最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

チョコレートは物忘れ防止以外にもいろいろな効果が

投稿日:

血圧を下げ動脈硬化も予防する

愛知学院大学教授の大澤俊彦先生たちの研究では、チョコレートにBDNFを増やす以外にもさまざまな健康効果があることが確認されました。

一つ目は、高血圧の人の血圧が下がりました。カカオポリフェノールと、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという成分には、血管を広げて血流をよくする作用があるからでしょう。

二つ目は、動脈硬化の指標として用いられる、炎症や酸化ストレスを示す検査指数が下がりました。カカオポリフェノールには、動脈硬化を予防する効果があると考えられます。また、強力な抗酸化作用があることも知られていますが、この研究からも、それが裏づけられたことになります。

物忘れ防止のほか生活習慣病の予防にも有効

また、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールも増えました。

これらの研究結果から、高カカオポリフェノールチョコレートには、脳内の血流をよくし、神経細胞内の酸化ストレスを抑制する効果もある、と導き出されました。このことが物忘れ防止や認知症予防に役立つのはいうまでもありません。

もちろん、生活習慣病の予防にも、高カカオポリフェノールチョコレートは有効です。

大澤先生自身、夜の晩酌のおつまみとして高カカオポリフェノールチョコレートを食べています。食べる時間はいつでも構いません。何回かに分けて摂取してもいいでしょう。

なお、この研究で、体重と肥満の度合いを示すBMIに増加は見られませんでした。1日25g程度の高カカオポリフェノールチョコレートなら太らないということなので、その点もご安心ください。

→チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …

「脳を活性化するハーブ」で簡単な引き算もできなかったアルツハイマー病が改善した

自立した生活が困難になっていった 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、 …

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

アリセプトを2年服用したが効果がなかった 一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一 …

三度の食事と食前の低分子レシチンでひどかった物忘れがよくなった

ご主人が亡くなって物忘れがひどくなった 東京都に住む工藤良子さん(仮名・74歳)は、60代の後半に物忘れがひどくなってしまいました。娘さんによると、夕食の材料を買いに行っても果物だけしか買わなかったり …

脳の活性化にお勧めの調理油は「オリーブ油」「ゴマ油」「コメ油」

神経毒が発生しにくい3つの油 以前から健脳油として紹介しているアマニ油は、脳の健康増進に役立つものの熱に弱いため、加熱調理には適さないと述べました。では、揚げ物や妙め物などの加熱調理では、どんな油を使 …