最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ 脳を活性化

「ぬり絵」には、ストレス解消効果や脳の活性効果がある

投稿日:9月 4, 2017 更新日:

ストレスで脳が疲弊し集中力や記憶力が低下

地域での人づきあいや老後の生活への不安、家族内の問題など、現代社会はストレスにあふれています。ストレスをうまく解消できないと、疲れやすくなったり、怒りっぽくなったり、ときには頭痛やウツといった病気さえ招きます。そして、このストレスから心身を守っているのが、脳なのです。

脳は、体が正常に働くようにさまざまなホルモンの分泌をコントロールし、ストレスから心身を守っています。しかし、ストレスが蓄積しつづけると、脳が疲弊してホルモンの分泌が乱れ、集中力や記憶力が衰えたり、先に述べたような心身の不調が現れるのです。

そうした中、最近、大きな注目を集めているのが「大人のぬり絵」です。ぬり絵には、ストレス解消効果や脳の活性効果があることで話題を呼び、愛好者が続々と増えているのです。

前頭葉・後頭葉・側頭葉・頭頂葉が全て働く

そもそも、人間の脳は大きく分けると前頭葉・後頭葉・側頭葉・頭頂葉の4つの部位があります。例えば、前頭葉は計画を立てるときの創造力や行動をコントロールする部位です。それに対して、記憶や感覚器官から入ってくる情報を処理するのが後頭葉・側頭葉・頭頂葉です。

また、脳は右脳と左脳に分けることもできます。右脳は、直感・イメージ・ひらめきなど感覚的な働きを担っています。一方、左脳は言語・計算・分析などの論理的な働きを担っています。なお、右脳は左半身、左脳は右半身の知覚や運動のコントロールを行っています。

ぬり絵に色を塗るときには、まず後頭葉で原画と下絵を分析し、次に、前頭葉で色を塗る具体的な計画を立てます。全体的な絵のイメージをもとにして色を選んだり、色を重ねるとどんな色になるかを想像するのは側頭葉や頭頂葉の働きです。色を塗るときの手は前頭葉がコントロールします。

さらに、完成図をイメージして、実際に色を塗っていく作業は、右脳と左脳を一挙に刺激します。

筆を使っているのが右手の場合は、左脳の運動野が活性化し、同時に、下絵を押さえたり、紙の角度を調節したりするために、右脳の運動野も活発に働くのです。

このように、ぬり絵を仕上げる過程では、脳全体が協調しながら活発に働いているのです。

→ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

記憶の中継地点「海馬」を一人でトレーニングできる「辞書脳トレ」

頭を使わないと短期記憶が衰える 中高年を過ぎると、会話中に言葉が思い出せなくなり、「アレ」「ソレ」といったあいまいないい方をすることが増えてきます。また、文章を書いていて適切な単語が思い浮かばず、四苦 …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

空間認識を担う頭頂葉を鍛えればうっかりミスが減る

頭頂葉は物の位置や方角の把握を担う 「ショッピングモールや駐車場で迷う」「パジャマのボタンを掛け間違える」「自動販売機にお金を入れるのに手間取る」「観光地に行っても目的地になかなかたどり着けない」「す …

物忘れや記憶力の低下を防ぐクルミやアーモンド

クルミの産地の長野県は長寿県 中高年になると、誰でも物忘れや記憶力の低下が気になるものです。 こうした脳の働きの衰えを予防する食品として、慶應義塾大学医学部教授の井上浩義先生は、ナッツをお勧めしていま …

早口言葉が脳を効率よく刺激するトレーニングになる

口の各部位をよく動かしながら発声する 脳の活性化に効果的なパワー音読ドリルの中で紹介するのが、発音しにくい語呂を素早く話す早口言葉です。 早口言葉は、平安時代から「早歌」「口ずさみ」「舌もじり」などと …