記、投稿など小まめに文章を書く習慣を持って、脳を刺激しましょう。

テレビを見たり、新聞や雑誌、本などを読んで脳に情報を届けることも有効です。

さらに、そうした情報を他者に伝えるという「社会性のある行動」を取ると、脳の神経細胞が活発に使われて物忘れや認知症が予防されます。

指先と頭を使うゲームや趣味を楽しむ

パズル、囲碁、将棋、麻雀、トランプ、チェスなど、指先と頭を同時に使うゲーム性のあるものは、脳へのよい刺激になるといわれています。

アメリカのニューヨークで行われた調査でも、盤を使って勝敗を出撃っ対戦型のボードゲームをしている人に、そうしたゲームをほとんど行わない人に比べて、認知症の発症率が4分の1だったという結果が出ました。

対戦こそしませんが、ピアノの演奏、絵画や陶芸、ケーキ作りなどの趣味、パソコンの操作なども、頭と手を動かすので、脳の機能を活性化させて物忘れや認知症の予防効果が期待でぎます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

「頸椎2番体操」で頭部の血行が良くなり、認知症やうつが改善

頭皮が硬いままだと不眠になる傾向が ご自分の頭皮を指先で軽く触ってみてください。適度な弾力がありますか? 60歳前なら、頭皮がカチカチに固まって頭蓋骨に張り付いている人が多いかもしれません。もしくは、 …

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

物忘れ防止にとって大事な日常生活での9つの事

脳トレより大切な日常生活の送り方 この記事では、年を重ねても脳を成長させ、物忘れを減らして認知症(ボケ)を防ぐことができる脳科学の粋を集めて得られた秘訣を紹介しましょう。 というと、多くの人は脳トレに …

日常生活では気づきにくい認知力の低下を早期発見する「認知カチェックキット」

認知力の低下に早く気づける 中高年世代にとって、記憶力や判断力といった認知力の低下に対する不安は、とても大きなものでしょう。一度でもそうした不安を抱くと、疑心暗鬼になって、ちょっとした物忘れの一つひと …