最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 認知症対策

物忘れや認知症を撃退する頭を使う習慣

投稿日:

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切です。前向きに物忘れや認知症を予防してください。

「書く、読む、話す」で脳の余力を増やす

言うまでもなく、文章を書く、本を読むなどの知的な活動を継続していると、脳内の神経細胞が活発に使われます。

その結果、神経細胞の全体量が増え、脳に余力が出てきて、物忘れや認知症の予防に役立つのです。

季節の手紙、日記、投稿など小まめに文章を書く習慣を持って、脳を刺激しましょう。

テレビを見たり、新聞や雑誌、本などを読んで脳に情報を届けることも有効です。

さらに、そうした情報を他者に伝えるという「社会性のある行動」を取ると、脳の神経細胞が活発に使われて物忘れや認知症が予防されます。

指先と頭を使うゲームや趣味を楽しむ

パズル、囲碁、将棋、麻雀、トランプ、チェスなど、指先と頭を同時に使うゲーム性のあるものは、脳へのよい刺激になるといわれています。

アメリカのニューヨークで行われた調査でも、盤を使って勝敗を出撃っ対戦型のボードゲームをしている人に、そうしたゲームをほとんど行わない人に比べて、認知症の発症率が4分の1だったという結果が出ました。

対戦こそしませんが、ピアノの演奏、絵画や陶芸、ケーキ作りなどの趣味、パソコンの操作なども、頭と手を動かすので、脳の機能を活性化させて物忘れや認知症の予防効果が期待でぎます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 認知症対策

執筆者:

関連記事

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

「脳を活性化するハーブ」で簡単な引き算もできなかったアルツハイマー病が改善した

自立した生活が困難になっていった 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、 …

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

絵の素人でも手軽に始められる 「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。 かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

低分子レシチンで会話もおぼつかなくなった高齢ウツが旅行できるまでに回復

家でゴロゴロ・ダラダラしていた 東京都に住む榎本良行さん(仮名・71歳)は、70歳になるまで鉄工所で働いてきました。仕事で定年はなかったものの、疲れがひどくなり、昨年の6月未に退職したのです。 榎本さ …