最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作

物忘れを撃退する神経伝達物質セロトニンを増やす「禅歩き」

投稿日:

リズムよく体を動かす「禅歩き」

脳疲れ、ひいては物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切になります。

では、セロトニンを増やすためには、いったいどうすればいいでしょうか。その方法は、三種に大別できます。

まず、一つは太陽の光を浴びること。太陽の光は、目の網膜を通して、セロトニン神経を活性化させます。

次に、リズムよく体を動かすこと。例えば、ウオーキング、よくかむこと、呼吸などをリズミカルに行うことで、セロトニンを増やすことができます。

最後は、人と人が近い距離で触れ合うグルーミングを行うこと。ごく近い距離で、信頼できる家族や友達とおしゃべりしたり、ペットと触れ合ったりすることで、セロトニンを増やすことができます。

こうした三種あるセロトニンの増やし方のうち、みなさんに実行していただきたいのが、東邦大学名誉教授の有田秀穂先生が開発した、リズムよく体を動かす「禅歩き」です。

お坊さんの呼吸法をヒントにして生まれた

そもそも有田先生は、これまでに約20人の禅僧、いわゆる仏教のお坊さんに協力してもらい、セロトニンの放出量についての研究をしました。そして、お坊さんの座禅をしているときにセロトニンが著しく増えることを突き止めました。

一般的に座禅を運動ととらえる人はいません。しかし、お坊さんは座禅をするときに、腹筋を使って呼吸(正確には丹田呼吸という)しています。そのとき、雑念を捨てているため、一定のリズムで呼吸が自然とできているわけです。

こうしたお坊さんの呼吸法をヒントにして生まれたのが、禅歩きです。もちろん、お坊さんの座禅時の呼吸法を私たちが完全に取り入れて歩くことではありません。お坊さんのようにリズムよく呼吸をして歩くことを禅歩きといっているだけです。

禅歩きをやればだいたい30分~2時間の間、セロトニンの放出量が大幅に増えることがわかっています。

ところで有田先生は、実際にセロトニンを増やすことを目的とした「セロトニンDojo」を開設しています。セロトニンDojoでは、一人一人にあった講座を受けてもらっているため、何も禅歩きだけをすすめているわけではありません。

しかし、禅歩きを含め、毎日欠かさずにセロトニンを増やす訓練をやれば、早い人なら2週間で脳疲れが解消して、不眠、イライラなどが改善し、しだいに物忘れも減っていきます。みなさんも、まず禅歩きを試してください。

→物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

カレーのウコンにアルツハイマー病の予防効果が期待できる

ウコンの色素成分が神経細胞を保護する カレーは今や日本人の国民食です。農林水産省の統計によれば、一人当たり年に約78回、つまり週に約1.5回 はカレーを食べていることになります。 カレーには少なくとも …

物事がテキパキできないのは前頭葉の衰え?「7連ジャンケン」で脳を活性化!

意欲・思考や動作をつかさどる前頭葉 レジでの会計時に小銭をうまく選んで素早く支払うことができなかったり、意欲がわかずに何事にも「めんどうくさい」がログセになっていたりする人は脳の前頭葉という部位の衰え …

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある 脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。 確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねま …

物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切

ストレスで脳の神経伝達物質が乱れる 過剰なストレスがかかると、脳疲れが起こり、物忘れや不眠、イライラなど、さまざまな症状が起こります。これについて、くわしく述べていきましょう。 私たちの脳内には、神経 …

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …