最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

投稿日:

アリセプトを2年服用したが効果がなかった

一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一人です。

Aさんは、平成24年8月に名古屋フォレストクリニックに来院されました。初診時は、72歳。Aさんは別の病院で、アルツハイマー型認知症と診断され、治療薬のアリセプトを2年間服用していましたが、効果がいっこうに上がらず、認知症の治療に定評がある名古屋フォレストクリニックに家族が連れてきました。

Aさんはもともと数学の教師でしたが、数学に興味がなくなり、しかも記憶があいまいになっているため、迷子になったり隣の家に入ったりすることがあったそうです。家族によると、Aさんは「記憶も気力もなく、魂がさまよっているような毎日を送っている」といいます。

初診時に、認知症の評価方法として有名な改訂長谷川式知能評価スケール(名古屋フォレストクリニックでは0.5点単位で30点滴点)を行ったところ、28点でした。

CT検査の結果でも、アルツハイマー型認知症と診断できたので、認知症治療薬のリバスタッチパッチを主に使うとともに、フェルラ酸食品を朝晩の食後にとってもらうことになりました。

ねぎらいの言葉をかけてくれた

初診時から二カ月半たった再診時のこと。家族に連れられてAさんがやってきましたが、初診時とは見違えるように、明るく、元気になっていました。

実際に、家族もその変化には驚いていて、例えば家族が帰宅して「ただいま」といったとき、Aさんが「ごくろうさま」とねぎらいの言葉をかけてくれるようになったそうです。

また、娘さんが人の文句をいっているとき、Aさんが「人の悪口をいうものではない」といったそうです。Aさんの奥さんは、信じられないくらいよくなって、すごく気がらくになったと喜んでいました。

なお、このときのAさんは記憶力が増していて、迷子になったり隣の家に入ったりすることがほとんどなくなってきたそうです。

それからも、Aさんの状態は徐々に改善していきました。

平成25年の2月の診察時。Aさんの家族によると、迷子・隣の家に入るという行為は完全になくなり、顔つきも締まりが出てきたとのこと。しかも、イキイキとした表情で、孫に数学を教えていたというのです。これには、家族全点が驚いたといいます。

Aさんは現在も、クリニックの先生が処方する薬とフェルラ酸の食品をとりつづけているためか、アルツハイマー型認知症の心配はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その2

8:疑い深くなる 性格が変わったように疑い深くなるのも、アルツハイマー病の特徴。お金を盗られるのではないかと、お財布や預金通帳を隠したり、何度も銀行へ行って預金残高を確認したりする人もいます。傷つけな …

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

問題行動が改善する「アイスクリーム療法」は認知症にも効果がある

アルツハイマー型認知症にも効いた 実は、このアイスクリーム療法が認知症にも効果があることを、佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、偶然から体験しました。 ある3世代同居の家庭では、不登校の子どものためにア …

チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

  チョコを食べる国ほどノーベル賞受賞者が多い 「スイスやデンマークなど、チョコレートをたくさん食べる国ほどノーベル賞受賞者の数が多い」 そんなユニークな調査結果が2014年に発表されました …