最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作 認知症対策

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

投稿日:

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切です。前向きに物忘れや認知症を予防してください。

有酸素運動を週3日程度行うとよい

運動をすると、全身の血液循環が活発になり、脳の血流が増え、脳の機能が活性化します。

有酸素運動が脳内の神経細胞を刺激して、神経細胞の変化が現れる海馬の領域で、新しい細胞を作り出す助けになることもわかっています。

朝の散歩やウオーキングも、りっぱな有酸素運動です。息がはずむ程度の速さで行うことが、物忘れや認知症の予防に役立ちます。毎日、長時間を歩かなくても、週に3日、30分歩く程度でも効果が期待できます。

ヨガ、太極拳、フラダンス、社交ダンスなども有酸素運動なので、これらの趣味を続けている人も認知症になりにくいでしょう。

筋肉をよく使うことを習慣にする

脳以外で、神経細胞が多いのが筋肉と腸管です。

そのため、運動で筋肉を鍛えると神経細胞が増えて、通常の脳の神経細胞の脱落がフォローされます。筋肉をつけることは、肥満予防だけでなく、物忘れや認知症の予防にもなるわけです。

スポーツジムで筋力トレーニングをすればいのですが、それが難しい人はラジオ体操を習慣にするのでもいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れ防止に役立つ「禅歩き」の効果的な歩き方

呼吸に意識を集中する 禅歩きというと、難しい歩き方だと思う人もいるでしょうが、実は非常に簡単です。というのも、意識するのは呼吸だけ。歩くとき、三歩かけて息を吐き、一歩で息を吸います。これを意識して歩け …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …

物忘れを撃退する神経伝達物質セロトニンを増やす「禅歩き」

リズムよく体を動かす「禅歩き」 脳疲れ、ひいては物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切になります。 では、セロトニンを増やすためには、いったいどうすれば …

「龍の歩き」気功は、物忘れやちょっとした脳の老化には高い改善効果が期待できる

若年性認知症で絶望しかけていた 龍の歩き気功は、認知症の改善を促すのにも役立ちます。 先日、重度の若年性認知症を患ったYさん(49歳・男性)が、お姉さんに付き添われて気功療法研究所に訪れました。 初め …