最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 認知症対策

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

投稿日:

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切です。前向きに物忘れや認知症を予防してください。

有酸素運動を週3日程度行うとよい

運動をすると、全身の血液循環が活発になり、脳の血流が増え、脳の機能が活性化します。

有酸素運動が脳内の神経細胞を刺激して、神経細胞の変化が現れる海馬の領域で、新しい細胞を作り出す助けになることもわかっています。

朝の散歩やウオーキングも、りっぱな有酸素運動です。息がはずむ程度の速さで行うことが、物忘れや認知症の予防に役立ちます。毎日、長時間を歩かなくても、週に3日、30分歩く程度でも効果が期待できます。

ヨガ、太極拳、フラダンス、社交ダンスなども有酸素運動なので、これらの趣味を続けている人も認知症になりにくいでしょう。

筋肉をよく使うことを習慣にする

脳以外で、神経細胞が多いのが筋肉と腸管です。

そのため、運動で筋肉を鍛えると神経細胞が増えて、通常の脳の神経細胞の脱落がフォローされます。筋肉をつけることは、肥満予防だけでなく、物忘れや認知症の予防にもなるわけです。

スポーツジムで筋力トレーニングをすればいのですが、それが難しい人はラジオ体操を習慣にするのでもいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

「頸椎2番体操」で頭部の血行が良くなり、認知症やうつが改善

頭皮が硬いままだと不眠になる傾向が ご自分の頭皮を指先で軽く触ってみてください。適度な弾力がありますか? 60歳前なら、頭皮がカチカチに固まって頭蓋骨に張り付いている人が多いかもしれません。もしくは、 …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …

「脳を活性化するハーブ」で簡単な引き算もできなかったアルツハイマー病が改善した

自立した生活が困難になっていった 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、 …