最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

投稿日:

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が

名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。

河野院長はもともと、アルツハイマー型認知症の治療で、アリセプトという薬を利用しています。

このアリセプトは、認知症の中核症状(記憶力や判断力の障害。認知症の本質的な症状)の改善に優れた効果があることがわかっています。

しかし、アリセプトを服用すると、怒りっぽくなったり徘徊したりと問題行動を起こす例が数多くあります。このような副作用を起こさないようにするためには、アリセプトを少なめに処方したり、処方をやめたりする必要があります。

アミロイドβの蓄積を59~73%も抑えた

そこで、アリセプトの代わりに、フェルラ酸食品を認知症の患者さんにすすめるようになりました。すると、その判断に間違いはなく、アルツハイマー型認知症の中核症状・陽性症状(徘徊・暴力・妄想・幻覚・不眠など)・陰性症状(無気力・無関心・ウツ状態など)の三大症状の改善する人が続出したのです。

また、フェルラ酸食品をとることにより、今激増中のレビー小体型認知症やピック病も改善されることがわかっています。

フェルラ酸と認知症に関する研究は、今でも盛んに行われています。実際に、今年も米科学雑誌において、埼玉医科大学総合医療センターの森隆准教授らによるすごい報告が掲載されました。なんでも、動物実験において、フェルラ酸がアミロイドβの脳内蓄積を59~73%も抑えることを突き止めたというのです。

また、河野院長の認知症治療の指針「コウノメソッド」に賛同し、認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が100人を超えています。みなさんにも、認知症の改善や予防にフェルラ酸食品を役立ててもらいたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その1

1:直近の出来事を忘れる 「昨日、誰と会った」とか「どこへ行き、何をした」といった直近の出来事を覚えておらず、その事実を伝えても、本人がいっこうに思い出さない。「そんなことあったっけ?」とけげんそうに …

三度の食事と食前の低分子レシチンでひどかった物忘れがよくなった

ご主人が亡くなって物忘れがひどくなった 東京都に住む工藤良子さん(仮名・74歳)は、60代の後半に物忘れがひどくなってしまいました。娘さんによると、夕食の材料を買いに行っても果物だけしか買わなかったり …

脳の活性化にお勧めの調理油は「オリーブ油」「ゴマ油」「コメ油」

神経毒が発生しにくい3つの油 以前から健脳油として紹介しているアマニ油は、脳の健康増進に役立つものの熱に弱いため、加熱調理には適さないと述べました。では、揚げ物や妙め物などの加熱調理では、どんな油を使 …

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある 脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。 確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねま …