最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 認知症対策

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

投稿日:

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が

名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。

河野院長はもともと、アルツハイマー型認知症の治療で、アリセプトという薬を利用しています。

このアリセプトは、認知症の中核症状(記憶力や判断力の障害。認知症の本質的な症状)の改善に優れた効果があることがわかっています。

しかし、アリセプトを服用すると、怒りっぽくなったり徘徊したりと問題行動を起こす例が数多くあります。このような副作用を起こさないようにするためには、アリセプトを少なめに処方したり、処方をやめたりする必要があります。

アミロイドβの蓄積を59~73%も抑えた

そこで、アリセプトの代わりに、フェルラ酸食品を認知症の患者さんにすすめるようになりました。すると、その判断に間違いはなく、アルツハイマー型認知症の中核症状・陽性症状(徘徊・暴力・妄想・幻覚・不眠など)・陰性症状(無気力・無関心・ウツ状態など)の三大症状の改善する人が続出したのです。

また、フェルラ酸食品をとることにより、今激増中のレビー小体型認知症やピック病も改善されることがわかっています。

フェルラ酸と認知症に関する研究は、今でも盛んに行われています。実際に、今年も米科学雑誌において、埼玉医科大学総合医療センターの森隆准教授らによるすごい報告が掲載されました。なんでも、動物実験において、フェルラ酸がアミロイドβの脳内蓄積を59~73%も抑えることを突き止めたというのです。

また、河野院長の認知症治療の指針「コウノメソッド」に賛同し、認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が100人を超えています。みなさんにも、認知症の改善や予防にフェルラ酸食品を役立ててもらいたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 認知症対策

執筆者:

関連記事

オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

メモなしでスーパーの買い物ができるようになった北海道 60歳 主婦の方の体験談です。 狭心症の改善にオキアミ油をとりはじめた 睡眠中にときどき胸が苦しくなって目が覚めるようになったのは、今から10年ほ …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …

「ヤマブシタケ」のアルツハイマー病に対する有効性が実験で明らかに

神経細胞を活性化させる物質が増加 アルツハイマー病の研究が進む中、その発病と進行を抑える働きが期待できる食品として「ヤマブシタケ」が注目を集めています。 ヤマブシタケは、クヌギ・クルミ・シイなどの樹幹 …

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …

認知症なのか単なる物忘れなのか

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは? MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。 この段階で本人や …