最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

三度の食事と食前の低分子レシチンでひどかった物忘れがよくなった

投稿日:7月 21, 2017 更新日:

ご主人が亡くなって物忘れがひどくなった

東京都に住む工藤良子さん(仮名・74歳)は、60代の後半に物忘れがひどくなってしまいました。娘さんによると、夕食の材料を買いに行っても果物だけしか買わなかったり下着を買ってきたりと、目的とするものの買い忘れが増えていました。

また、話をしていても親戚の名前がすぐに思い出せず、「あの人」「この人」ということが多くなったそうです。

工藤さんはもともと物忘れが多かったそうですが、ここまでひどくなったのにはあるきっかけがあった、といいます。工藤さんが68歳のとき、ご主人が心筋梗塞で突然死したことです。それ以後、工藤さんはめっきり口数が減り、庭をボーッと見ていることが多くなった、と娘さんはいいます。

エ藤さんが娘さんに連れられて、クリニックを今年2月に来院したさい、まず毛髪診断を行い、日常の食生活について聞きました。すると、きっちりとした食事をするのは夜だけ。

朝と昼は、まんじゅうや羊羹、せんべいを食べているそうです。また、よくよく話をしてみると、確かにウツ傾向はあるものの、認知症など明らかな病変はありませんでした。

そこで、エ藤さんに発芽玄米ご飯を主食にして魚や野菜を三度の食事できっちりとり、食前に低分子レシチンをとること。そして、まんじゆうや羊羹、せんべいは口にしないように指導しました。娘さんは、そうした食生活を実行させると約束してくれました。

2カ月後、元気が出て話をよくしてくれた

そうして、2カ月後、エ藤さんは娘さんとともにクリニックにやってきました。すると、工藤さんは初診時に比べて、元気があり、話をよくしてくれました。なんでも、ご主人の突然死は非常にさびしかったとのこと。その後、娘夫婦にとてもよくしてもらい、ふだんから申し訳なく思っていた、といいます。

また、今後は娘夫婦に甘えるだけでなく、サポートできるようにがんばりたいとも話してくれたのには、少し驚きました。

それ以降も、すすめられた食事療法を工藤さんに実行してもらったところ、初診時から半年たった現在は明らかに変わっています。というのも、娘さんがいっしょに来院されても話をするのは工藤さんだけ。

買い物で買い忘れることはないし、娘さんがやっていた熱帯魚のエサやりなども工藤さんが行うようになった、といいます。また、娘さんさえスッと口にできない芸能人や政治家の名前を先にいうこともあるとか。

娘さんも、工藤さんのひどい物忘れが解消されたのはうれしいけれど、自分よりも記憶力がよくて悔しいと苦笑していたほどです。

→不眠・だるさ・イライラに悩まされるようになったが低分子レシチンで2か月で解消

→低分子レシチンで会話もおぼつかなくなった高齢ウツが旅行できるまでに回復

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

チョコレートの効果で物忘れが減少し認知症防止にも役立つ

  チョコを食べる国ほどノーベル賞受賞者が多い 「スイスやデンマークなど、チョコレートをたくさん食べる国ほどノーベル賞受賞者の数が多い」 そんなユニークな調査結果が2014年に発表されました …

1日にお茶を3杯飲めば、記憶力が向上!物忘れを防止できる

緑茶そのものが認知症に効くか 全国のお茶の40%を生産する日本一の産地であり、消費量も日本一多い静岡県では、緑茶の健康効果に関する研究が盛んに行われています。 静岡県立大学薬学部教授・神経内科医師の山 …

動脈硬化を防ぐのに役立ち、物忘れも防止する「酢タマネギ療法」

脳卒中や物忘れを招く脳血管の衰え ある健康雑誌で、耳鳴り・難聴などの予防・改善にいいと紹介された「酢タマネギ療法」が、大きな反響を集めています。 酢タマネギ療法とは、酢に漬けた薄切りのタマネギ(酢タマ …

「オキアミ油」の摂取で脳の情報処理速度がアップし記憶力や思考力が高まる

DHAやEPAが豊富なオキアミ油 これまで、「脳の神経細胞は年とともに減るいっぽうである」という考えが常識とされてきました。しかし、最近の研究では、脳の神経細胞を新たに増やすのは不可能ではないことがわ …

物忘れが多くなってきたら、脳を若々しく保つ「大豆セリン」がおすすめ

神経細胞の膜を柔軟に保つ成分 脳の活性化に役立つとわかった栄養にはさまざまなものがありますが、最近注目を集めているのが脳の神経細胞の若返り効果が期待できる「ホスファチジルセリン」です。 ホスファチジル …