最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作

物忘れを撃退する神経伝達物質セロトニンを増やす「禅歩き」

投稿日:

リズムよく体を動かす「禅歩き」

脳疲れ、ひいては物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切になります。

では、セロトニンを増やすためには、いったいどうすればいいでしょうか。その方法は、三種に大別できます。

まず、一つは太陽の光を浴びること。太陽の光は、目の網膜を通して、セロトニン神経を活性化させます。

次に、リズムよく体を動かすこと。例えば、ウオーキング、よくかむこと、呼吸などをリズミカルに行うことで、セロトニンを増やすことができます。

最後は、人と人が近い距離で触れ合うグルーミングを行うこと。ごく近い距離で、信頼できる家族や友達とおしゃべりしたり、ペットと触れ合ったりすることで、セロトニンを増やすことができます。

こうした三種あるセロトニンの増やし方のうち、みなさんに実行していただきたいのが、東邦大学名誉教授の有田秀穂先生が開発した、リズムよく体を動かす「禅歩き」です。

お坊さんの呼吸法をヒントにして生まれた

そもそも有田先生は、これまでに約20人の禅僧、いわゆる仏教のお坊さんに協力してもらい、セロトニンの放出量についての研究をしました。そして、お坊さんの座禅をしているときにセロトニンが著しく増えることを突き止めました。

一般的に座禅を運動ととらえる人はいません。しかし、お坊さんは座禅をするときに、腹筋を使って呼吸(正確には丹田呼吸という)しています。そのとき、雑念を捨てているため、一定のリズムで呼吸が自然とできているわけです。

こうしたお坊さんの呼吸法をヒントにして生まれたのが、禅歩きです。もちろん、お坊さんの座禅時の呼吸法を私たちが完全に取り入れて歩くことではありません。お坊さんのようにリズムよく呼吸をして歩くことを禅歩きといっているだけです。

禅歩きをやればだいたい30分~2時間の間、セロトニンの放出量が大幅に増えることがわかっています。

ところで有田先生は、実際にセロトニンを増やすことを目的とした「セロトニンDojo」を開設しています。セロトニンDojoでは、一人一人にあった講座を受けてもらっているため、何も禅歩きだけをすすめているわけではありません。

しかし、禅歩きを含め、毎日欠かさずにセロトニンを増やす訓練をやれば、早い人なら2週間で脳疲れが解消して、不眠、イライラなどが改善し、しだいに物忘れも減っていきます。みなさんも、まず禅歩きを試してください。

→物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

物忘れ防止に役立つ「禅歩き」の効果的な歩き方

呼吸に意識を集中する 禅歩きというと、難しい歩き方だと思う人もいるでしょうが、実は非常に簡単です。というのも、意識するのは呼吸だけ。歩くとき、三歩かけて息を吐き、一歩で息を吸います。これを意識して歩け …

脳を活性化する筋トレで若年性アルツハイマーが劇的に改善

脳活スクワットで感覚神経がよみがえり若年性アルツハイマーがよくなった東京都 56歳 会社員 男性の方の体験談です。 運転中に逆走したり馴染みの道で迷ったり 「若年性アルツハイマーです」。 近隣の総合病 …

本山式脳活体操で使われていなかった脳細胞が目覚める

脳の機能がよみがえる 認知症やその予備軍の人は長時間運動をしても、疲れや痛みを感じません。結果、長い距離を徘徊したり、スクワットをいつまでも続けられるのです。 しかし、筋肉から脳に伝わる刺激は、体内を …

血管拡張の効果のある「片鼻呼吸法」で物忘れやボケを防止

ヨガでも行われている健康法 脳を活性化し、集中力や記憶力を向上させる、大変有効な健康法があります。それが、今回ご紹介する「片鼻呼吸法」です。 片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だlナで呼吸する方法で …

「頸椎2番体操」で頭部の血行が良くなり、認知症やうつが改善

頭皮が硬いままだと不眠になる傾向が ご自分の頭皮を指先で軽く触ってみてください。適度な弾力がありますか? 60歳前なら、頭皮がカチカチに固まって頭蓋骨に張り付いている人が多いかもしれません。もしくは、 …