最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

投稿日:8月 18, 2017 更新日:

 

チョコを食べる国ほどノーベル賞受賞者が多い

「スイスやデンマークなど、チョコレートをたくさん食べる国ほどノーベル賞受賞者の数が多い」

そんなユニークな調査結果が2014年に発表されました。

国別のチョコレート消費量とノーベル賞の受賞者数は比例の関係にある、というのです。これはチョコレートに含まれる抗酸化物質、カカオポリフェノールに思考力を高める効果があるからではないか、と注目を集めました。

非常に面白い考察ですが、ノーベル賞の受賞にはさまざまな要因が関係しているので、チョコレートの効果と決めつけることは難しいでしょう。

しかし、チョコレートが脳の機能を高めるのは本当です。それを科学的に検証したのが、2015年に愛知学院大学教授の大澤俊彦先生たちが、株式会社明治と共同で行った研究です。

チョコで「脳の栄養」が増える?

この研究では、45~69歳の蒲郡市民および近辺に住む人347人(男性123人、女性224人)に1カ月間、毎日、チョコレートを食べてもらいました。

研究で用いたのは、カカオの含有量が72%の「高カカオポリフェノールチョコレート」25gです。1個5gなので、それを5個ということになります。

摂取の前後に、36問の質問からなる健康調査アンケートを実施した結果、チョコレートを食べた後は、精神的にも肉体的にも活動的になることがわかりました。

その要因となるものを探ったところ、チョコレート摂取後にはBDNF(脳由来神経栄養因子)という物質が血液中に増えることがわかったのです。

血中のBDNFは、「血液脳関門」という、脳の神経細胞に有害物質が人らないよう守っているバリア機能を通過することができます。

BDNFは、脳神経の産生や成長、再生を促すとても重要なたんばく質で、「脳の栄養」ともいわれています。脳内では記憶をつかさどる海馬に高濃度で存在します。

BDNFの発生量を減らしたり、BDNFに関わる伝達を制限したりすると、記憶や学習の能力が低下することが研究で確かめられています。

65歳以上になると減っていってしまう

これらのことから、BDNFには、海馬での記憶や学習などを促す作用があると考えられています。

脳にとって重要なBDNFですが、65歳以上になると年齢を重ねるごとに減っていってしまい、物忘れなどが多くなってしまうのです。

このBDNFの減少と認知症に関連性があることも報告されています。というのも、アルツハイマー型認知症の重症度が高い患者ほど、BDNFの血中濃度が低いのです。

ちなみに、アルツハイマー型認知症は、酸化ストレスで海馬にある神経細胞が細胞死を起こすことによって起きる、と考えられています。

BDNFが減ると、海馬にある細胞への栄養補給が滞ります。その結果、認知症の進行が促されるのかもしれません。

以上のことから、BDNFを増やすことは、物忘れやアルツハイマー型認知症を予防するために、非常に重要だと考えられます。

→チョコレートは物忘れ防止以外にもいろいろな効果が

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …

認知症の治療において薬とともにフェルラ酸食品をとると改善率が上がった

レビー小体型認知症では幻視が目立つ 認知症といっても、いくつかの種類があります。よく知られているのが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でしょう。一般にはあまり知られていませんが、レビー小体型認知 …

脳の活性化にお勧めの調理油は「オリーブ油」「ゴマ油」「コメ油」

神経毒が発生しにくい3つの油 以前から健脳油として紹介しているアマニ油は、脳の健康増進に役立つものの熱に弱いため、加熱調理には適さないと述べました。では、揚げ物や妙め物などの加熱調理では、どんな油を使 …

認知症なのか単なる物忘れなのか

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは? MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。 この段階で本人や …