最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

投稿日:

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が

名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。

河野院長はもともと、アルツハイマー型認知症の治療で、アリセプトという薬を利用しています。

このアリセプトは、認知症の中核症状(記憶力や判断力の障害。認知症の本質的な症状)の改善に優れた効果があることがわかっています。

しかし、アリセプトを服用すると、怒りっぽくなったり徘徊したりと問題行動を起こす例が数多くあります。このような副作用を起こさないようにするためには、アリセプトを少なめに処方したり、処方をやめたりする必要があります。

アミロイドβの蓄積を59~73%も抑えた

そこで、アリセプトの代わりに、フェルラ酸食品を認知症の患者さんにすすめるようになりました。すると、その判断に間違いはなく、アルツハイマー型認知症の中核症状・陽性症状(徘徊・暴力・妄想・幻覚・不眠など)・陰性症状(無気力・無関心・ウツ状態など)の三大症状の改善する人が続出したのです。

また、フェルラ酸食品をとることにより、今激増中のレビー小体型認知症やピック病も改善されることがわかっています。

フェルラ酸と認知症に関する研究は、今でも盛んに行われています。実際に、今年も米科学雑誌において、埼玉医科大学総合医療センターの森隆准教授らによるすごい報告が掲載されました。なんでも、動物実験において、フェルラ酸がアミロイドβの脳内蓄積を59~73%も抑えることを突き止めたというのです。

また、河野院長の認知症治療の指針「コウノメソッド」に賛同し、認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が100人を超えています。みなさんにも、認知症の改善や予防にフェルラ酸食品を役立ててもらいたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

レシチンが手軽にたっぷりとれる一品としておすすめなのは卵がけ納豆

実は脳にとっては不十分 レシチンは、いろいろな食品に含まれています。特に多く含まれるのは、卵黄(黄身の部分)と大豆です。大豆の場合、大豆を原料にした食品であれば、納豆や豆腐、豆乳、みそ、しょうゆなどあ …

日常生活では気づきにくい認知力の低下を早期発見する「認知カチェックキット」

認知力の低下に早く気づける 中高年世代にとって、記憶力や判断力といった認知力の低下に対する不安は、とても大きなものでしょう。一度でもそうした不安を抱くと、疑心暗鬼になって、ちょっとした物忘れの一つひと …

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

絵の素人でも手軽に始められる 「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。 かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が …

脳血管が若返ってしなやかになり、高血圧や高血糖とは無縁になる「酢タマネギ療法」

血液を浄化するタマネギと酢の効用 このように、酢タマネギ療法を行えば、血液をサラサラにする特効成分を効率よく摂取でき、血液や血管の状態が速やかに改善されて、脳卒中や認知症を未然に防げるわけです。 元東 …

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …