最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 物忘れ防止のための運動・動作

物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切

投稿日:8月 25, 2017 更新日:

ストレスで脳の神経伝達物質が乱れる

過剰なストレスがかかると、脳疲れが起こり、物忘れや不眠、イライラなど、さまざまな症状が起こります。これについて、くわしく述べていきましょう。

私たちの脳内には、神経伝達物質というさまざまな情報を含む物質が放出され、多大な情報が伝わっていきます。神経伝達物質は、脳内の神経の先端から放出されて、次の神経細胞の受容体に結合し、情報を伝えていくのです。

この神経伝達物質は、外部の刺激、例えば怒りや恐怖、あるいは快・喜びなどの刺激で放出されるものが変わります。怒りや恐怖の刺激を感じたときには、主にノルアドレナリン神経からノルアドレナリンという神経伝達物質が、快・喜びの刺激を感じたときには、ドーパミン神経からドーパミンという神経伝達物質が放出されるのです。

通常、こうした外部の刺激を受けると、一時的にノルアドレナリンやドーパミンが脳内に大量に放出されたあと、しだいに放出量が減って、私たちは落ち着きを取り戻します。

しかし、外部の刺激が強すぎたりくり返したりした場合、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が大量に放出されたまま、放出量が減らなくなることがあります。

これがいわゆる脳疲れの状態で、脳疲れが続くと、脳内の情報伝達に異常が起こって、物忘れや不眠、イライラなどのさまざまな症状が起こりやすくなってしまうのです。

セロトニンはストレスを受け流す

実は、こうした脳疲れを防ぐのが、同じ神経伝達物質であるセロトニンです。セロトニンは、ほかの神経伝達物質とは違い、外部の刺激によって放出量が変わるものではありません。

常に一定量のセロトニンが、セロトニン神経から放出されていて、ノルアドレナリンやドーパミンの放出量を調整し、私たちの脳を平常に戻してくれるのです。

つまり、セロトニンは外部の刺激、いわゆるストレスを受け流す神経伝達物質といえます。そんなセロトニンは、親しみをこめて「リラックスホルモン」と呼ばれることもあります。

セロトニンは常に一定量が脳内に放出されていますが、その量は人によって違います。例えば、ストレスが簡単に受け流せない状況に置かれている人は、脳内のストレス中枢が興奮して脳内でのセロトニンの行ききが阻害され、結果的にセロトニンの放出量が少なくなります。

そのため、脳疲れ、ひいては物忘れや不眠、イライラなどの症状を撃退するには、セロトニンを日常生活で増やすことが大切になるのです。

→ストレスを受け流す神経伝達物質セロトニンを増やす「禅歩き」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

両手で数字を書く手の指体操は、記憶力を高めて物忘れ・ど忘れを解消する

  手を動かして脳に刺激を与えることが重要 昔から「手は第二の脳」といわれていて、手の指をよく動かす人は、年を取っても脳が若々しく、認知症とは無縁であるとされてきました。 手と脳の関係を示す …

MCI(軽度認知障害)は「本山式筋力トレーニング」で改善する

認知症でも治る可能性がある 今、予備軍も含めると、65歳以上の4人に一人が認知症に該当すると言われています。認知症になると、ご本人も家族も隠したがります。一度かかると治らないと思っているからではないで …

61歳で弁護士になれたのは「覚える内容を選ぶ」ことと勉強時間をきっちりと区切ること

時間を味方にできるのが強み 7年前に61歳で弁護士になった渋谷区・神山昌子先生は、離婚・破産などの問題を中心に、さまざまな相談や事件を担当しています。多忙な日々を送っており、現在、抱えている案件も訴訟 …

普段から手や指を動かすことは、脳を活性化する有効な手段

脳の活動を外から観察する画像装置 自治医科大学付属病院副院長の渡辺英寿先生は脳神経外科医として治療に携わる一方、医療機器の開発・研究にもカを注いできました。 その成果の一つが、1995年に開発した光ト …

「片鼻呼吸法」は物忘れ防止以外にもさまざまな健康効果が

イライラをおさえる!記憶力も向上! ところで、鼻の穴の中というのは、私たちの体の中で唯一、神経系が露出している場所で す。鼻の奥にある嗅神経は、じかに空気にふれているのです。そこで、片鼻呼吸法によって …