最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

投稿日:

アリセプトを2年服用したが効果がなかった

一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一人です。

Aさんは、平成24年8月に名古屋フォレストクリニックに来院されました。初診時は、72歳。Aさんは別の病院で、アルツハイマー型認知症と診断され、治療薬のアリセプトを2年間服用していましたが、効果がいっこうに上がらず、認知症の治療に定評がある名古屋フォレストクリニックに家族が連れてきました。

Aさんはもともと数学の教師でしたが、数学に興味がなくなり、しかも記憶があいまいになっているため、迷子になったり隣の家に入ったりすることがあったそうです。家族によると、Aさんは「記憶も気力もなく、魂がさまよっているような毎日を送っている」といいます。

初診時に、認知症の評価方法として有名な改訂長谷川式知能評価スケール(名古屋フォレストクリニックでは0.5点単位で30点滴点)を行ったところ、28点でした。

CT検査の結果でも、アルツハイマー型認知症と診断できたので、認知症治療薬のリバスタッチパッチを主に使うとともに、フェルラ酸食品を朝晩の食後にとってもらうことになりました。

ねぎらいの言葉をかけてくれた

初診時から二カ月半たった再診時のこと。家族に連れられてAさんがやってきましたが、初診時とは見違えるように、明るく、元気になっていました。

実際に、家族もその変化には驚いていて、例えば家族が帰宅して「ただいま」といったとき、Aさんが「ごくろうさま」とねぎらいの言葉をかけてくれるようになったそうです。

また、娘さんが人の文句をいっているとき、Aさんが「人の悪口をいうものではない」といったそうです。Aさんの奥さんは、信じられないくらいよくなって、すごく気がらくになったと喜んでいました。

なお、このときのAさんは記憶力が増していて、迷子になったり隣の家に入ったりすることがほとんどなくなってきたそうです。

それからも、Aさんの状態は徐々に改善していきました。

平成25年の2月の診察時。Aさんの家族によると、迷子・隣の家に入るという行為は完全になくなり、顔つきも締まりが出てきたとのこと。しかも、イキイキとした表情で、孫に数学を教えていたというのです。これには、家族全点が驚いたといいます。

Aさんは現在も、クリニックの先生が処方する薬とフェルラ酸の食品をとりつづけているためか、アルツハイマー型認知症の心配はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …

脳の活性化にお勧めの調理油は「オリーブ油」「ゴマ油」「コメ油」

神経毒が発生しにくい3つの油 以前から健脳油として紹介しているアマニ油は、脳の健康増進に役立つものの熱に弱いため、加熱調理には適さないと述べました。では、揚げ物や妙め物などの加熱調理では、どんな油を使 …

アマニ油のおかげで物忘れをする回数が減って体が軽くなった

難解なパズル問題がスラスラ解けるようになった奈良県 52歳 主婦の方の体験談です。 ドレッシング代わりに生野菜にかけた アルツハイマー型認知症になった母が82歳で亡くなるまで、私は10年以上も介護を続 …

物忘れや認知症を撃退する運動習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

低分子レシチンを補いつつ食事も見直し重度の物忘れもウツも改善

ゴールまでの時間が非常に短かった 前の記事で、低分子レシチンをとるとアセチルコリンやセロトニンなどの脳内ホルモンが増えたという実験について述べました。実は、この実験では興味深いことがもう一つわかりまし …